注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

リキッドファンデーションの使い方とは?下地から仕上げまで

リキッドファンデーションを自然に仕上げるにはどうしたらいいのでしょうか?ムラになってしまう…すぐによれてしまう…など肌に馴染みにくいのは自分の肌に合っていないせい?

カバー力の高いリキッドファンデーションの使い方にはいくつかのポイントがあります。
全体に均等に塗るのではなく、カバーしたいところを丁寧に塗るといいでしょう。リキッドファンデーションの使い方、キレイに仕上げるポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

妊娠報告を友達からされた時に使える返信と注意点

友達からラインを使って妊娠報告をされた時、どんな返信をすればいいのか迷ってしまうことがあります。 ...

化粧が先?それとも服が先?メイクと着替えの順番を紹介

お気に入りの服を着るときには、メイクをしてから着替えるべきか着替えてからメイクをするべきか迷ってしま...

50代女性のファッションコーディネート・自分に似合う服選び

50代になると、子育の手が離れて自分に使う時間も増えてきますよね。今まではできなかったファッションに...

男の臭い対策!加齢臭の原因と気になる臭いの予防方法を解説

男性も女性も年齢を重ねるにつれて、加齢臭の臭いが気になってくるものです。最近ご主人の枕から加齢臭がす...

会社のおじさん上司が嫌い。苦手な上司との接し方と対処法

会社の人とは上手くやっていきたいと思いますが、中には苦手な人がいるというのは仕方のないことです。 ...

40代男性ファッション!カッコよく見えるメンズコーディネート

「昔はカッコよかったのに40代になったらカッコよさが影を潜めてしまった」自分のご主人に、こんなふうに...

【布ナプキンの使い方講座】基礎知識と種類・取り扱い方法

ナチュラル志向が強い女性や健康管理に気を使っている女性の中には、布ナプキンについて興味を持っている人...

自撮りのコツ!角度や目線・小顔に写るコツを知って可愛く撮ろう

スマホを使って自撮りをするとき、少しでも可愛く写したい・小顔に見えるように自撮りしたいと思うのが乙女...

洗濯物をいい匂いにする方法とは?洗い方やコツをご紹介

洗濯物をいい匂いにするにはどうしたらいいのでしょうか?洗剤や柔軟剤を変えてもなぜか洗濯物が臭うという...

優しい男性の特徴!彼氏候補を選ぶ時にチェックしたいこと

女性に、彼氏にしたいタイプは?と聞くと『優しい男性』と答える人は多いと思います。どんなに見た目がカッ...

結婚を意識している彼氏との相性占いは参考程度に捉えよう

結婚を意識している彼氏がいる場合、相性占いなどで本当に結婚できるか、結婚後も上手くいくかどうかなど知...

男はカラコンが嫌い?カラコン嫌いな理由と男が好きなタイプの女

カラコンを付けてオシャレを楽しんでいる女性もたくさんいますが、女性のカラコンを嫌いだと感じる男性も多...

目の下のたるみが気になるときのハイライトの入れ方

ハイライトは顔を立体的に見せる、小顔に見せるなどの効果がありますが部分使いすることによって細かい部分...

ボーナスは旦那にいくら渡すか。一般的な割合と話し合いのルール

旦那のボーナスが出たら、旦那にはいくら渡すか、奥さんとしては毎回悩むという方も多いのではないでしょう...

50代女性のファッション【冬編】コーディネートのコツを紹介

50代になると、ファッションを楽しみたいと思っても、勇気がなくて挑戦できないという女性もいますよね。...

スポンサーリンク

下地は必要?リキッドファンデーションの順番と使い方

リキッドファンデーションをきれいに仕上げるには肌を整えておく必要があります。

パウダーファンデーションよりも伸びのよいリキッドファンデーション

スキンケアや下地をきちんとしておくことで肌に馴染みやすくすることができます。

リキッドファンデーションを塗る前には、いつものお化粧と同じように洗顔、化粧水などで保湿してください。

保湿する理由

皮脂が出過ぎるのをカバーしてくれるのでリキッドファンデーションのよれ防止となります。保水をしたら日焼け止めを塗りましょう。

リキッドファンデーションには下地成分も入っているものがありますが、肌の赤味やクマなど気になる部分は人によって違いますよね。

自分の気になる部分に下地を塗ってからリキッドファンデーションを塗ってください。

下地はできるだけ薄く塗り、つけすぎたときにはティッシュなどでこすらずおさえてください。

リキッドファンデーションに合う下地は油分をコントロールしてくれるもの

リキッドファンデーションを塗ってもカバーしきれない部分はコンシーラーを使い、指でなじませてください。

リキッドファンデーションをつける順番

洗顔→ 化粧水など(保水)→ 日焼け止め→ 下地→ リキッドファンデーション→ コンシーラー

塗り方を間違えるとムラになる…リキッドファンデーションの使い方

下地を塗ったあとリキッドファンデーションを塗っていきますが、どのようにして伸ばしていますか?

