注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

ボーナスは旦那にいくら渡すか。一般的な割合と話し合いのルール

旦那のボーナスが出たら、旦那にはいくら渡すか、奥さんとしては毎回悩むという方も多いのではないでしょうか?
家庭でルールが決まっているというお宅も多いかもしれませんが、その時によって予定外の出費があったりとルール通りに行かないこともあると思います。

他の家庭では、旦那のボーナスを旦那本人にいくら渡しているのか、多い割合や、各家庭のボーナス事情をご紹介します。

妻から一方的に減額を伝えても、旦那には不満しか残りません。話し合いで納得することが大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

職場の気になる女性が指輪を!未婚女性が指輪をする意味や心理

職場で気になる未婚女性が指輪をしていたら、もしかしたら恋人がいるのではないかと気になってしまうもので...

リキッドファンデーションの使い方とは?下地から仕上げまで

リキッドファンデーションを自然に仕上げるにはどうしたらいいのでしょうか?ムラになってしまう…すぐによ...

男はいい匂いの女が好き!シャンプーの匂いが長く続く洗髪方法

男はいい匂いのする女性が好きです。特に男性からの人気が高い匂いは「シャンプーの匂い」です。 確...

男の髪型でわかる!ロン毛の男性の心理と性格の特徴・付き合い方

髪の毛をロン毛にしている男性を見かけることがありますが、男の人なのに髪の毛を伸ばしている男性の心理に...

男子高校生の正しいスキンケア・思春期ニキビの洗顔方法と対処法

思春期の男のお子さんがいるママたちの中には、思春期ニキビに悩むお子さんをお持ちの方もいるのではないで...

どうやって汚れを落とせばいい?メイクブラシの洗い方について

メイクブラシはどのような洗い方をしたらいいのでしょうか?なんとなく、水で洗うことに抵抗のあるメイクブ...

会社のおじさんに好かれる女性の顔・性格・態度の特徴を解説

なぜか会社のおじさんに好かれる女性がいますよね。会社のおじさんたちの態度が明らかに自分に対する態度と...

男性に喜ばれるプレゼントはコレ!30代男性へのプレゼント相場

30代の男性にはどんな誕生日プレゼントを贈れば喜ばれるのか知りたいという女性もいますよね。自分の旦那...

12月の星座とは?性格はどんな人が多い?12月生まれについて

星座で性格は変わるのでしょうか?気になる人が12月生まれという人は、ぜひ誕生日を聞いてみて射手座なの...

男性へプレゼント【3000円以内】大学生の友人はコレを贈ろう

大学生の友人男性に3000円以内でプレゼントを贈りたいと考えた時、一体どんな物を贈ればいいのかわから...

自撮りで集合写真を写すコツ!失敗しない集合写真の写し方

集合写真を自撮りするとき、全員の素敵な表情を写真に写すことができずに頭を悩ませている人もいるのではな...

妊娠報告を友達からされた時に使える返信と注意点

友達からラインを使って妊娠報告をされた時、どんな返信をすればいいのか迷ってしまうことがあります。 ...

会社のおじさんがしつこい!険悪にならないように対処をしよう

会社のおじさん社員がしつこい事に頭を悩ませている女性もいますよね。話が長い、食事の誘いをいつもしてく...

50代男性ファッション・中年太りが気になるメンズコーデのコツ

50代の旦那さまにどんなファッションが似合うのか知りたい奥さまもいますよね。50代の男性の旦那さまの...

50代女性のファッション【冬編】コーディネートのコツを紹介

50代になると、ファッションを楽しみたいと思っても、勇気がなくて挑戦できないという女性もいますよね。...

スポンサーリンク

旦那のボーナスはお小遣いとしていくら渡す家庭が多いのか

独身時代はボーナスが出ると自分のための買い物に行ったり、旅行に行くなど散財していたと言う人もいるでしょう。
しかし家族が出来ると自分のためだけにボーナスを遣うと言うことはないでしょう。
ましてやボーナスが旦那が働いて稼いだものであれば自分のために使うことは不可能です。
旦那が働いていただいたボーナスならば、家計へのお金にすべてを充てるのではなく、旦那への小遣いを渡さなくてはと思われている方もいるでしょう。
ボーナスなどは家庭によってもらっている金額は違うので、むやみに友人に旦那への小遣いの額を聞くことはできないでしょう。
一般的に多いボーナスから小遣いに充てる金額はいくらなのでしょうか。

多くの家庭の場合、ボーナスの1割程度を旦那への小遣いとして渡しているようです。

ボーナスの2割を渡していると言うご家庭もありましたが、1割程度が多いようです。
旦那への小遣いは最初に渡す時が肝心です。
ここでボーナスでの小遣いの相場を旦那に理解してもらえば、今後も小遣いに関しては納得するでしょう。
何度も話し合いをして決めるご家庭もあるかもしれませんが、最初のうちにどのくらいを小遣いにするべきかを話し合えばスムーズにいきます。
ボーナスがないご家庭もありますし、小遣いの相場を決めることは難しいでしょう。

