注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

男ウケの良いメイクはナチュラルメイク!目元のメイク方法

どんなメイクが男ウケの良いメイクなのか、知りたい女性もいるのではないでしょうか。特に目元に自信がない人は、メイクでそれをカバーしたいと考えることでしょう。

世の中の男性たちは、どんなメイクの女性に好感を持つのでしょうか。男ウケの良いメイクと、NGなメイクについて知って、男性にモテるかわいい女性に変身しましょう。

ここでは、男性が好きな女性のメイクと、日本人女性に多い奥二重の女性の、目元のメイク方法についてお伝えします。

男性の理想と女性の理想は違うことも多いです。魅力的な目元になって、気になる男性を是非振り向かせてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男の嫉妬は怖い!職場の女性に嫉妬する理由と見せる行動・対処法

一生懸命仕事をしているだけなのに、職場の男性に嫉妬されて辛い思いをしている女性も世の中にはいます。 ...

簡単、時短で化粧直しをしたいときにはこのやり方がおすすめです

化粧直しの時間がないときにはどのようにして行えばいいのでしょうか? 素早く化粧直しをしたいとき...

彼氏が好きかわからないときの診断方法。対処方法も紹介

今付き合っている彼氏とうまくいっていますか?彼氏のことが好きですか? 実は付き合ってはいるもの...

女性が笑顔だと男性は好きになりやすい?笑顔の作り方

モテる女性は笑顔でいることが多い?男性に好きになってもらうきっかけのひとつとなると言われている「笑顔...

男とのめんどくさいLINEのやめ方は?上手な対処法を解説

めんどくさいと感じている男性とLINEのやり取りをすることを億劫に感じてしまう女性もいますよね。やり...

男の眉毛・太い眉毛の印象と彼氏の眉毛をカッコよくする方法

眉毛は人の印象を変えます。男の人の中には眉毛が太いことにコンプレックスを感じている人もいるようです。...

男が臭いのはなぜ?20代男性の臭いの原因とメカニズム・対処法

自分の息子の臭いを「臭い」と感じたことがある女性もいるのではないでしょうか。男の人はなぜ臭いが気にな...

50代男性ファッション・中年太りが気になるメンズコーデのコツ

50代の旦那さまにどんなファッションが似合うのか知りたい奥さまもいますよね。50代の男性の旦那さまの...

失恋から立ち直るのが早いのは女性!辛い恋を乗り越えて先に進む

失恋から立ち直るのが早いのは女性だという話を聞いたことがある人もいますよね。今まさに、失恋をして辛い...

会社のおじさん上司が嫌い。苦手な上司との接し方と対処法

会社の人とは上手くやっていきたいと思いますが、中には苦手な人がいるというのは仕方のないことです。 ...

【布ナプキンの使い方講座】基礎知識と種類・取り扱い方法

ナチュラル志向が強い女性や健康管理に気を使っている女性の中には、布ナプキンについて興味を持っている人...

リキッドファンデーションの使い方とは?下地から仕上げまで

リキッドファンデーションを自然に仕上げるにはどうしたらいいのでしょうか?ムラになってしまう…すぐによ...

50代女性のファッション【冬編】コーディネートのコツを紹介

50代になると、ファッションを楽しみたいと思っても、勇気がなくて挑戦できないという女性もいますよね。...

ボーナスは旦那にいくら渡すか。一般的な割合と話し合いのルール

旦那のボーナスが出たら、旦那にはいくら渡すか、奥さんとしては毎回悩むという方も多いのではないでしょう...

メンズの髪型は?白髪が気になる50代の旦那におすすめの髪型

髪の毛のお悩みとして、歳を重ねると気になってくるのが白髪です。自分の旦那の白髪が気になっているという...

スポンサーリンク

男ウケの良いアイメイクは?目元はナチュラルに

メイクはアイメイク次第で顔の印象をガラリと変えてしまいます。そのため、デートの日などはアイメイクに気合を入れてしまいがち。

しかし女性が良いと思うアイメイクと、男性が良いと思うアイメイクには違いがあることを忘れてはいけません。

気合十分のアイメイクは男性に引かれてしまう可能性大なのです。では、どの様なアイメイクだと男ウケが良いのでしょうか?

実はナチュラルメイクだと、世の男性たちは可愛らしい!と思い、好感のもてるメイクだと感じています。まさに女子アナが施しているようなメイクが男ウケするというわけです。

ここぞというときには、目元は気合を入れすぎずナチュラルに仕上げるのがおすすめです!

