注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

男のすね毛の全剃りはアリ?女性の意見とお手入れ方法を紹介

自分のすね毛が濃いことがお悩みの男性もいますよね。すね毛を全剃りしようか悩んでいる人も、いるのではないでしょうか。

でも、ここで気になるのが周囲の視線です。特に女性からどのように見えるのか、知りたいという意見がたくさん聞こえてきそうです。
では、実際の女性たちはどのような意見を持っているのでしょうか。

ここでは男性のすね毛に対する女性の意見と、すね毛をお手入れする方法についてご紹介します。

全剃りする方法以外にもお手入れをする方法がありますので、そちらもチェックしてどんな処理をするのが最適か考えてみましょう。

印象の良い男性になって、片思いの女性を振り向かせてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プレゼントで彼氏に財布をあげたい時の選び方とポイント

「今年の彼氏の誕生日には財布をプレゼントしよう」そんな方も多いのではないでしょうか。 財布はプレゼ...

男の着物・帯の結び方【貝の口編】帯を結ぶ手順やコツを解説

ファッションシーンやビシネスシーンなどで着物を着る機会がある男性もいますよね。ですが、普段から着物を...

もしかして嫉妬してる?彼氏がLINEで嫉妬をする理由について

彼氏とlineでやり取りをしていると急に不機嫌な感じに。どうして不機嫌になったのか、わからずに困るこ...

男性向け失敗しない眉毛を書く方法!眉毛の処理と自然な書き方

男性でも、最近はお手入れの一つとして、眉毛のお手入れをしている男性が増えています。 眉毛が薄いのが...

すね毛の処理方法。男の足はツルツルより自然に目立たなくが正解

すね毛が濃い男性は、夏になって短いズボンを履いたり、水着になる季節は憂鬱と感じる方もいると思います。...

男性が可愛い子だけにみせる態度、思わずしてしまう態度

男性は、自分好みの可愛い子とそうでない女の子とでは態度が明らかに違います。 態度をみれば一目瞭然。...

すね毛の処理方法!男のすね毛をバリカンで簡単に処理する方法

すね毛が濃いことがコンプレックスの男性におすすめなのが、バリカンを使ってすね毛の処理をする方法です。...

異性と旅行なら同室は避けよう。下心や本心を見抜く方法もご紹介

異性である男友達から旅行へ誘われた時、全く恋愛感情がないなら同室でも問題ないのでは?と思ってしまいま...

男友達と旅行!泊まりの旅行に誘う男性心理と旅行の注意点

男友達から泊まりで旅行に行こうと誘われたとき、その男友達が一体どんな心理で自分を旅行に誘ってきたのか...

一人暮らしで熱を出している彼氏が嬉しいと思う彼女の対応

一人暮らしの彼氏が風邪で熱を出したら、彼女として何をしてあげられるでしょうか。おかゆを作ってあげたい...

すね毛が気になる男性の手入れ方法!タイプで選ぶすね毛処理

男性の中にも、すね毛の濃い男性と薄い男性がいますよね。濃いのが気になるという男性は、気になって短いズ...

彼氏にプレゼントするなら手作りお菓子!おすすめはコレ

彼氏にプレゼントと一緒に手作りお菓子を渡そうと思っているけれど、どんなものなら喜んでくれるのでしょう...

彼氏が不満を溜め込む理由と不満に感じる彼女の行動・付き合い方

彼氏が不満を言ってくれず、溜め込む性格だったら、自分への気持ちをきちんと伝えてほしいと感じることもあ...

男性は眉毛ひとつで印象が変わる!なりたい顔に近付ける整え方

男性の中には、眉毛のお手入れを一度もしたことがないという方もいると思いますが、今は男性が眉毛のお手入...

髭の剃り方【カミソリ編】カミソリを使った正しい髭剃りの方法

毎日カミソリで髭を剃っている男性の中には、肌がヒリヒリすることに頭を悩ませている人もいるのではないで...