旦那のボーナスいくら渡すか悩んでもたくさん渡せない時の説得方法

日々家族のために一生懸命働いている旦那に感謝している奥様がほとんどでしょう。
ボーナスに関しては旦那へのご褒美だと全額を渡したい気持ちもあるかもしれません。
しかし生活をするために時には大きな買い物が必要になることがあります。
家電が壊れてしまった場合には買い直さなくてはいけませんし、ローンの支払いがある場合もあるでしょう。
まとまった金額が必要な場合はボーナスで支払いをしようと考える人もいます。
願望としてはボーナスは旦那に全額渡したいと思っていたとしても、それは不可能に近いことです。
しかし家庭の管理を妻に任せっきりの旦那の場合には、ボーナスが出たのだからもう少し小遣いがほしいと言うかもしれません。
そんな時こそ家のお金事情を旦那にも知らせるいいチャンスです。
今の支出などを家庭簿などから見せて把握してもらうのです。
今の家庭のお金事情を理解すれば、お小遣いが欲しいと口が裂けても言えなくなるでしょう。
日々働いている旦那に酷な現実を伝えたくないと言う場合には、子供にお小遣いをあげるようにボーナスのお小遣いを毎月のお小遣いに上乗せして、分けて渡すようにしてみてはいかがでしょうか。
分けて渡すことによって後から足りないからと請求されることはなくなるはずです。
毎月いつもの金額より上乗せして小遣いが入るのは旦那としても嬉しいことです。

旦那のボーナスはいくら渡すということと、どう渡すかを考える

小遣いは旦那さんにとっても嬉しいものです。
本音としてはもっと金額を増やしてもらいたいと思うかもしれませんが、小遣いがもらえるだけでもありがたいと言う人も多くいるものです。
ボーナスがあると小遣いを渡さなくてはいけないと使命感を持ってしまう奥様もいらしゃいます。
ただ小遣いを渡すと言う行為だけに焦点をあててしまうと、小遣いの金額ばかりを気にしてしまうでしょう。
しかしボーナスを小遣いとして渡す上で重要なことは金額だけではありません。
小遣いをどう渡すのかにも注目しなければいけません。
お互いが気持ちよく小遣いを渡すことによって旦那のテンションも上がりますし、自分自身も気持ちよく過ごすことができるはずです。
小遣いを渡すと言うと一般的にはただ渡すだけ、もしくは旦那の口座へ直接振り込むと言う場合もあるでしょう。
しかしそれでは旦那が小遣いをもらった時に感じる幸福度は低くなってしまいます。
旦那の幸福度をあげるためには、「いつも家族のために働いてくれてありがとう」と感謝の気持ちを述べながら渡すことです。
なかなか感謝の気持ちを面と向かって言うことは少ないです。
そのため口に出すことによって旦那のやる気もアップするのです。
その他にも一度に小遣いを渡すのではなく、何かをしてくれた対価に小遣いを渡すのも喜ぶ人が多いです。
例えばいつも休日は自分のために使っている旦那が家族のためにサービスをしてくれた場合、小遣いを渡すなどです。
子どものお小遣いのような制度ではありますが、確実に旦那のやる気もアップするでしょう。

中にはボーナス全額を旦那に渡すという家庭も

その家によって家庭の色は変わってきます。
家庭の中には夫婦が共働き夫婦もいるでしょうし、妻が専業主婦と言う場合もあるでしょう。
どの家庭が正解なのかは判断するべきものではありません。
もし自分の家庭は他の家とは違うと感じたとしても、それを悪いと思うことはないのです。
旦那へ渡す小遣いの額も家庭によって様ざまです。
多くの家庭ではボーナスの何割かを渡すようですが、ボーナスは旦那への頑張りの証なのだからと、全額を旦那の小遣いにしてしまう人もいるようです。
旦那としては嬉しい臨時収入でしょう。
ボーナスの全額を渡す家族も、臨時収入によって旦那の日々の頑張りが増えるのならば、納得できると思うのかもしれません。
しかし現実問題として家族のことを考えるとボーナスの全てを旦那へ渡してしまうのは厳しいでしょう。
ボーナスの使い道は家庭によって違うところではありますが、預貯金にあてる場合などが多いようです。
今後子どもの成長に合わせて最高の教育を受けさせたいと思うのならば、少しでも預貯金に余裕をもたせたいと思うのは親心です。
旦那へ全額ボーナスを小遣いとして渡すことも1つの手段ですが、今後ののことをじっくりと考えて渡すようにするといいのではないでしょうか。

ボーナスをもらったら夫婦で話し合いを

夫婦生活が長くなると、パートナーが考えていることや、今どんな気持ちなのだろうかと言うことが、顔を見たり雰囲気で感じ取れることがあります。
夫婦はよく似てくると言いますが、同じことを考えているという夫婦もいるようです。
逆に夫婦生活が長ければ、夫婦間には聞かなくても当たり前にわかることがあると錯覚してしまうことがあります。
その1つがボーナスの使い道でしょう。
妻は今後のための預貯金に充てたいと思っていたとして、旦那は一部は自分の小遣いになると当然に思っていたら、ボーナスの使い道で喧嘩してしまう可能性があります。
パートナーは当然自分の気持ちを分かっていると思うのではなく、話し合いをすることをオススメします。
話し合いをすることによって、ボーナスの使い道で喧嘩をするリスクは回避することができますし、今後の家計管理について話し合いをするきっかけも生まれるはずです。
話し合いをする上で注意するべきことがあります。
それは相手の言い分もしっかりと聞き入れることです。
もし旦那が小遣いを一割でもいいから欲しいと言うのであれば、譲歩することも必要なのです。
いつも自分の意見が正しいと思うのではなく、相手の意見も正しいかもしれないとしっかり聞いてあげましょう。
意見を聞かないだけでも拗ねてしまう旦那もいるので注意してください。