注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

リキッドファンデーションの使い方とは?下地から仕上げまで

リキッドファンデーションを自然に仕上げるにはどうしたらいいのでしょうか?ムラになってしまう…すぐによれてしまう…など肌に馴染みにくいのは自分の肌に合っていないせい?

カバー力の高いリキッドファンデーションの使い方にはいくつかのポイントがあります。
全体に均等に塗るのではなく、カバーしたいところを丁寧に塗るといいでしょう。リキッドファンデーションの使い方、キレイに仕上げるポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

簡単、時短で化粧直しをしたいときにはこのやり方がおすすめです

化粧直しの時間がないときにはどのようにして行えばいいのでしょうか? 素早く化粧直しをしたいとき...

彼氏との旅行・生理言うタイミングと伝え方・旅行のときの対処法

彼氏との旅行を計画していたのに、生理と旅行の予定がかぶりそうな時、彼氏に生理言うタイミングはいつなの...

男の頭皮の臭いの原因は?正しいシャンプーの方法を解説

自分のご主人の頭皮の臭いが気になっている奥さまもいるのではないでしょうか。そんなときはシャンプーの仕...

彼氏との旅行・冬の旅行の行き先でおすすめの場所や決め方を紹介

彼氏と初めての旅行に行くことになったら、行き先をどこにしようか悩んでしまうこともあります。せっかく二...

40代女性のファッション・カジュアルファッションの楽しみ方

40代でもカジュアルファッションを楽しみたいと考えている女性はたくさんいます。ですが、どんなふうにコ...

50代女性のファッションコーディネート・自分に似合う服選び

50代になると、子育の手が離れて自分に使う時間も増えてきますよね。今まではできなかったファッションに...

男友達への誕生日プレゼント【高校生編】相場や選び方を紹介

高校生の男友達の誕生日プレゼントは、一体どんな物が喜ばれるのか知りたい人もいるのではないでしょうか。...

ガラスが割れることの意味!物が壊れることが伝えるメッセージ

突然ガラスが割れると、何か意味があるのではないかと感じてしまうことがあります。何もしていないのにガラ...

会社のおじさん上司が嫌い。苦手な上司との接し方と対処法

会社の人とは上手くやっていきたいと思いますが、中には苦手な人がいるというのは仕方のないことです。 ...

男子高校生の正しいスキンケア・思春期ニキビの洗顔方法と対処法

思春期の男のお子さんがいるママたちの中には、思春期ニキビに悩むお子さんをお持ちの方もいるのではないで...

メンズの髪型は?白髪が気になる50代の旦那におすすめの髪型

髪の毛のお悩みとして、歳を重ねると気になってくるのが白髪です。自分の旦那の白髪が気になっているという...

男の着物の種類は?格式別・着物の種類と着用ルールを紹介

男性の着物には色々な種類があります。 どのようなシーンにどのような着物が良いかをしっかり理解してい...

どうやって汚れを落とせばいい?メイクブラシの洗い方について

メイクブラシはどのような洗い方をしたらいいのでしょうか?なんとなく、水で洗うことに抵抗のあるメイクブ...

男とのめんどくさいLINEのやめ方は?上手な対処法を解説

めんどくさいと感じている男性とLINEのやり取りをすることを億劫に感じてしまう女性もいますよね。やり...

優しい男性と恋愛がしたい!本当に優しい男性か見分ける方法

優しい男性と恋愛がしたいと考える女性はたくさんいます。でも、付き合う前は優しかったのに、お付き合いが...

スポンサーリンク

下地は必要?リキッドファンデーションの順番と使い方

リキッドファンデーションをきれいに仕上げるには肌を整えておく必要があります。

パウダーファンデーションよりも伸びのよいリキッドファンデーション

スキンケアや下地をきちんとしておくことで肌に馴染みやすくすることができます。

リキッドファンデーションを塗る前には、いつものお化粧と同じように洗顔、化粧水などで保湿してください。

保湿する理由

皮脂が出過ぎるのをカバーしてくれるのでリキッドファンデーションのよれ防止となります。保水をしたら日焼け止めを塗りましょう。

リキッドファンデーションには下地成分も入っているものがありますが、肌の赤味やクマなど気になる部分は人によって違いますよね。

自分の気になる部分に下地を塗ってからリキッドファンデーションを塗ってください。

下地はできるだけ薄く塗り、つけすぎたときにはティッシュなどでこすらずおさえてください。

リキッドファンデーションに合う下地は油分をコントロールしてくれるもの

リキッドファンデーションを塗ってもカバーしきれない部分はコンシーラーを使い、指でなじませてください。

リキッドファンデーションをつける順番

洗顔→ 化粧水など(保水)→ 日焼け止め→ 下地→ リキッドファンデーション→ コンシーラー

塗り方を間違えるとムラになる…リキッドファンデーションの使い方

下地を塗ったあとリキッドファンデーションを塗っていきますが、どのようにして伸ばしていますか?

