注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

男の着物の種類は?格式別・着物の種類と着用ルールを紹介

男性の着物には色々な種類があります。
どのようなシーンにどのような着物が良いかをしっかり理解していないと、格式に合わない着物を着用して恥をかいてしまうこともあります。

もしもご主人が着物を着用することになったら、あなたは妻としてしっかり対応することができるでしょうか。

ここでは、男性の着物の種類についてお伝えします。最近では着物を着る機会も少なくなってきました。こちらでご紹介する内容を参考にして、その場の格式に合った着物を着用し、和の心を楽しみましょう。

また、着物を着用するときのルールについてもご紹介しますので、こちらも併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

50代男性ファッション・中年太りが気になるメンズコーデのコツ

50代の旦那さまにどんなファッションが似合うのか知りたい奥さまもいますよね。50代の男性の旦那さまの...

【自撮りのコツ】全身写真の撮り方とおしゃれな写真の写し方

自分の全身写真を自撮りしたいと思っても、全身をおしゃれに写すのはなかなか難しいものです。 一体...

自撮りでラブラブ写真を写そう!カップルが二人の写真を写すコツ

彼氏とラブラブの素敵な写真を残したいと思っているのに、うまく自撮りできずに納得できる写真を写せない人...

男はいい匂いの女が好き!シャンプーの匂いが長く続く洗髪方法

男はいい匂いのする女性が好きです。特に男性からの人気が高い匂いは「シャンプーの匂い」です。 確...

男の頭皮の臭いの原因は?正しいシャンプーの方法を解説

自分のご主人の頭皮の臭いが気になっている奥さまもいるのではないでしょうか。そんなときはシャンプーの仕...

簡単、時短で化粧直しをしたいときにはこのやり方がおすすめです

化粧直しの時間がないときにはどのようにして行えばいいのでしょうか? 素早く化粧直しをしたいとき...

化粧直しをするときのやり方とは?自然に仕上げる方法を紹介

化粧直しをするときには、どのような事に気をつけたらいいのでしょうか。化粧直しをしてもすぐにメイクがよ...

目の下のたるみが気になるときのハイライトの入れ方

ハイライトは顔を立体的に見せる、小顔に見せるなどの効果がありますが部分使いすることによって細かい部分...

彼氏との旅行で持ち物はコレ!おすすめや過ごし方のポイント

彼氏との旅行での持ち物は、つい何を持って行くべきか悩んでしまいますよね。 あまり荷物が大きくなって...

【布ナプキンの使い方講座】基礎知識と種類・取り扱い方法

ナチュラル志向が強い女性や健康管理に気を使っている女性の中には、布ナプキンについて興味を持っている人...

12月の星座とは?性格はどんな人が多い?12月生まれについて

星座で性格は変わるのでしょうか?気になる人が12月生まれという人は、ぜひ誕生日を聞いてみて射手座なの...

50代女性のファッションコーディネート・自分に似合う服選び

50代になると、子育の手が離れて自分に使う時間も増えてきますよね。今まではできなかったファッションに...

自撮りで集合写真を写すコツ!失敗しない集合写真の写し方

集合写真を自撮りするとき、全員の素敵な表情を写真に写すことができずに頭を悩ませている人もいるのではな...

男のスキンケア方法!思春期男子のニキビ肌の正しいスキンケア

思春期の男の子の子育をしている女性の中には、お子さんのニキビ肌が気になっている人もいるのではないでし...

彼氏が好きかわからないときの診断方法。対処方法も紹介

今付き合っている彼氏とうまくいっていますか?彼氏のことが好きですか? 実は付き合ってはいるもの...

スポンサーリンク

男の着物の種類・一番格式が高い着物は黒紋付

着物には第一礼装と呼ばれる格式が高い着物があるのをご存知ですか?
公的な儀式や喪服に、結婚式の花婿が着るのも、この第一礼装です。

しかし普段着物を着用することが無いと、どの様に違いがあるのか、また女性だと男性の第一礼装に関しては知識が少ない方もいらっしゃるでしょう。

実は男性の着物、第一礼装は女性の様に年齢などが関係しないため、どのようなものを着ることが必要なのかを覚えておくだけでOKです。

次にご紹介する点について注意をしましょう。

黒羽二重五つ紋付き

先述したとおり年齢に関係なく五つ紋付きに羽織、袴が正装となり、一番格式の高い着物となります。

家紋が5つ入るのが黒紋付、足袋、羽織紐は白を着用します。喪服のときのみ、羽織紐はグレーや黒を用います。

黒羽二重五つ紋付きを着る時は特別な時となりますので、その地域によっての細部についての習慣や、小物着用のルールについてはプロの着付けの方に確認をすると良いでしょう。

