注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

どうやって汚れを落とせばいい?メイクブラシの洗い方について

メイクブラシはどのような洗い方をしたらいいのでしょうか?なんとなく、水で洗うことに抵抗のあるメイクブラシですが、ずっと洗わないのも気になりますよね。

メイクブラシを使った後は、このようなお手入れをしてお化粧のノリがよくないと思ったら洗ってあげるタイミングと言えます。
他にもこんな状態になったときには洗うタイミングとなるので確認してみてください。
あなたの持っているメイクブラシの種類は天然毛?それともナイロン?
それによって洗う時の洗剤を変える必要があります。汚れを落としたいときには無水エタノールがおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

髭(産毛)の正しい剃り方!女性のための髭剃り講座

女性でも鼻の下の産毛のお手入れをちょっとサボってしまうと、髭のように目立ってしまうこともあります。実...

優しい男性と恋愛がしたい!本当に優しい男性か見分ける方法

優しい男性と恋愛がしたいと考える女性はたくさんいます。でも、付き合う前は優しかったのに、お付き合いが...

洗濯物をいい匂いにする方法とは?洗い方やコツをご紹介

洗濯物をいい匂いにするにはどうしたらいいのでしょうか?洗剤や柔軟剤を変えてもなぜか洗濯物が臭うという...

化粧の順番はどのように行うと崩れしにくい?始めから仕上げまで

化粧をするときにはどのような順番で行っていますか?実は化粧の順番によって、メイクのもちが良くなったり...

男のスキンケア方法!思春期男子のニキビ肌の正しいスキンケア

思春期の男の子の子育をしている女性の中には、お子さんのニキビ肌が気になっている人もいるのではないでし...

男性へのプレゼント相場!50代男性上司へのプレゼントの選び方

50代の男性上司にプレゼントを贈りたいけど、一体どんな物を選べば良いのかわからない人もいるのではない...

メンズの髪型は?白髪が気になる50代の旦那におすすめの髪型

髪の毛のお悩みとして、歳を重ねると気になってくるのが白髪です。自分の旦那の白髪が気になっているという...

男が臭いのはなぜ?20代男性の臭いの原因とメカニズム・対処法

自分の息子の臭いを「臭い」と感じたことがある女性もいるのではないでしょうか。男の人はなぜ臭いが気にな...

彼氏へのプレゼントに贈りたい財布。彼氏が喜ぶ財布の選び方

彼氏へのクリスマスプレゼントの定番の一つにお財布があります。 彼氏へ贈りたいという場合には、ど...

簡単、時短で化粧直しをしたいときにはこのやり方がおすすめです

化粧直しの時間がないときにはどのようにして行えばいいのでしょうか? 素早く化粧直しをしたいとき...

化粧が先?それとも服が先?メイクと着替えの順番を紹介

お気に入りの服を着るときには、メイクをしてから着替えるべきか着替えてからメイクをするべきか迷ってしま...

彼氏との旅行・冬の旅行の行き先でおすすめの場所や決め方を紹介

彼氏と初めての旅行に行くことになったら、行き先をどこにしようか悩んでしまうこともあります。せっかく二...

男友達に贈るクリスマスプレゼント相場と選び方・おすすめを紹介

男友達にクリスマスプレゼントを贈りたいけど、一体どんな物をプレゼントすれば良いのかわからずに頭を悩ま...

男とのめんどくさいLINEのやめ方は?上手な対処法を解説

めんどくさいと感じている男性とLINEのやり取りをすることを億劫に感じてしまう女性もいますよね。やり...

男がピアスを右だけにしているときの意味は?ピアスが語る意味

男性が右だけにピアスをしているときは、一体どんな意味があるのでしょうか。最近ではピアスをしているおし...

スポンサーリンク

メイクブラシの普段のお手入れ方法と洗うタイミング

メイクブラシはどんなタイミングで洗ったらいいのでしょうか?

毛先が毛羽立っている、うまくメイクができない、毛が固くなるなどのメイクのしづらさが目立ってきたらメイクブラシを洗うタイミングとなります。

メイク道具を洗う頻度

リキッドやクリーム状のメイク道具に使うブラシはだいたい2周間に一度は洗えるといいですね。

しかし、毎日使うようであればもう少し洗う頻度を増やしたほうが衛生的です。

パウダーに使うメイクブラシは一ヶ月に一度は洗いたいところです。

本格的に洗うのはこのようなタイミングとなりますが、一番しなくてはいけないのがメイクブラシの普段のお手入れとなります。

メイク後の普段の手入れ

できるだけ使った後は、粉を落とし、ティッシュで拭き取ってください。

使った後にそのまましまってしまうと、メイクブラシの寿命を短くしたり、粉のつきが悪くなってしまいます。

毛の長いメイクブラシはクシでとかしましょう。毛が切れるのを防ぐため毛先の方からとかし、徐々に根本もとかすようにしましょう。

保管は涼しく日の当たらない場所に毛先をつぶさないよう立てておけるといいですね。湿気も避けるようにしてください。

洗剤は家にあるものでいい?人工毛メイクブラシの洗い方

人工毛のメイクブラシを洗うときには、このような洗剤を使いましょう。

使える洗剤

  • 中性洗剤
  • 人工毛メイクブラシ専用クリーナー

洗い方

  1. ぬるま湯を200ml用意して洗剤を数滴入れてください。
  2. 金属部分にはつけないようにして優しく洗います。
  3. 汚れがでなくなったらよくすすいでください。