スポンサーリンク

男のすね毛の全剃りはアリかナシか

日本では女性のすね毛は綺麗に処理されていることが良い、という印象がいつの間にか浸透していますね。

しかし、男性のすね毛に対する印象は様々です。
女性が思う男性のすね毛に対しての意見を見ていきましょう。

女性の意見と一言に言っても、本当に考え方や価値観によって意見はバラバラです。

そのままの方が男性らしくて良い、男性がつるつるの脚では違和感を感じるというのがすね毛全剃りNG派の意見です。

一方で、毛深いよりずっと良い、つるつるの方が清潔感があって好印象という全剃りOK派の意見もあります。

ですが一番多い意見はバランスが大切というものです。
何事も極端ではなく、バランスが大切なのです。

そのままとか、全剃りということではなく、適度に処理している程度が望ましいようです。

あくまでも女性の一部の意見ではありますが、参考にしてみて下さい。

男のすね毛を簡単に全剃りするときはカミソリが便利

男性がすね毛を全剃りする場合は、カミソリを使うと便利です。

女性に比べると圧倒的に毛量や濃さ、太さがあるので、カミソリの方が一度に広範囲の処理が出来て楽チンです。

カミソリ一つで実践出来るので、経済的にも優しい方法です。

毛量や濃さが特に気になる方は、少しカッティングしてから剃るようにしましょう。
このような方は、最初からカミソリを使うと毛が絡んでうまく剃れなかったり、皮膚が引っ張られてしまうことが考えられます。

しかし、すね毛の濃さや太さがあるので、すぐにチクチクしてくるというデメリットもあります。
定期的に処理しないとすぐに伸びてきますし、伸びかけのすね毛は衣類が引っかかることもあります。

剃った後の毛の断面は太くなっているので、処理前よりもこの引っ掛かりは顕著に感じます。

また、肌質によってはカミソリ負けをして、肌がトラブルを起こす場合もあるので、敏感肌や乾燥肌の方は注意が必要です。
どうしても使用する場合は、処理後の入念な保湿ケアを忘れずに行って下さい。

除毛クリームを使って男のすね毛を全剃りする方法も

カミソリを使った処理が一番お手軽で定番ではありますが、男性は除毛クリームを使った処理を実践している方も多くいます。

やり方は簡単なので、初めての方でも失敗なく出来ます。

カミソリでの処理に比べると、チクチクした感じが気にならないという理由で使用している男性も多いですよ。

全剃りしたい部分のすね毛にクリームを塗って、規定の時間放置します。
この間にクリーム成分が浸透して、表面のすね毛を溶かして除去してくれます。

時間が経ったらあとは洗い流すだけです。
最初にティッシュなどで拭き取ってから洗い流した方が綺麗になる、という意見もあるので参考にして下さい。

時間も長時間必要なわけではないので、カミソリと同じくらい手軽に全剃り出来る方法です。

すね毛を全剃りするのではなく「すく」方法もある

男性のすね毛は、そのままか全剃りという選択肢だけではありません。
すいて薄くするという方法もあります。

全ての毛を剃り落としてしまうカミソリではなく、すくという目的のカミソリもあるので、通常のカミソリのような使い方で量を減らすことも出来ます。
きちんとすくカミソリということを確認しないと、全剃りになってしまうので注意して下さいね。

あとはバリカンを使ってすく方法もあります。
男性なら一度はバリカンを使ったことがある、持っているという方も少なくないでしょう。

アタッチメントを付けるだけで、程よくすくことが出来ます。
肌を痛めることなく使用出来るのも安心です。

また、すく以外にも、すね毛を目立たなくするという点では脱色という方法もあります。

除毛クリームではなく、脱色クリームも販売されているので、同じ要領でクリームを塗るだけです。

毛の色素がなくなり、肌と馴染むので目立たなくなります。

ただ、すね毛自体はそのままなので光の加減などで、急に毛が目立って見えるなんてこともあるあるです。

気になる場合は、長さをカットするだけでも全然違います。

女性が好む男性のすね毛とは

女性は男性に対して、やはり男性らしさというものを求めています。
女性である自分には、持っていない部分に魅力を感じることが多いようです。

なので、すね毛が全部ないという男性よりは、適度なすね毛はあった方が自然で魅力を感じるという女性の方が多いです。

ぎっしり脚がすね毛で覆われているのは、それはそれで量が多いと感じてしまうので、毛の隙間から肌が見えるくらいの量が理想的です。
このくらいなら、何もしなくてもその状態という男性もたくさんいますね。

またすね毛だけではなく、脚そのものも重要なようです。
いくら毛の量などが良くても、脚が白くて細い、男性らしさを感じないと魅力は半減してしまいます。

程よい筋肉がついていて、軽く日焼けをした脚が女性の好む男性の脚です。
そこに適度なすね毛があるのは、女性からすると何の問題もないと感じています。

女性の意見を気にするなら、処理しすぎよりは自然なすね毛の方が好感が持たれます。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:687 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 687