リキッドファンデーションは「うすくなじませる」が鉄則

リキッドファンデーションをまんべんなく顔に塗ってしまうと厚塗り感がでてしまいます。

なぜ厚塗りのように見えてしまうのか?
リキッドファンデーションは粉と油と水でできているためです。

ですので、リキッドファンデーションを薄く塗っているのにムラになりやすい、崩れやすい人はパウダーファンデーションのほうが合っていると言えます。

パウダーファンデーションでは、保湿しきれない、肌が粉っぽくなってしまう人はリキッドファンデーションが向いています。しかし、そんなリキッドファンデーションが向いている人も塗り方を間違えてしまうと厚塗りとなってしまうので気をつけましょう。

  1. パール一粒ほどの量を手の甲に出し、両頬、おでこ、鼻、あごにつけていきます。
  2. 両頬は多めに他は少なめにつけてください。
  3. 鼻を中心部分として外に伸ばすようにつけていきましょう。
リキッドファンデーションの量が足りないという人は、保湿が足りていないことが多いので化粧水、乳液などで肌を整えてあげましょう。

リキッドファンデーションはブラシ?スポンジ?使い方で仕上がりが変わります

リキッドファンデーションはどんなアイテムで塗るかでも伸ばし方や仕上がりが違います。厚くぬるところ、薄く塗るところは変わりませんがそれぞれにポイントがあるのできれいに仕上げるためにもチェックしてみてください。

一番簡単な塗り方「手」で塗る方法

  1. リキッドファンデーションを手のひらに出し、両手を合わせまず頬に付けます。
  2. それからおでこ、あごにつけてください。
  3. ある程度全体に伸ばし、それから細かい部分を塗っていきます。
    ※量が足りないときには少し足してください。
    肌になじませやすく、扱いも楽ですが手のひらや指についている分、ブラシやスポンジよりも多くだす必要があります。

自然に仕上げやすいのは「ブラシ」

リキッドファンデーションをブラシで伸ばすと、手で伸ばすよりも細かい部分に行き届きやすくなります。

  1. 両頬、おでこ、鼻、あごにリキッドファンデーションをつけます。
  2. 手で伸ばすときと同じように中心から外に伸ばしていきます。
  3. 厚く塗る頬やカバーしたい部分はポンポンと塗ります。

目元や小鼻部分はできるだけ薄く塗ってください。毛穴は丸を描くように塗ると、カバーしやすくなります。

よれにくさナンバーワンは「スポンジ」

なんとなくスポンジを使うのは上級者向けな感じがしますが、初心者こそスポンジがおすすめです。

スポンジは塗る厚さが一定

濃くしたり薄くしたりの調整がしやすいのです。

リキッド用のスポンジであれば、中にファンデーションが染み込みにくいので専用のものがひとつあるといいですね。ドロップ型であれば、細かい部分も塗りやすいです。

  1. まず、スポンジに化粧水を含ませます。
    ※お水でもいいですが、化粧水のほうが保湿力がアップします。この一手間で、ムラ防止になります。
  2. リキッドファンデーションをおでこ、両頬、鼻、あごにのせ手で伸ばします。
  3. 伸ばしたリキッドファンデーションをスポンジでおさえるようになじませていきましょう。

リキッドファンデーションの使い方のコツとポイント

リキッドファンデーションをキレイに仕上げる、より長持ちさせるにはどのようなコツやポイントがあるのでしょうか?

ムラなく仕上げるには、素早さが必要

肌に置いて広げているうちに乾いてしまうので保湿を十分にしてすばやく伸ばしましょう。

手で塗るのは素早くできそうですが、手のひらや指もリキッドファンデーションを吸ってしまうので、ブラシやスポンジを上手に使ってください。

コンシーラーを使う順番は、リキッドファンデーションの後

リキッドファンデーションよりも先にコンシーラーを塗ってしまうとそこだけ色が濃くなり目立ってしまいます。

また、ファンデーションを塗るときに擦れて落ちてしまうのでリキッドファンデーションを塗ってからコンシーラーを使ってください。

頬や、あごの色に合わせて選ぶのがポイント

リキッドファンデーションは厚く塗る他に、濃いめの色を選んでしまうと肌が暗くくすんで見えてしまいます。

色を合わせるときは自然の光の下でも確認できると失敗しにくいです。

リキッドファンデーションの上手な使い方を覚えれば陶器肌に近づけます

リキッドファンデーションの使い方で、忘れてはいけないのが最後の仕上げのパウダーです。

自然な仕上がりにしたいときにはルースパウダー、ファンデーション力をキープしたいのならプレストパウダーがおすすめ。

パウダーは付ける前の一手間で印象が変わる

そのままパフやブラシを肌に持っていかずに、「手の甲に一度おく」「ティッシュでおさえてから」にしましょう。

そのまま全体につけてしまうと?

のっぺりとした印象になってしまいます。

テカリの気になる部分だけ薄くつけるようにすればリキッドファンデーションのツヤ感を残しつつカバーできます。

最後の仕上げのパウダーをつけすぎてしまったときは、何もついていないフィニッシングブラシでなでて落としてください。