注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

ハイライトの入れ方のポイント顔のタイプ・パーツ別に紹介します

小顔に見せたり、立体感を出すことができるハイライトはどのようにして入れたらいいのでしょうか?

アイメイクに時間をかけても、ハイライトが上手く入っていなければのっぺりとした印象になりがちです。メリハリを出すことでハリや艶っぽく見せることもできますよ。

ハイライトを入れる場所は決まっていますが、顔のタイプによって入れ方が変わってきます。自分の顔に合わせてハイライトを入れるようにしましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

リキッドファンデーションの使い方とは?下地から仕上げまで

リキッドファンデーションを自然に仕上げるにはどうしたらいいのでしょうか?ムラになってしまう…すぐによ...

男の爪は綺麗な方が良い!爪が綺麗な男性心理と爪でわかる性格

最近では爪を綺麗にお手入れしている男性も増えてきています。爪のお手入れをするのは女性の方が多いと思う...

化粧の順番はどのように行うと崩れしにくい?始めから仕上げまで

化粧をするときにはどのような順番で行っていますか?実は化粧の順番によって、メイクのもちが良くなったり...

12月の星座とは?性格はどんな人が多い?12月生まれについて

星座で性格は変わるのでしょうか?気になる人が12月生まれという人は、ぜひ誕生日を聞いてみて射手座なの...

結婚を意識している彼氏との相性占いは参考程度に捉えよう

結婚を意識している彼氏がいる場合、相性占いなどで本当に結婚できるか、結婚後も上手くいくかどうかなど知...

【布ナプキンの使い方講座】基礎知識と種類・取り扱い方法

ナチュラル志向が強い女性や健康管理に気を使っている女性の中には、布ナプキンについて興味を持っている人...

彼氏ができる暗示?夢占いで知らない人が出できた場合の意味

男性の知らない人が夢に出てくると、その人が彼氏になるのでは?と期待する女性も多いのではないでしょうか...

男のいい匂いはフェロモン?好きな男性の匂いを女性が好きな理由

好きな男性の匂いを、いい匂いに感じる女性はたくさんいます。この匂いは男性のフェロモンなのか、気になっ...

男の頭皮の臭いの原因は?正しいシャンプーの方法を解説

自分のご主人の頭皮の臭いが気になっている奥さまもいるのではないでしょうか。そんなときはシャンプーの仕...

40代男性ファッション!カッコよく見えるメンズコーディネート

「昔はカッコよかったのに40代になったらカッコよさが影を潜めてしまった」自分のご主人に、こんなふうに...

男性へのプレゼント・20代におすすめの3000円前後のギフト

いつもお世話になっている男性の誕生日に、プレゼントを贈りたいと考えている女性もいますよね。 でも、...

50代女性のファッションコーディネート・自分に似合う服選び

50代になると、子育の手が離れて自分に使う時間も増えてきますよね。今まではできなかったファッションに...

ボーナスは旦那にいくら渡すか。一般的な割合と話し合いのルール

旦那のボーナスが出たら、旦那にはいくら渡すか、奥さんとしては毎回悩むという方も多いのではないでしょう...

自撮りのコツ!角度や目線・小顔に写るコツを知って可愛く撮ろう

スマホを使って自撮りをするとき、少しでも可愛く写したい・小顔に見えるように自撮りしたいと思うのが乙女...

妊娠報告を友達からされた時に使える返信と注意点

友達からラインを使って妊娠報告をされた時、どんな返信をすればいいのか迷ってしまうことがあります。 ...

スポンサーリンク

ハイライトにはどんな効果がある?入れる順番について

ハイライトを入れることでどのような効果があるのでしょうか?ハイライトは目鼻立ちのはっきりした人のためのものと思ってはいませんか?

目鼻立ちがハッキリしていない、フェイスラインが気になる人こそ、ハイライトがおすすめ

ハイライトを入れることによって、そこに光が当たっているように見せることができます。

光が当たる部分は高い位置として見せることができるので、顔にメリハリがあるように見えるのです。

ハイライトの種類

  • 広い部分に使えるパウダータイプ
  • ツヤっぽく仕上げるクリームタイプ
  • 自然に仕上がるリキッドタイ

使いやすいのはパウダータイプですが、どのように仕上げたいかで使い分けるといいでしょう。

ハイライトをつける順番

おでこや頬など広い部分のハイライト

つける順番は、ファンデーションをつける前もしくは後になります。

なぜ、前後となるのか?
自然に見せたいのならファンデーションをつける前、ツヤやハリがあるように見せたいときにはファンデーションの後、使い分けることで仕上がりが変わるからです。

