注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

化粧直しをするときのやり方とは?自然に仕上げる方法を紹介

化粧直しをするときには、どのような事に気をつけたらいいのでしょうか。化粧直しをしてもすぐにメイクがよれてしまう、化粧直しをしたところが目立ってしまうなど自然に仕上げるのは難しかったりしますよね。

キレイに仕上げて、またメイクを長持ちさせるにはきちんと汚れや皮脂を落とすことがポイントとなります。

ファンデーションや気になるテカリなど化粧直しのやり方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

優しい男性と恋愛がしたい!本当に優しい男性か見分ける方法

優しい男性と恋愛がしたいと考える女性はたくさんいます。でも、付き合う前は優しかったのに、お付き合いが...

男の臭い対策!加齢臭の原因と気になる臭いの予防方法を解説

男性も女性も年齢を重ねるにつれて、加齢臭の臭いが気になってくるものです。最近ご主人の枕から加齢臭がす...

40代に似合うファッション。大人女子冬のきれいめコーデ

40代になると、ちょっと体型の変化を感じるという女性も多いと思います。今までと同じ服を着ても、なんだ...

男で爪が長い人の心理!爪で彼女がいるかのチェックができる

おしゃれを意識して爪を伸ばしている女性もいますが、男性の中にも爪が長い人がいます。 自分が好意...

妊娠報告を友達からされた時に使える返信と注意点

友達からラインを使って妊娠報告をされた時、どんな返信をすればいいのか迷ってしまうことがあります。 ...

女性が笑顔だと男性は好きになりやすい?笑顔の作り方

モテる女性は笑顔でいることが多い?男性に好きになってもらうきっかけのひとつとなると言われている「笑顔...

12月の星座とは?性格はどんな人が多い?12月生まれについて

星座で性格は変わるのでしょうか?気になる人が12月生まれという人は、ぜひ誕生日を聞いてみて射手座なの...

40代男性ファッション!カッコよく見えるメンズコーディネート

「昔はカッコよかったのに40代になったらカッコよさが影を潜めてしまった」自分のご主人に、こんなふうに...

優しい男性の特徴!彼氏候補を選ぶ時にチェックしたいこと

女性に、彼氏にしたいタイプは?と聞くと『優しい男性』と答える人は多いと思います。どんなに見た目がカッ...

50代女性のファッション【冬編】コーディネートのコツを紹介

50代になると、ファッションを楽しみたいと思っても、勇気がなくて挑戦できないという女性もいますよね。...

男の眉毛・太い眉毛の印象と彼氏の眉毛をカッコよくする方法

眉毛は人の印象を変えます。男の人の中には眉毛が太いことにコンプレックスを感じている人もいるようです。...

ハイライトの入れ方のポイント顔のタイプ・パーツ別に紹介します

小顔に見せたり、立体感を出すことができるハイライトはどのようにして入れたらいいのでしょうか? ...

男性に喜ばれるプレゼントはコレ!30代男性へのプレゼント相場

30代の男性にはどんな誕生日プレゼントを贈れば喜ばれるのか知りたいという女性もいますよね。自分の旦那...

どうやって汚れを落とせばいい?メイクブラシの洗い方について

メイクブラシはどのような洗い方をしたらいいのでしょうか?なんとなく、水で洗うことに抵抗のあるメイクブ...

目の下のたるみが気になるときのハイライトの入れ方

ハイライトは顔を立体的に見せる、小顔に見せるなどの効果がありますが部分使いすることによって細かい部分...