こんな目はNG!男ウケの悪いアイメイク

では逆にどんなメイクが男ウケの悪いメイクなのか?それは先程も少し触れたように、気合の入った目元バッチリメイク。

気合の入った目元バッチリメイクは男ウケが悪い

目が大きく見えて、目力を与えてくれるアイランも太すぎるとNG!男性からすると、やりすぎを感じたり、滲んでしまうと清潔感にかけると感じる場合もあるようです。

また個性的なアイメイクは女性にとって、可愛らしくキュートに感じますが、男性からすると、ただの奇抜な色を目元に乗せているだけに思われ、好感度は低くなってしまいます。

アイシャドウもブルーやグリーン、パープルなどは男性とのデートには不向きだと考え、自分に似合う無難な色を選んでください。

日本人に多い奥二重の女性のアイメイク・アイシャドウについて

男ウケを考えると、ナチュラルメイクがデートでは基本となります。そして自分に似合うメイクを取り入れることが大切です。

そこで日本人に多い、奥二重に似合うアイメイクやアイシャドウについてご紹介をしていきます。

アイメイクには可愛らしくて、男ウケもバッチリなピンクを選ぶ方が多いのですが、奥二重の方に赤系のアイシャドウはNG。どうしても腫れぼったい印象を与えがちです。

おすすめのカラーはベージュやブラウン。スッキリとした印象を与えてくれるので、奥二重のまぶたにもマッチし、可愛らしい目元を演出してくれるでしょう。

また日本人の肌の色にもベージュやブラウンは、キレイに移ります。アイメイクをベージュ系にした場合、チークも同じカラーベースに合わせると統一感がでてきます。

その他のポイントとしては、奥二重の瞳にはアイラインをしっかりと入れて、目元を大きく見せたいところですが、奥二重の魅力は、なんと言っても目を伏せた時に、ちらりと見えるアイメイクです。この点を充分に踏まえて、やはり主張の大きい太いアイラインはNGと言えます。

スッキリとそして目元のポイントとなるアイラインの引き方は、目の中央から目尻に向けてラインを入れます。目尻が強調されることによって、奥二重の腫れぼったい印象が薄くなります。

男ウケの良い目元になるメイク・アイラインと涙袋

目元のメイク、男ウケを考えるなら涙袋も忘れてはいけません。しかしオシャレすぎなモード系になってしまっても、男ウケはよくありません。

あくまでもナチュラルに涙袋のメイクを行ってください。

アイシャドウは自分の目元に似合う色のものを乗せていきます。奥二重の方なら先述したように、ベージュ系のアイシャドウをまぶたに付けます。そして涙袋ですが、コチラも同じ色を薄めに伸ばします。

涙袋のメイクは、同じ色を使用することと、あくまでも薄めにつけることです。しかし目のくまが気になる場合には、アイシャドウと一体化してしまうと逆効果になってしまうので、ワンランク明るい同じベージュ系のアイシャドウを涙袋に乗せてください。

アイシャドウを伸ばしたら、その後にアイラインを入れていきます。この時も自分の目にあったアイラインの入れ方に注意をしましょう。

基本はナチュラルメイクなので、薄く引くことに意識をしてくださいね。

男ウケの良いナチュラルメイク・まつげなビューラーでしっかり上げる

目元をぱっちりとさせたい、アイメイクで目元の印象づけをしたい。そのためにアイラインをしっかりと入れる方が多いと思いますが、ナチュラルメイクではアイラインが太すぎるのはNGです。

そこで目元をぱっちりと見せるために役立つのが、マスカラです。まつげの印象でも目元に大きな違いが出ますよ。

そしてアイラインに対しては抵抗感を見せる男性ですが、まつげパッチリは好まれ可愛らしいと感じているようです。しっかりとビューラーを使用して、マスカラで目元のアクセントをつけてくださいね。

とは言っても付け過ぎで、盛りに盛ったまつげはやりすぎです。あくまでも自然なナチュラルメイクを目指してください。

  • ポイントはビューラーの使用方法
    ビューラーを使い慣れていないと、まつげが直角になってしまったり、すぐにまつげのカールが落ちてきてしまうことがあります。ビューラーは根本から数回に分けて挟んでいきます。またカールをあげすぎると、ナチュラル感が薄くなりますので、上げすぎにも注意をしましょう。
  • マスカラの使い方
    マスカラをつける時は、ダマにならないように注意をしましょう。マスカラのブラシに液が付きすぎていないか、余分なマスカラ液は取り除きまつげに付けていきます。まずはビューラーでカールした根本にしっかりとマスカラを付けていきます。まつげの根本にブラシを押し当てマスカラ液を付着させて、上へとブラシをずらしていきます。マスカラは薄付を数回付けていきますが、ダマになることを防ぐためには、なるべく回数は少なくしてください。

これで目元メイクが完成です。ナチュラルなアイメイクで男性をキュンとさせてしまいましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:687 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 687