その他に見かける色付きの羽織袴に関しては準礼装となりますので、次でご紹介をしていきます。

男の着物・準礼装の色紋付の着物の種類について

男性の着物、準礼装の色紋付についてご紹介をいたします。

色紋付というように第一礼装の黒紋付とは違い、色がついている紋付きです。結婚式などでは男性招待客は準礼装となります。

略礼装、準礼装と言われる色紋付ですが、五つ紋を付けることで結婚式の新郎が着ることもできます。

五つ紋をつけて正礼装にする場合、袴は黒羽二重五つ紋付きの場合と同様、仙台平の縞柄を選ぶ事で正礼装とみなされます。結婚式に招待された場合などは準礼装となりますので、色紋付に五つ紋、三つ紋である場合も、袴は無地の袴となります。

色紋付は紋の数で格式が決まり、また素材によっても格式に違いがあります。準礼装として着用する場合には、コチラにも注意をしましょう。

男の着物・略礼装について

色紋付、色羽二重はお茶会やパーティーなどに着用することができ、略礼装となります。また場面によっては羽織を着用せずに正装となる場合もありますので、来ていく場所によって注意をしましょう。

略礼装になると長着に紋が入らなくてもOK!羽織に紋が一つ以上入っていれば略礼装として着用することができます。

小物については白足袋を着用しますが、半襟、帯、羽織紐は着物に合わせて選ぶ方が多く見られます。着物を着慣れているかどうか、また合わせる色や小物によって、センスが光るところと言って良いでしょう

袴は黒羽二重五つ紋付きの場合、仙台平の縞柄を選びます。しかし準礼装の色紋付では無地の袴などを合わせます。色紋付の場合でも格式の高い五つ紋を付けるときには、先述したように仙台平の縞柄を選び正礼装とみなされます。

略礼装は紋の数の他にも、素材によって格式に違いがあり、色羽二重の次がお召となり、紬というように順番付けらることも、覚えておきたい点の一つです。

紬は普段着に近い装いになりますので、袴を選ぶときには、仙台平の縞柄を合わせるのは不釣り合いとなるので注意が必要となります。

よそ行きやおしゃれ着の種類の着物

男性の着物の第一礼装、準礼装、略礼装など礼装着ついてご紹介をしてきました。そしてもちろん男性の着物にも、礼装着だけではなく、女性の着物のようによそ行きやおしゃれ着も存在します。

では、どの様な着物が男性のよそ行き、おしゃれ着と言えるのか。それは着物に羽織を着ることで普段着と一線をひくことができるのです。洋装で考えるとジャケットですね。洋装と同じ様に、着物も気軽に羽織一枚でおしゃれ着として楽しむことができるというわけです。

さらにきちんとした場所によそ行きとして、着物を着用したい場合は袴を付けることで、格式を上げることができ、また略礼装でお話をしたように、着物の素材でも区別をつけることができます。

一般的には紬やお召を来て、パーティーなどに出ることができますよ。

気軽なパーティか、かしこまった場のパーティかなど、その集まりによって着こなしを変える工夫をしてくださいね。

普段着として着用できる男の着物

普段着として男性が着物を着用する場合、羽織も必要がなくなります。長着に帯だけで気軽に着物を楽しむことができるので、より着物が身近なものとなりますね。

また紬よりも、さらにカジュアルな化繊や木綿などの素材もあり、価格も抑えることができ、価格面でも気軽に手にできる範囲となるでしょう。

素材によっては家庭で洗濯可能な物もあり、夏場など汗をかいたり、汚したりしてしまっても気にせずに着用できる点も普段着の着物の良い点です。

家庭で洗濯をしたい場合にはウールやポリエステル、木綿や麻など洗える着物を選んでくださいね。

もちろん洗濯をするときの注意点はありますので、洗濯表示を確認して行うようにすることを忘れないでください。洗濯だけでなく干す場合も陰干しなどの注意点はしっかりと守って、お気に入りの着物を長く楽しめるようにしましょう。

着物はちょっと、着こなすことが難しく敬遠しがちですが、ポイントを抑えることで充分に楽しむことが可能です。特に普段着の着こなしは自由な点が多く、構える必要がありません。着物に興味がある方は、まず手軽な普段着から始めてみてはいかがでしょうか。魅力にはまってしまうかもしれませんよ。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:687 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 687