スポンサーリンク

あなたはどちらのタイプ?オイリー肌と乾燥肌の化粧直しのやり方

化粧直しをするときには、あなたの肌がどんな状態なのかを知っておかなくてはいけません。

乾燥肌の人であっても、鼻やおでこはテカってしまう、オイリー肌の人でも目元、口元は乾燥してしまうなど部分によって化粧直しをする必要があります。

乾燥肌の人

化粧直しをする場合は、まずベースメイクをとってからすることをおすすめします。

化粧直しで使うのは乾燥しにくいクリーム系のファンデーションがいいでしょう。肌に密着させるように塗ってください。

オイリー肌の人

まずスポンジやティッシュで気になる部分をおさえます。メイクを落とすときには、乳液ではなく化粧水でファンデーションを浮かし皮脂をオフするようにしてください。

混合肌の人

あぶらとり紙を使い皮脂汚れをとりましょう。それから、化粧水を使いメイク直しをしたい場所をオフします。

やり方は季節によって違う!夏と冬の化粧直し

化粧が崩れる原因は季節によっても変わってきます。夏は、汗で化粧が崩れやすく冬は乾燥によって化粧が崩れやすいと言えます。

夏の化粧直しは崩れ具合で方法が変わる

どのくらい化粧が崩れているかによって直し方が変わります。

おでこや鼻だけが気になる その部分のファンデーションをオフして化粧直しをしましょう。
  • 頬のテカっていたり毛穴落ちしている状態
  • 汗をかいたとき
一度メイクを落としてから化粧直しをしたほうがいいでしょう。

化粧直しをしない目的でメイクを厚くするのは逆効果。

日焼け止め、下地などファンデーションは適量つけるようにしましょう。

冬の化粧直しはうるおいを与えることが大切

化粧水を使い、皮脂や汚れをオフしたあとにコットンに乳液をつけ、ファンデーションをオフします。

テカリがでやすい部分は乳液を使わず、頬や目元、口元など乾燥している部分にだけ乳液を使いましょう。

化粧水で保湿をしてても、オフをしないでファンデーションで化粧直しをすると、皮脂や汚れがついたままとなり化粧のノリはもちろん持ちもよくありません。

メイクを一度、リセットさせることが化粧直しをきれいに仕上がるポイントとなります。

夏であっても、冬であっても、全体的に化粧崩れが気になるときにはクレンジングシートなどで落としてしまったほうがやりやすいかもしれません。

時間に余裕があるときには一度全部を落としてから化粧直しをするといいでしょう。

化粧水や乳液を使った化粧直しのやり方

化粧水や、乳液を使って化粧直しをするときにはどのようにして行えばいいのでしょうか。それぞれの使い方を紹介します。

化粧水を使って化粧直しをするとき

  1. まずティッシュを使い皮脂や汚れをオフしてください。
  2. それから全体に化粧水を吹きかけます。
  3. 手やティッシュで肌になじませてから化粧直しをしてください。

