注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

男のすね毛処理!カミソリを使った処理とメリット・デメリット

男の人の中には、自分のすね毛が濃いことにコンプレックスを抱えている人もいるのではないでしょうか。カミソリで簡単に処理できないかと考えている男性もいるかもしれません。

ですが、カミソリを使ってすね毛の処理をすることには、メリットとデメリットがあります。

すね毛の処理をする前に、メリットやデメリット、処理する方法を確認して、トラブルが起こらないように処理をしましょう。

また、男性のすね毛を剃るときにおすすめのスキカミソリについてや、カミソリ以外のすね毛の処理方法についてもお伝えします。

すね毛に対するコンプレックスを解消して、女子ウケの良いモテ男子に変身しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男の一人暮らしの食費の平均金額と目安・食費の節約方法を解説

これから一人暮らしをしようと考えている男性の中には、一ヶ月の食費は一体どのくらいかかるものなのか知り...

バツイチ男性は女性に人気!バツイチ子なし男性の魅力と落とし方

バツイチの男性は独身女性から人気が高い婚活の相手です。特に、子なし男性の場合、更にその人気が高くなり...

髭のおしゃれなデザインは顎髭!カッコいい顎髭に整える方法

最近では、髭を生やしておしゃれをしている、カッコいいパパも増えています。自分の夫を素敵でカッコいい男...

男性が可愛い子だけにみせる態度、思わずしてしまう態度

男性は、自分好みの可愛い子とそうでない女の子とでは態度が明らかに違います。 態度をみれば一目瞭然。...

髭の剃り方【カミソリ編】カミソリを使った正しい髭剃りの方法

毎日カミソリで髭を剃っている男性の中には、肌がヒリヒリすることに頭を悩ませている人もいるのではないで...

一人暮らしで風邪をひいた彼氏を看病するときのポイント

一人暮らしの彼氏が風邪をひいてしまったときは、彼女としてどうするのが正解なのでしょうか? 付き...

男性心理!男性との距離で見る好意のサインとパーソナルスペース

自分と話をする時にいつも距離が近い男性がいたら、もしかして自分に好意があるのではないかとドキドキして...

男のくせ毛を活かした髪型でカッコ良く変身!くせ毛に似合う髪型

あなたの恋人やパートナーがくせ毛に悩んでいたら、そのくせ毛を活かした髪型にすることで魅力的な男性に変...

男友達と旅行!泊まりの旅行に誘う男性心理と旅行の注意点

男友達から泊まりで旅行に行こうと誘われたとき、その男友達が一体どんな心理で自分を旅行に誘ってきたのか...

オタクの彼氏へプレゼントを贈るときの喜ばれる選び方のコツ

オタクの彼氏へのプレゼント選びは、どんなものを贈ったら喜ばれるのか悩む彼女も多いでしょう。こだわりの...

嫉妬する彼氏になる男の特徴!嫉妬深い男性によくある特徴を解説

嫉妬深い男性とお付き合いをした経験から、もう嫉妬深い彼氏は作りたくないと考えている女性もいますよね。...

異性と旅行なら同室は避けよう。下心や本心を見抜く方法もご紹介

異性である男友達から旅行へ誘われた時、全く恋愛感情がないなら同室でも問題ないのでは?と思ってしまいま...

彼氏が夢の中で、ほかの女性と一緒いたら、それはどんな意味なのか

大好きな彼氏が夢の中にも出てきたら嬉しいですよね。 しかし、その隣にいるのがほかの女性だとしたらど...

髭でおしゃれに!人気の高い顎髭で男の魅力をアップさせよう

髭を生やしておしゃれな印象にしたい・女性にモテるカッコいいイメージになりたいという男性は、「顎髭」に...

すね毛の処理方法!男のすね毛をバリカンで簡単に処理する方法

すね毛が濃いことがコンプレックスの男性におすすめなのが、バリカンを使ってすね毛の処理をする方法です。...

