注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

ハイライトの入れ方のポイント顔のタイプ・パーツ別に紹介します

小顔に見せたり、立体感を出すことができるハイライトはどのようにして入れたらいいのでしょうか?

アイメイクに時間をかけても、ハイライトが上手く入っていなければのっぺりとした印象になりがちです。メリハリを出すことでハリや艶っぽく見せることもできますよ。

ハイライトを入れる場所は決まっていますが、顔のタイプによって入れ方が変わってきます。自分の顔に合わせてハイライトを入れるようにしましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男の臭いの原因は年齢で違う!年代別の臭いの原因と対処法

息子の臭いや旦那の臭いが気になっている主婦のみなさんも多いのではないでしょうか。一体どうして臭いがす...

【布ナプキンの使い方講座】基礎知識と種類・取り扱い方法

ナチュラル志向が強い女性や健康管理に気を使っている女性の中には、布ナプキンについて興味を持っている人...

会社のおじさんがしつこい!険悪にならないように対処をしよう

会社のおじさん社員がしつこい事に頭を悩ませている女性もいますよね。話が長い、食事の誘いをいつもしてく...

男ウケの良いメイクはナチュラルメイク!目元のメイク方法

どんなメイクが男ウケの良いメイクなのか、知りたい女性もいるのではないでしょうか。特に目元に自信がない...

失恋から立ち直るのが早いのは女性!辛い恋を乗り越えて先に進む

失恋から立ち直るのが早いのは女性だという話を聞いたことがある人もいますよね。今まさに、失恋をして辛い...

50代女性のファッション【冬編】コーディネートのコツを紹介

50代になると、ファッションを楽しみたいと思っても、勇気がなくて挑戦できないという女性もいますよね。...

妊娠報告を友達からされた時に使える返信と注意点

友達からラインを使って妊娠報告をされた時、どんな返信をすればいいのか迷ってしまうことがあります。 ...

洗濯物をいい匂いにする方法とは?洗い方やコツをご紹介

洗濯物をいい匂いにするにはどうしたらいいのでしょうか?洗剤や柔軟剤を変えてもなぜか洗濯物が臭うという...

40代女性のファッション・カジュアルファッションの楽しみ方

40代でもカジュアルファッションを楽しみたいと考えている女性はたくさんいます。ですが、どんなふうにコ...

男は意外と女の爪を見ていた!手入れされて清潔感のある爪が人気

あなたは自分の爪の手入れをしていますか?男性は意外と女性の爪を見ています。ささくれがあったりネイルが...

簡単、時短で化粧直しをしたいときにはこのやり方がおすすめです

化粧直しの時間がないときにはどのようにして行えばいいのでしょうか? 素早く化粧直しをしたいとき...

どうやって汚れを落とせばいい?メイクブラシの洗い方について

メイクブラシはどのような洗い方をしたらいいのでしょうか?なんとなく、水で洗うことに抵抗のあるメイクブ...

会社のおじさん上司が嫌い。苦手な上司との接し方と対処法

会社の人とは上手くやっていきたいと思いますが、中には苦手な人がいるというのは仕方のないことです。 ...

男性へプレゼント【3000円以内】大学生の友人はコレを贈ろう

大学生の友人男性に3000円以内でプレゼントを贈りたいと考えた時、一体どんな物を贈ればいいのかわから...

男とのめんどくさいLINEのやめ方は?上手な対処法を解説

めんどくさいと感じている男性とLINEのやり取りをすることを億劫に感じてしまう女性もいますよね。やり...

スポンサーリンク

ハイライトにはどんな効果がある?入れる順番について

ハイライトを入れることでどのような効果があるのでしょうか?ハイライトは目鼻立ちのはっきりした人のためのものと思ってはいませんか?

目鼻立ちがハッキリしていない、フェイスラインが気になる人こそ、ハイライトがおすすめ

ハイライトを入れることによって、そこに光が当たっているように見せることができます。

光が当たる部分は高い位置として見せることができるので、顔にメリハリがあるように見えるのです。

ハイライトの種類

  • 広い部分に使えるパウダータイプ
  • ツヤっぽく仕上げるクリームタイプ
  • 自然に仕上がるリキッドタイ

使いやすいのはパウダータイプですが、どのように仕上げたいかで使い分けるといいでしょう。

ハイライトをつける順番

おでこや頬など広い部分のハイライト

つける順番は、ファンデーションをつける前もしくは後になります。

なぜ、前後となるのか?
自然に見せたいのならファンデーションをつける前、ツヤやハリがあるように見せたいときにはファンデーションの後、使い分けることで仕上がりが変わるからです。