リキッドファンデーションのようなオイリーなものを使ったメイクブラシを洗うときには、洗剤の量を増やしてください。

メイクブラシはつけおきせずに、汚れを落としたらすぐに洗い流しましょう。タオルで水気をとり乾かします。

メイクブラシの専用洗剤を使うときは表示に従ってください。ストレートタイプと薄めるタイプがあります。

家にある洗剤を使うとき、メイクブラシの専用洗剤を使うときもまずは普段のお手入れの方法で先に汚れを落とし、クシでとかしておきましょう。

天然毛を洗うときのポイントメイクブラシの洗い方

天然毛のメイクブラシを洗うときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

動物の毛が使われているメイクブラシを洗うときには、自分の髪を洗うようなイメージで洗うといいでしょう。

使える洗剤

  • シャンプー
  • クレンジング入り洗顔料
  • 天然毛メイクブラシ専用クリーナー

洗い方

  1. 毛の部分をぬるま湯で濡らしてから、泡立てた洗剤を使い手のひら上でくるくると洗ってください。
  2. 優しくメイクブラシをもんで汚れを落とします。
  3. 手で軽くしぼり、清潔なタオル、キッチンペーパーで水気をとってください。

ブラシの根本に付いた汚れを落としたい時

ぬるま湯の中に入れ汚れを浮かせてから手のひらで洗うといいでしょう。

注意点

水では油汚れが落ちにくいので、ぬるま湯で洗ってください。熱すぎるお湯はブラシを傷めてしまうので気をつけましょう。

シャンプーや洗顔を毛に直接つけると泡立てるだけで、強いダメージを与えてしまうので必ず泡立てた洗剤で洗ってください。

天然毛のメイクブラシはできるだけ水につけないほうがいいので、普段のお手入れを忘れないよう行ってください。

メイクブラシは乾かし方が重要!かならず乾かしきりましょう

メイクブラシを乾かすときには、ドライヤーや直射日光を避け陰干しで乾かしましょう。

水気をとるときに、ブラシの根本をタオルなどに押し付けないようにしてください。強く握るのもよくありません。

水気をとったメイクブラシは毛先を整えて下向きに干す

毛先を上にして干すと、つなぎ目部分に水がたまりカビや毛が抜けてしまう原因となります。

輪ゴムなどでメイクブラシをくくりひっかけ、毛先が下になるようにしましょう。

毛先を下にして乾かすことが難しいとき

タオルをたたみその上にメイクブラシを置き、毛先をタオルに当てないように浮かせた状態で干しましょう。

どのように干しても乾ききるまで三日間ぐらいはかかります。

中まで乾いているか確認してから使うようにしてください。

メイクブラシ交換のタイミング

メイクブラシを何度か洗い、毛がゴワゴワしている、毛の量が少なくなったときには交換時期となります。

乾かしている間は使うことができないので、予備としてもうひとつ用意しておくのもおすすめです。

メイクブラシの汚れを完璧に落としたいなら無水エタノールを使った洗い方がおすすめ

メイクブラシはできるだけ、水で洗わないほうがいいのですが汚れてきたらそうも言っていられませんよね。

水で洗う他に汚れを落とす方法はある?
水以外で洗うには、「無水エタノール」や「パウダー」で洗浄する方法があります。

無水エタノールを使った洗い方

  1. ガラスの容器に無水エタノールを入れ、メイクブラシをその中でくるくると混ぜてください。
  2. 汚れが無水エタノールに浮いてきたら新しい無水エタノールに入れ替え汚れがでなくなるまで繰り返してください。
  3. 汚れが落ちたら、乾かしてください。

エタノールには皮脂汚れを落としやすく殺菌効果がある

乾きも早いのでリキッドファンデーションやクリーム状のメイク汚れに適しています。

無水エタノールはアルコールと同じ扱いとなるので、使ったものは洗面所やトイレなどに流せます。

パウダーを使った洗い方

リキッドファンデーションやクリーム状のメイクに使ったメイクブラシではなく、パウダー状のチークやアイシャドウに使ったメイクブラシの汚れを落とす方法です。

  1. ビニール袋にベビーパウダーを入れ、メイクブラシをその中で優しく揺らします。
  2. メイクブラシについていた汚れや使っていたメイクがベビーパウダーに移ります。
  3. 色がベビーパウダーにつかなくなるまで、何回か取り替えてください。

ベビーパウダーで洗ったあとはティッシュで粉を落とし、クシでとかしてください。

メイクブラシの洗い方まとめ

メイクブラシは普段のお手入れや洗うことが必要ということがわかりましたね。

  • 種類によって、使う洗剤に違いがあること
  • ゴシゴシと汚れを落とすように洗わず優しく洗うこと
  • 干すときは毛先を下にする

これらの方法で洗うようにしてください。

毛の長いメイクブラシや、乾かす時間を短縮させたいときには水を使わない洗い方がおすすめです。

お手入れや洗うことで、メイクブラシの使いにくさや汚れを落とすことができるのでお手入れはコマメに、洗浄は定期的に行いましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:687 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 687