スポンサーリンク

男のすね毛をカミソリで処理する方法

ムダ毛を気にしているのは女性だけではなく、男性もすね毛などのムダ毛を気にしています。
毛が生えている方が男らしいと言われていましたが、濃いすね毛を気にする男性が増えているのです。

今まですね毛を処理したことが無い男性はどうやって処理するのかわからないという方もいるかと思います。
気になるすね毛の処理方法ですが、定番なのがT字のカミソリを使った処理方法です。

まずはすね毛を十分に濡らし、シェービングクリームを塗ってから処理していく

処理の方法ですが、毛の流れに沿って処理していくようにしましょう。

なぜすね毛の流れに沿って処理しなければいけないのか

毛が長い状態で毛の流れに逆らって処理しようとすると肌がカミソリ負けして荒れてしまうからです。
処理の方法を間違えてしまうと処理した後に肌が荒れてヒリヒリと痛んでしまいます。

処理をし終わったらシャワーなどですね毛を洗い流したら処理完了です。

すね毛処理をしても数日経つとまた生えてくるので、定期的な処理が必要です。

男のすね毛をカミソリで処理するメリット・デメリット

すね毛をカミソリで処理することによるメリットとデメリットをご紹介していきます。

すね毛の処理をしたことが無い男性は「すね毛処理はメリットしか無いのでは?」と思っているかもしれませんが、良いことだけでは無いのです。

まずはデメリットからご紹介しますが、毛の流れに沿って処理をしたとしてもカミソリで肌を削っているので、処理をした部分の肌がカミソリ負けを起こして赤くなってしまうということがあります。

男性のすね毛は一本一本毛が太いので、処理後の毛根がポツポツと目立ってしまう

肌が赤くなってしまったり毛根が目立っているとカミソリですね毛を処理したことがわかるので恥ずかしいものですよね。

続いてメリットですが、カミソリを使って自分で処理するためお金がかかりません。
また、毛抜で処理するのに比べて痛みもありません。

すね毛を処理するときはメリットとデメリットがあることをしっかりと理解してから処理するようにしましょう。

すね毛をカミソリで処理すると濃くなるという噂について

「カミソリで毛を処理したら濃くなる・太くなる」という噂を耳にしたことがある方がいるかと思います。
この噂は本当なのでしょうか?

本当なのだとしたら、この先処理を続けていくと今以上に毛が濃くなってしまうのでは…と心配になってしまいますよね。

しかしカミソリですね毛を処理しても濃くなることも太くなることも無いので安心してください。
「すね毛処理したら濃くなった!」という人も中にはいるかもしれません。

どうして濃くなったと感じたのか、その理由は毛の処理の方法にあります。
毛は肌を守るために生えていることはご存知でしょうか。
肌を傷つけるような処理の仕方をしている場合は、毛が今以上にその部分を守ろうとして太くなる場合があるため、処理の仕方には十分気をつけましょう。

また、毛根から先端にかけて毛は細くなっているものですが、カミソリで処理することによって毛が途中で切られることになるので太くなったように見える場合があります。
これは衣服の擦れなどの刺激で細く削られていくので心配はいりませんよ!

すね毛を自然に処理するならスキカミソリもおすすめ

男性のすね毛を女性はどう思っているのでしょうか。
調べによると、女性は男性がすね毛を処理することは良いことだと思っていますが、ツルツルに処理をしてほしいわけではないようです。

すね毛を放置してほしいわけではなくツルツルに処理してほしいわけでもなく、適度に量を整えてほしいと思っているのが女性の本音なのです。

適度に量を整えてほしいと言われても普通のカミソリでどうやって整えるの?と疑問に思いますよね。
実は適度に量を整えるときに使えるスキカミソリというものがあるのです。

スキカミソリは濃いすね毛を適度な量に整えることができるのでとても便利なアイテム

このスキカミソリはドラッグストアなどで購入することができるので、適度な量に整えたいと考えている男性の皆さんはぜひためしてみてはいかがでしょうか。

もう女性にすね毛が気持ち悪いなんて言わせない!というアイテムです!

カミソリ以外の男のすね毛の処理方法

すね毛を処理する方法はカミソリ以外にもあります。

すね毛を処理するのではなく脱色する

すね毛に脱色クリームを塗って目立たない色にするというものです。
効果は約1週間ほどです。
この方法だとカミソリのように肌を傷つけるような心配がありません。
肌が弱い方は使用できないので、敏感肌用の脱色クリームを使用しましょう。

他にもブラジリアンワックスや除毛クリームを使って処理をする方法もあり、カミソリで処理する方法に比べて効果が長持ちします。
肌への影響や痛みを伴うものもあるので、肌質や手間を考えて自分にあった処理をしましょう。

すね毛を処理したあとは、処理をした部分の保湿ケアもしっかりと行うこと

男性のカミソリでのすね毛の処理方法をご紹介しましたがいかがでしたか?
夏場は特に足が見える時期なので、すね毛の処理をしっかりして夏を満喫しましょう!


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:687 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 687