できるだけ、ミストの細かいものが化粧直しには向いています。

テカリが気になる人は、皮脂コントロールのできる化粧水を選ぶといいでしょう。

化粧水を使って化粧直しをすると乾燥してしまうという人は乳液を使って化粧直しをしましょう。

乳液を使って化粧直しをするとき

  1. まずは皮脂や汚れをオフします。
  2. スポンジに乳液をつけ、化粧直しをしたい場所に優しく伸ばしてください。

化粧直しに向いている乳液は、オイルフリーのものではなく油分が含まれているものとなります。

乳液を使うと肌がベタついてしまうという人は、さっぱり系の乳液や化粧水で化粧直しをするようにしてください。

ファンデーションの化粧直しのやり方とは?種類別に紹介します

ファンデーションの化粧直しをするときにしてはいけないのが、何もせずにそのまま重ねることです。

ヨレや上から塗った感が出てしまうので気をつけましょうまずはオフします。

リキッドファンデーション、BBクリームの化粧直し

化粧直しをしたい場所の皮脂や汚れ、ファンデーションをオフしてから指にリキッドファンデーションを少なめにとりつけ点置きします。

多くつけてしまうと、化粧直しをしない部分まで広がってしまうので少なくとり、足りなければ増やすようにしてください。

指の腹で優しく伸ばし、細かい部分は小指を使ってください。

化粧水を含ませたスポンジを使うのもおすすめです。

パウダーファンデーションの化粧直し

顔全体の皮脂や汚れをまずオフします。こすって落とすのではなく、スポンジに化粧水を含ませファンデーションを優しく拭き取るようにしてください。

メイクを落とした境目の部分をファンデーションをつけずにスポンジで押さえます。それからパウダーファンデーションを少しつけて軽くのせるようにしましょう。

スポンジよりもメイク直しのときにはファンデーションブラシを使うほうがムラになりにくく薄くつけることができます。

スポンジと使い分けることで、清潔に保つこともできます。

フェイスパウダーの化粧直し

リキッドファンデーションやパウダーファンデーションの化粧直しの時間を短縮させたいときにはフェイスパウダーがおすすめです。

フェイスパウダーは固形のプレストパウダーと粉末状のルースパウダーがあります。

初心者におすすめなのはプレストパウダーとなり飛び散ることもないので持ち運びにも便利です。

フェイスパウダーでの化粧直しは、サラサラな仕上がりとなるので、乾燥が気になるときにはオフしたあとに化粧水や乳液などで保湿してからにするといいでしょう。

時間がなく素早く化粧直しをしたいときにはこちらの記事を参考にしてください。

関連記事

簡単に化粧直しをするやり方とは?時短方法を紹介します 素早くメイクを直したいというとき ティッシュで直したい部分を押さえます。 化粧下地をスポンジにつけ、直したいファンデーションの部分を落とします。 整ったらまた新た[…]

鼻周りのテカリや皮脂が気になるときの化粧直しのやり方

鼻周りやテカリがでたときの化粧直しで大切なのは、一度リセットすることです。ベタベタしていたりテカリが気になる部分にそのままファンデーションをつけないようにしてください。

また、化粧直しをするときにはすぐに直したい部分からではなく他に直す部分を終えてから最後に行いましょう。そうすることで、ファンデーションがつきすぎるのを防止できます。

小鼻が油っぽくすぐにテカリがでてしまう場合

きちんと皮脂や汚れを落とし薄く美容液を塗りましょう。

乳液を塗りすぎるとまたメイクが崩れる原因となるので美容液のほうが化粧直しをするときには向いています。
  • 美容液をきれいなスポンジに付けてさっと押さえてください。
  • すぐにファンデーションをつけずに少し時間を置くか、ティッシュでオフしてください。
  • ファンデーションをつけるときは、こすらずに優しくおさえるような感じで塗ってください。

毛穴落ちしたファンデーションを直すとき

その部分のファンデーションをオフしてください。スキンケアをして、5分置いてからファンデーションを塗りましょう。

目元の化粧直しもやり方は同じ!オフしてから直しましょう

目元の化粧直しも、一度落としてから行いましょう。このときには化粧水、乳液、美容液などを使ってメイクをオフしてください。

アイシャドウの化粧直し

  1. アイシャドウを外側から落としていきます。
  2. 化粧水で整えたあと、コンシーラーをファンデーションの代わりにつけます。
  3. そのあとにフェイスパウダーをしておくと崩れるのを防止できます。
  4. それからアイメイクをしてください。
アイメイクは、ペンタイプのメイクリムーバーが落としやすくポーチもかさばりません。

アイラインやマスカラを直すとき

朝のメイクのように全部につけるのではなく足りないところを補うように行いましょう。完全にアイメイクを落としているときには朝と同じように行ってください。

目下の部分の化粧直し

綿棒を使ってオフするといいでしょう。目下にもコンシーラー、フェイスパウダーを塗ると目元を明るくすることができます。

口元を直すときに

保湿してからにすると伸びがよくなります。リップ(口紅)を塗ったあとはティッシュで押さえることで落ちにくくなります。

化粧直しをしたあとに、肌を元気に見せたいのならチークや口元を忘れずに行いましょう。

チークはパウダーよりもクリームチークのほうが長持ちします。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:687 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 687