目や口元など細かい部分のハイライト

ポイントメイクを済ませてから行います。

広い部分はブラシを使い、細かい部分や自然に仕上げたいときには指を使いましょう。

ハイライトは顔のタイプによって入れ方が違います

ハイライトを入れる目的は、顔を立体的に見せる、シャープに見せるなど顔全体の仕上がりのバランスをよくすることですよね。

しかし、顔の形は一人一人違います。

自分の顔のタイプに合ったハイライトの入れ方をしましょう。

ハイライトの入れ方【丸顔】

丸顔の人はできるだけ顔を長く見せるようにハイライトを入れます。おでこから鼻筋まで、目下から小鼻の横に向かって入れるようにしてください。

また、あごにハイライトを入れることで縦に長く見せることができます。

ハイライトの入れ方【面長】

面長の人はできるだけ横に広く見せるために、眉間の間と目の下部分にハイライトを入れてください。鼻は眉間から一直線に入れるのではなく、鼻筋の半分から入れます。

縦に長く入れるのではなく横に広げて入れることで顔を丸く見せることができます。

パーツ別ハイライトの入れ方を紹介

おでこのハイライトの入れ方

おでこにハイライトを入れるときには眉間の上辺りに丸くいれます。小顔に見せたいなら、広く入れずに眉間から鼻先に向かって入れるようにしましょう。

鼻のハイライトの入れ方

鼻筋にハイライト、鼻横にノーズシャドウを入れることで、鼻を高く見せることができます。

目の横、鼻先には濃くハイライトを入れます。その間の部分は薄くなるよう手でなじませてください。

ノーズシャドウは眉頭の下から小鼻に向かって入れます。眉頭は太めに入れ、徐々に細くしていきましょう。

眉周りのハイライトの入れ方

眉の下の眉尻部分にハイライトを入れることによって、顔のバランスをよく見せることができます。

眉尻から細く眉の中心まで入れてください。そのまま眉頭まで眉毛を逆立てるようにして入れると柔らかい印象をだすことができます。

目元のハイライトの入れ方(目頭・涙袋)

目にハイライトを入れるときには、目の形によって入れ方が変わってきます。

目が細い人 目頭部分を濃く入れ、目尻に向かって徐々に薄くしていきます。
まぶたが重く見える人 目頭よりも上の部分からそのまま目を覆うようにして下まぶたの中心までハイライトを入れます。
目を大きく見せたい人 目頭部分とまっすぐ前を見た時の瞳の下部分にハイライトを入れます。

目尻に縦にハイライトを入れることで目を大きく見せることができます。

自然な涙袋を作りたいときににもハイライトが効果的

目下に入れるときにはできるだけ細く入れるようにしましょう。

目下に広くハイライトを入れてしまうと、クマのように見えてしまいます。

カバーしたい目的によってハイライトの色を選びましょう

ハイライトは光が当たっているように見せる場所なので、ほとんどの人は自分の肌より明るい色の白いものを選んでいるのではないでしょうか?

しかし、ハイライトには色の種類があり、その色によってカバーできることが違ってきます。

白いハイライト

顔に立体感を出してくれます。肌の血色に関係なく、スタンダードなハイライトと言えます。

丸顔の人は縦を意識して、面長の人は横を意識して入れましょう。

パープルやブルー系のハイライト

透明感を出してくれてくすみをカバーしてくれます。白いハイライトを入れるとそこだけが目立ってしまう人はすこし色の落ち着いたパープルやブルー系のハイライトがおすすめです。

ピンク系のハイライト

肌を明るく元気に見せてくれます。肌の色が白く、顔色が悪く見えてしまう人は目の下や唇の上、あごにハイライトを入れましょう。

イエロー系のハイライト

顔の赤味が強い人におすすめです。また、にきびなどの肌荒れが気になるときにもカバーしやすい色となります。

日本人は、どちらかというと肌が黄色よりなのでイエロー系のハイライトが馴染みやすいです。

ゴールド系のハイライト

白いハイライトをさらに強くしたような印象になります。目頭、目元に入れることでハリや艶感を出すことができます。

ハイライトの入れ方のコツとポイント

ハイライトはただ顔を立体的に見せるだけでなく、気になる部分をカバーしてくれる役立ちアイテムだったんですね。

ただし、入れ方を間違えてしまうと悪目立ちしてしまうので気をつけましょう。自分の肌に合う色を選ぶことも大切です。

ハイライトの効果をアップさせるには下地との相性にも注意

ハイライトだけでハリや艶を出すのではなく、下地を明るめのものにするなどして調整をしましょう。

下地で肌の色を整えておくことで、ハイライトを控えめに入れれば自然に仕上げることができますよ。

ハイライトは、どこの部分にどれだけ入れるかでちょうどよさが変わってきます。パールやゴールドのハイライトは少し入れただけでもかなり目立つのでつけすぎないように気をつけてください。

ハイライトを入れるときには、暗い場所で行わないでくださいね。

最後に自然光で確認できればいいですが、外に出るのが難しい場合は日中でも電気を付けてメイクをしましょう。