注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

男とのめんどくさいLINEのやめ方は?上手な対処法を解説

めんどくさいと感じている男性とLINEのやり取りをすることを億劫に感じてしまう女性もいますよね。やり取りをしている時間ももったいなく感じますし、何よりも相手に誤解をさせてしまう可能性もあります。

めんどくさい男とのLINEは、どのようにして対処をすればいいのでしょうか。対処法を知って、あなたのLINEストレスを軽減しましょう。

ここでは、自分がめんどくさいと感じる男性とのLINEのやり取りの対処法についてご紹介します。

相手に勘違いをさせないためにも、上手に対処をするコツを知ってなるべく早めに対策をし、LINEへのストレスを減らしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自撮りのコツ!角度や目線・小顔に写るコツを知って可愛く撮ろう

スマホを使って自撮りをするとき、少しでも可愛く写したい・小顔に見えるように自撮りしたいと思うのが乙女...

洗濯物をいい匂いにする方法とは?洗い方やコツをご紹介

洗濯物をいい匂いにするにはどうしたらいいのでしょうか?洗剤や柔軟剤を変えてもなぜか洗濯物が臭うという...

リキッドファンデーションの使い方とは?下地から仕上げまで

リキッドファンデーションを自然に仕上げるにはどうしたらいいのでしょうか?ムラになってしまう…すぐによ...

ハイライトの入れ方のポイント顔のタイプ・パーツ別に紹介します

小顔に見せたり、立体感を出すことができるハイライトはどのようにして入れたらいいのでしょうか? ...

会社のおじさん上司が嫌い。苦手な上司との接し方と対処法

会社の人とは上手くやっていきたいと思いますが、中には苦手な人がいるというのは仕方のないことです。 ...

男の臭い対策!加齢臭の原因と気になる臭いの予防方法を解説

男性も女性も年齢を重ねるにつれて、加齢臭の臭いが気になってくるものです。最近ご主人の枕から加齢臭がす...

男のスキンケア方法!思春期男子のニキビ肌の正しいスキンケア

思春期の男の子の子育をしている女性の中には、お子さんのニキビ肌が気になっている人もいるのではないでし...

【自撮りのコツ】全身写真の撮り方とおしゃれな写真の写し方

自分の全身写真を自撮りしたいと思っても、全身をおしゃれに写すのはなかなか難しいものです。 一体...

男が臭いのはなぜ?20代男性の臭いの原因とメカニズム・対処法

自分の息子の臭いを「臭い」と感じたことがある女性もいるのではないでしょうか。男の人はなぜ臭いが気にな...

男性に喜ばれるプレゼントはコレ!30代男性へのプレゼント相場

30代の男性にはどんな誕生日プレゼントを贈れば喜ばれるのか知りたいという女性もいますよね。自分の旦那...

自撮りで集合写真を写すコツ!失敗しない集合写真の写し方

集合写真を自撮りするとき、全員の素敵な表情を写真に写すことができずに頭を悩ませている人もいるのではな...

50代男性ファッション・中年太りが気になるメンズコーデのコツ

50代の旦那さまにどんなファッションが似合うのか知りたい奥さまもいますよね。50代の男性の旦那さまの...

ガラスが割れることの意味!物が壊れることが伝えるメッセージ

突然ガラスが割れると、何か意味があるのではないかと感じてしまうことがあります。何もしていないのにガラ...

会社のおじさんがしつこい!険悪にならないように対処をしよう

会社のおじさん社員がしつこい事に頭を悩ませている女性もいますよね。話が長い、食事の誘いをいつもしてく...

50代女性のファッション【冬編】コーディネートのコツを紹介

50代になると、ファッションを楽しみたいと思っても、勇気がなくて挑戦できないという女性もいますよね。...

スポンサーリンク

めんどくさい男とのLINEはなるべく長くやり取りをしないこと

世の中には、「誘われたら断れない」という人たくさんいるのでは無いでしょうか?
特にメールやSNSで代表的なLINEは、手軽に送りやすいのが特徴的ですので、気兼ねなく送ってしまうことから相手にしつこいなんて感情を抱かせてしまうこともあるほどです。
実際、興味の無い男性からLINEがきた場合の対応には少し困ってしまう部分もありますよね。
そんな時の対処法をここからは紹介していきたいと思います。

基本的にLINEの内容は簡潔に。

相手があなたに興味があるから送ってくるので、あなたからは簡潔に終わらせることを心がけましょう。いつまでもやり取りをしていると、「俺に気があるのか?」と勘違いをさせかねません。
また、話しを「?」で終わらせてしまうと、必ず返信がきてしまいます。
一つ一つ完結させる文面で返信することがとても大切な対処法なのです。

