注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

男性向けロン毛までの上手な伸ばし方!伸ばし途中を乗り切る方法

男性の中には、ロン毛を目指して髪を伸ばしている途中という方もいると思います。しかし、髪を伸ばしている途中で髪の扱いに困り、結局また短くしてしまうというという男性も実は多いようです。

そこで、ロン毛までの道のりを上手に乗り切るための、伸ばし方ステップをご紹介します。

まずは、自分がなりたい髪型をイメージしてみましょう。少し時間は掛かるかもしれませんが、少しずつ近付いていくはずです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男性が可愛い子だけにみせる態度、思わずしてしまう態度

男性は、自分好みの可愛い子とそうでない女の子とでは態度が明らかに違います。 態度をみれば一目瞭然。...

もしかして嫉妬してる?彼氏がLINEで嫉妬をする理由について

彼氏とlineでやり取りをしていると急に不機嫌な感じに。どうして不機嫌になったのか、わからずに困るこ...

オタクの彼氏へプレゼントを贈るときの喜ばれる選び方のコツ

オタクの彼氏へのプレゼント選びは、どんなものを贈ったら喜ばれるのか悩む彼女も多いでしょう。こだわりの...

男のくせ毛を活かした髪型でカッコ良く変身!くせ毛に似合う髪型

あなたの恋人やパートナーがくせ毛に悩んでいたら、そのくせ毛を活かした髪型にすることで魅力的な男性に変...

すね毛の処理方法!男のすね毛をバリカンで簡単に処理する方法

すね毛が濃いことがコンプレックスの男性におすすめなのが、バリカンを使ってすね毛の処理をする方法です。...

すね毛が気になる男性の手入れ方法!タイプで選ぶすね毛処理

男性の中にも、すね毛の濃い男性と薄い男性がいますよね。濃いのが気になるという男性は、気になって短いズ...

男の眉毛の整え方!細い眉毛に整える時も基本を知ってお手入れを

今の時代は男の人でも眉毛を整えて、身だしなみに気を使っている人が多くいます。自分で細い眉毛に整えて、...

髭の剃り方【カミソリ編】カミソリを使った正しい髭剃りの方法

毎日カミソリで髭を剃っている男性の中には、肌がヒリヒリすることに頭を悩ませている人もいるのではないで...

お土産のお返しを異性にするときに相手が喜ぶ選び方のポイント

お土産をもらったお返しを異性にするときは、その相手に好意があるかどうかでも選び方が違ってきます。 ...

髭でおしゃれに!人気の高い顎髭で男の魅力をアップさせよう

髭を生やしておしゃれな印象にしたい・女性にモテるカッコいいイメージになりたいという男性は、「顎髭」に...

一人暮らしの男性が寂しいと思う瞬間とそんな彼氏への対処法

一人暮らしをしているとふと寂しい気持ちになるものですが、男性と女性とでは寂しいと感じる瞬間がちょっと...

男性が浮気をしてしまう心理とは?浮気をさせない方法もご紹介

彼女がいる男性が浮気をするのはなぜなのか、その心理について知りたくありませんか?女性好きで浮気を繰り...

一人暮らしの経験ない男性と上手に付き合っていくための秘訣

「一人暮らしの経験ない男性とは結婚しない方がいい。」そんなふうに言っている女性が多ようですが、本当に...

男友達と旅行!泊まりの旅行に誘う男性心理と旅行の注意点

男友達から泊まりで旅行に行こうと誘われたとき、その男友達が一体どんな心理で自分を旅行に誘ってきたのか...

バツイチ男性は女性に人気!バツイチ子なし男性の魅力と落とし方

バツイチの男性は独身女性から人気が高い婚活の相手です。特に、子なし男性の場合、更にその人気が高くなり...

スポンサーリンク

男性がロン毛にするメリット

男性がロン毛にするメリットはどのようなものがあるでしょうか。ロン毛にしようか迷っている方ならメリットは気になりますよね。

ロン毛は美容室にいく回数が少なくて済む

髪が短いとすぐに伸びてスタイルが変わってしまい、美容室に行って整えてもらわなければいけません。忙しい方だと美容室を予約しても、その時間に行けずにキャンセルしなければいけなかったり、また予約し直したりと美容室に行くこと自体が大変です。