リキッドファンデーションは「うすくなじませる」が鉄則

リキッドファンデーションをまんべんなく顔に塗ってしまうと厚塗り感がでてしまいます。

なぜ厚塗りのように見えてしまうのか?
リキッドファンデーションは粉と油と水でできているためです。

ですので、リキッドファンデーションを薄く塗っているのにムラになりやすい、崩れやすい人はパウダーファンデーションのほうが合っていると言えます。

パウダーファンデーションでは、保湿しきれない、肌が粉っぽくなってしまう人はリキッドファンデーションが向いています。しかし、そんなリキッドファンデーションが向いている人も塗り方を間違えてしまうと厚塗りとなってしまうので気をつけましょう。

  1. パール一粒ほどの量を手の甲に出し、両頬、おでこ、鼻、あごにつけていきます。
  2. 両頬は多めに他は少なめにつけてください。
  3. 鼻を中心部分として外に伸ばすようにつけていきましょう。
リキッドファンデーションの量が足りないという人は、保湿が足りていないことが多いので化粧水、乳液などで肌を整えてあげましょう。

リキッドファンデーションはブラシ?スポンジ?使い方で仕上がりが変わります

リキッドファンデーションはどんなアイテムで塗るかでも伸ばし方や仕上がりが違います。厚くぬるところ、薄く塗るところは変わりませんがそれぞれにポイントがあるのできれいに仕上げるためにもチェックしてみてください。

一番簡単な塗り方「手」で塗る方法

  1. リキッドファンデーションを手のひらに出し、両手を合わせまず頬に付けます。
  2. それからおでこ、あごにつけてください。
  3. ある程度全体に伸ばし、それから細かい部分を塗っていきます。
    ※量が足りないときには少し足してください。
    肌になじませやすく、扱いも楽ですが手のひらや指についている分、ブラシやスポンジよりも多くだす必要があります。

自然に仕上げやすいのは「ブラシ」

リキッドファンデーションをブラシで伸ばすと、手で伸ばすよりも細かい部分に行き届きやすくなります。

  1. 両頬、おでこ、鼻、あごにリキッドファンデーションをつけます。
  2. 手で伸ばすときと同じように中心から外に伸ばしていきます。
  3. 厚く塗る頬やカバーしたい部分はポンポンと塗ります。

目元や小鼻部分はできるだけ薄く塗ってください。毛穴は丸を描くように塗ると、カバーしやすくなります。

よれにくさナンバーワンは「スポンジ」

なんとなくスポンジを使うのは上級者向けな感じがしますが、初心者こそスポンジがおすすめです。

スポンジは塗る厚さが一定

濃くしたり薄くしたりの調整がしやすいのです。

リキッド用のスポンジであれば、中にファンデーションが染み込みにくいので専用のものがひとつあるといいですね。ドロップ型であれば、細かい部分も塗りやすいです。

  1. まず、スポンジに化粧水を含ませます。
    ※お水でもいいですが、化粧水のほうが保湿力がアップします。この一手間で、ムラ防止になります。
  2. リキッドファンデーションをおでこ、両頬、鼻、あごにのせ手で伸ばします。
  3. 伸ばしたリキッドファンデーションをスポンジでおさえるようになじませていきましょう。

リキッドファンデーションの使い方のコツとポイント

リキッドファンデーションをキレイに仕上げる、より長持ちさせるにはどのようなコツやポイントがあるのでしょうか?

ムラなく仕上げるには、素早さが必要

肌に置いて広げているうちに乾いてしまうので保湿を十分にしてすばやく伸ばしましょう。

手で塗るのは素早くできそうですが、手のひらや指もリキッドファンデーションを吸ってしまうので、ブラシやスポンジを上手に使ってください。

コンシーラーを使う順番は、リキッドファンデーションの後

リキッドファンデーションよりも先にコンシーラーを塗ってしまうとそこだけ色が濃くなり目立ってしまいます。

また、ファンデーションを塗るときに擦れて落ちてしまうのでリキッドファンデーションを塗ってからコンシーラーを使ってください。

頬や、あごの色に合わせて選ぶのがポイント

リキッドファンデーションは厚く塗る他に、濃いめの色を選んでしまうと肌が暗くくすんで見えてしまいます。

色を合わせるときは自然の光の下でも確認できると失敗しにくいです。

リキッドファンデーションの上手な使い方を覚えれば陶器肌に近づけます

リキッドファンデーションの使い方で、忘れてはいけないのが最後の仕上げのパウダーです。

自然な仕上がりにしたいときにはルースパウダー、ファンデーション力をキープしたいのならプレストパウダーがおすすめ。

パウダーは付ける前の一手間で印象が変わる

そのままパフやブラシを肌に持っていかずに、「手の甲に一度おく」「ティッシュでおさえてから」にしましょう。

そのまま全体につけてしまうと?

のっぺりとした印象になってしまいます。

テカリの気になる部分だけ薄くつけるようにすればリキッドファンデーションのツヤ感を残しつつカバーできます。

最後の仕上げのパウダーをつけすぎてしまったときは、何もついていないフィニッシングブラシでなでて落としてください。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:687 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 687