目や口元など細かい部分のハイライト

ポイントメイクを済ませてから行います。

広い部分はブラシを使い、細かい部分や自然に仕上げたいときには指を使いましょう。

ハイライトは顔のタイプによって入れ方が違います

ハイライトを入れる目的は、顔を立体的に見せる、シャープに見せるなど顔全体の仕上がりのバランスをよくすることですよね。

しかし、顔の形は一人一人違います。

自分の顔のタイプに合ったハイライトの入れ方をしましょう。

ハイライトの入れ方【丸顔】

丸顔の人はできるだけ顔を長く見せるようにハイライトを入れます。おでこから鼻筋まで、目下から小鼻の横に向かって入れるようにしてください。

また、あごにハイライトを入れることで縦に長く見せることができます。

ハイライトの入れ方【面長】

面長の人はできるだけ横に広く見せるために、眉間の間と目の下部分にハイライトを入れてください。鼻は眉間から一直線に入れるのではなく、鼻筋の半分から入れます。

縦に長く入れるのではなく横に広げて入れることで顔を丸く見せることができます。

パーツ別ハイライトの入れ方を紹介

おでこのハイライトの入れ方

おでこにハイライトを入れるときには眉間の上辺りに丸くいれます。小顔に見せたいなら、広く入れずに眉間から鼻先に向かって入れるようにしましょう。

鼻のハイライトの入れ方

鼻筋にハイライト、鼻横にノーズシャドウを入れることで、鼻を高く見せることができます。

目の横、鼻先には濃くハイライトを入れます。その間の部分は薄くなるよう手でなじませてください。

ノーズシャドウは眉頭の下から小鼻に向かって入れます。眉頭は太めに入れ、徐々に細くしていきましょう。

眉周りのハイライトの入れ方

眉の下の眉尻部分にハイライトを入れることによって、顔のバランスをよく見せることができます。

眉尻から細く眉の中心まで入れてください。そのまま眉頭まで眉毛を逆立てるようにして入れると柔らかい印象をだすことができます。

目元のハイライトの入れ方(目頭・涙袋)

目にハイライトを入れるときには、目の形によって入れ方が変わってきます。

目が細い人 目頭部分を濃く入れ、目尻に向かって徐々に薄くしていきます。
まぶたが重く見える人 目頭よりも上の部分からそのまま目を覆うようにして下まぶたの中心までハイライトを入れます。
目を大きく見せたい人 目頭部分とまっすぐ前を見た時の瞳の下部分にハイライトを入れます。

目尻に縦にハイライトを入れることで目を大きく見せることができます。

自然な涙袋を作りたいときににもハイライトが効果的

目下に入れるときにはできるだけ細く入れるようにしましょう。

目下に広くハイライトを入れてしまうと、クマのように見えてしまいます。

カバーしたい目的によってハイライトの色を選びましょう

ハイライトは光が当たっているように見せる場所なので、ほとんどの人は自分の肌より明るい色の白いものを選んでいるのではないでしょうか?

しかし、ハイライトには色の種類があり、その色によってカバーできることが違ってきます。

白いハイライト

顔に立体感を出してくれます。肌の血色に関係なく、スタンダードなハイライトと言えます。

丸顔の人は縦を意識して、面長の人は横を意識して入れましょう。

パープルやブルー系のハイライト

透明感を出してくれてくすみをカバーしてくれます。白いハイライトを入れるとそこだけが目立ってしまう人はすこし色の落ち着いたパープルやブルー系のハイライトがおすすめです。

ピンク系のハイライト

肌を明るく元気に見せてくれます。肌の色が白く、顔色が悪く見えてしまう人は目の下や唇の上、あごにハイライトを入れましょう。

イエロー系のハイライト

顔の赤味が強い人におすすめです。また、にきびなどの肌荒れが気になるときにもカバーしやすい色となります。

日本人は、どちらかというと肌が黄色よりなのでイエロー系のハイライトが馴染みやすいです。

ゴールド系のハイライト

白いハイライトをさらに強くしたような印象になります。目頭、目元に入れることでハリや艶感を出すことができます。

ハイライトの入れ方のコツとポイント

ハイライトはただ顔を立体的に見せるだけでなく、気になる部分をカバーしてくれる役立ちアイテムだったんですね。

ただし、入れ方を間違えてしまうと悪目立ちしてしまうので気をつけましょう。自分の肌に合う色を選ぶことも大切です。

ハイライトの効果をアップさせるには下地との相性にも注意

ハイライトだけでハリや艶を出すのではなく、下地を明るめのものにするなどして調整をしましょう。

下地で肌の色を整えておくことで、ハイライトを控えめに入れれば自然に仕上げることができますよ。

ハイライトは、どこの部分にどれだけ入れるかでちょうどよさが変わってきます。パールやゴールドのハイライトは少し入れただけでもかなり目立つのでつけすぎないように気をつけてください。

ハイライトを入れるときには、暗い場所で行わないでくださいね。

最後に自然光で確認できればいいですが、外に出るのが難しい場合は日中でも電気を付けてメイクをしましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:687 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 687