しかしロン毛なら少々髪が伸びても、全体のスタイルが極端に変わることはありません。
これは美容室を面倒に感じていた方にとって、大きなメリットです。

ロン毛は個性を出せる

ロン毛の方は短い方に比べて少数派です。その分個性的に感じられます。また直毛にしたりパーマをかけたり結んだりとバリエーションも豊かです。

オシャレな方なら、服装に合わせてその日の髪型を変えることが出来るのもロン毛のメリットです。

男性がロン毛にするデメリット

男性のロン毛にはデメリットも存在します。今までロン毛にしたことがない方なら、この点も十分に考慮して挑戦してくださいね。

ロン毛はセットが面倒

直毛の方なら、ドライヤーで乾かすだけでも髪型がすんなり決まります。しかしくせ毛の方だと、上手くくせ毛を活かすことが出来ない場合、セットに時間がかかります。

つむじによって髪の向きが違ってくるので、右側は内巻きだけど、左側は外巻きになり毛先がきまらない。気になり始めるとついつい鏡の前にいる時間が長くなってしまいます。

ロン毛が似合う似合わないの問題

これは一番の問題点です。芸能人やファッション誌を見てロン毛に挑戦しようとする方は気をつけてください。思ったほど自分にロン毛が似合わないことがあるのです。

人が似合っていないと思っていても、自分は満足をしているから良いという方もいらっしゃいますが、人と接する機会が多い方は相手に不快な印象を与えてしまうかもしれないので、その点にも十分に注意をしてください。

ロン毛は伸ばしている途中が大変

今まで短かった方がロン毛にするためには、その過程がデメリットにもなります。

中途半端な長さはスタイリングも大変。ロン毛にするオシャレな方なら、きっとその途中のスタイルが気に入らずに断念してしまう方も多いでしょう。

ロン毛を目指す男性の上手な前髪の伸ばし方

デメリットにもご紹介したように、ロン毛にするまでにはその過程をどうするかが重要です。

ただひたすら伸ばすだけよりも、その過程過程で似合う髪型を探し楽しみながら伸ばすことが出来ればデメリットもメリットに変えることが出来ます。

伸ばし方

まずは短い髪型から、女性のショートヘアの用やマッシュヘアを目指します。直毛の方なら、パーマをかけてふんわりとした柔らかい印象にしても、良いですね。ここで前髪をずいぶん伸ばすことが出来ますよ。

マッシュヘアから、さらに髪が伸びてきたら後ろの髪と前髪の長さを、少しずつ差が小さくなるように切りそろえていってボブを目指しましょう。

この時に毛先を切りそろえると、さらに個性的な印象に。きのこのような髪型が似合わないと感じるならば、毛先を揃えない自然なスタイルにすると良いですよ。

そしてここまで来るとサイドの髪を後ろで束ねることが出来るようになります。スタイリングする時間がないときなども、髪を簡単にまとめることが出来るので、少しラクになりますね。

ここから伸びるとセミロング。ここまで来ると髪型も自由自在!自分に似合うロン毛を追求しましょう。

男性のロン毛の伸ばし方。髪のケアは今まで以上に必要

ロン毛にすると、髪にかかる負担も大きくなります。女性のヘアケアがテレビのCMなどでよく見かけるのは、それほど女性は髪のケアに力を入れているからです。

男性のロン毛にも違いはありません。髪が長くなりドライヤーの熱で髪がダメージを受けてしまったり、短いときには気にならなかったくせ毛が出てきてしまったり、またパーマをかける場合は、やはり薬剤によって髪にダメージを与えることとなります。

ロン毛は髪のケアは今まで以上に必要となってくる

シャンプーだけではきしみが出てしまう方は、トリートメントが必要となるでしょう。またシャンプーやトリートメントにこだわりが出るようになります。

さらに上記したように、ドライヤーのかけ方によっても髪の傷み具合が違ってくるので、タオルドライを含めて注意が必要です。

さらに髪質を変えたいと考えるならば、食事や睡眠の質まで髪のケアに関係してきてしまいます。

もちろんブラッシングも髪のケアには欠かせません。特に髪をシャンプーする前には、ブラッシングで髪の絡まりを取り除き、一緒に汚れも大まかな汚れを落とすようにすると、シャンプーにも違いが出てきますよ。

髪の伸ばし方で大切なのはなりたい髪型をイメージすること

ロン毛にしたい!髪型を変えたい場合、失敗しないためには美容師さんになりたい自分のイメージを明確に伝えることが重要です。

口で説明をする場合、お互いに同じイメージを思い描いていると思っていても、そうではない場合が多々あります。

頭で思い描いている髪型を、口頭で説明することは難しいので、写真や雑誌などを利用してイメージを伝えることとオススメします。

この方法なら、これから目指している髪型をイメージ通りに伝えることが可能です。

また携帯に画像を残しておいて、美容室にいく度に同じ写真を見せると、伸ばしている途中でも段々とそこへ近づけていくことが出来るでしょう。

ちなみにこの方法、女性の大半の方が行っている方法です。髪が長いとスタイルも無数にあるため、口で説明をしても上手く伝わらないことの方が多いのです。そんな失敗を繰り返している女性がたどり着いた方法ですから、成功につなげるためのよりよい方法と言えます。

またカットを成功しても、スタイリングが出来るかどうかは自分の腕にかかっていることもお忘れなく。美容室に行ったら出来上がるまで雑誌を見て待つのではなく、美容師さんのテクニックも学んでくださいね。

同じように仕上げる自信がない場合は、スタイリングのポイントやスタイリング剤のおすすめを聞くと、美容室の仕上がりに近づけることが出来ますよ。

まずは髪型のイメージ、ここを意識することからはじめてください。