感のいい男性なら、この時に「俺には気が無いんだな」と気づいてくれます。

めんどくさい男へLINEの返信をする時はそっけない返信を

上記の方法でもわかってもらえない場合、他にも対処法はまだあります。

絵文字も上手に使い分けてシンプルに

ハートマークなんて使うのは論外です。
あなた自身がめんどくさいと思っている相手ですから、ある程度の失礼は承知の上で行動する他無いと思いますので、「申し訳ないな」「残酷だな」なんて同情は捨てて対応して下さいね。その同情する気持ちが相手へ気を持たせる行動にも繋がってしまうので注意する必要があるのです。
例えば、完全に断ち切りたいなら絵文字は入れない。という対処法が一番効果的です。
考え方としては、あなたが逆にされたらどう思うか?というところです。
絵文字が一切ない文面で、例えば「元気だよ。」なんて返信がきたらとってもそっけなく寂しささえ感じますよね。一般的な異性であればあなたには期待しなくなるでしょう。

ここまで対応すれば、ほとんどの男性は退散することでしょう。

男からのめんどくさいLINEにはすぐに反応しないこと

それでもまだ諦めない男性がいたとします。
まだまだ必要な対処法がありますよ。
それは「すぐに反応しないこと」です。

逆の立場として、あなたが一方的に行為を持っている相手が居たとして、LINEを送った場合、既読がついたかな…と気になって見てしまいますよね。
既読がつくかどうかは、相手への関心度の現れでもあるのです。
ですので、あなたと相手との関係性にもよりますが、半日や1日は放置しても全く問題ないとわたしは思います。
放置した後の返信の内容も重要です。
例えば、「仕事が忙しくて返信遅くなりました。」なんて入れてしまうと、忙しくて大変だったんだな…と勘違いされてしまいますのでNGですよ。
あくまでも、相手に気を持たせてはいけないというところが前提です。
ですので、放置後の返信も理由も入れず「そうだね。」と聞かれていたことへの回答のみにするなど、完結に入れましょう。

ここまでくれば、さすがに空気が読めない男性でも理解してくれるはずです。

興味のない男からのめんどくさいLINEは強制的に終了する方法も

それでもまだ引き下がらない男性がいた場合、本当困ってしまいますよね。
ここまで来ると少し恐怖さえ覚えてしまう程の相手ですよね。
あなたからの最大限な対応は十分行っているにも関わらず、気づいてないのか、気づいてるけどあなたへの想いが止められないのか、どちらにしても普通の男性では無いことは確かですので、気をつけて下さい。

思い切って理由を聞いてみる

極論でもありますが、「どうしてそんなにLINEしてくるの?」なんてLINEを送ってみても良いかもしれません。
ただ、その返信としては、「もう連絡とりあうのやめよう。」とキッパリ伝えることが大切です。

関係性によっては「LINEしつこいよ。」と言ってしまうのも悪くないかもしれませんね。
空気が読めず、なかなか理解してくれない相手にはこうでもしないと伝わらないでしょう。
あまりに話しが終わらないなら、「バイバイ」と勝手に完結してしまっても良いかも知れません。あなた側には全く気がなく、強いて言うなら「迷惑です」というアピールを出して少しでもあなたの気持ちを理解してもらいましょう。

あなたのことをどれだけ想っている男性でも、ここまで言えば流石に諦めてくれるはずです。

それでもしつこくLINEをしてくる時は相手をブロック

それでもまだLINEが来る場合、ここまで行けば少し精神的に問題がある彼なのかもしれません。ストーカーになる危険性をとても高く感じます。
あなたの気持ちはどうであれ自分があなたと繋がっていたい、という自己満足の世界に達しているからです。
人間誰しも成長と共に「モラル」という一般的な常識が身についているものですが、欠如している可能性が大きい人ですよね。

こうなってしまっては、最終手段!「ブロック」です。
もうそれしか方法はありません。
ブロックをすることで、あなた側に通知が来ないので精神的な安定を取り戻すことができるでしょう。
ただし、逆上された!という話しも耳にします。
そのため、少しでもトラブルを避ける意味でもブロックすることは事前に相手に伝えましょう。
「何度もうLINEは辞めて下さいと伝えても理解してもらえないみたいなので、このままだとブロックするしか方法が見つからない。」とあくまでも逆上することを最小限に抑えるLINEを送るのも、上手なあしらい方の一つです。
「しつこいからブロックするから。」なんて返信だと、相手も意地になってしまう可能性が出てきます。

恋愛関係はとってもあっさりしているようで難しい面もたくさんあります。
そんな、めんどうな男性とは繋がりが発生しないよう、出会った段階で見極めるというのも必要な対処法なのかもしれませんね。