注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

どうやって汚れを落とせばいい?メイクブラシの洗い方について

メイクブラシはどのような洗い方をしたらいいのでしょうか?なんとなく、水で洗うことに抵抗のあるメイクブラシですが、ずっと洗わないのも気になりますよね。

メイクブラシを使った後は、このようなお手入れをしてお化粧のノリがよくないと思ったら洗ってあげるタイミングと言えます。
他にもこんな状態になったときには洗うタイミングとなるので確認してみてください。
あなたの持っているメイクブラシの種類は天然毛?それともナイロン?
それによって洗う時の洗剤を変える必要があります。汚れを落としたいときには無水エタノールがおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

40代女性のファッションコーディネートで多いお悩みを解決

女性が40代になると、10代や20代の頃と比べて体型の崩れが気になるようになってきますよね。今までは...

男の爪は綺麗な方が良い!爪が綺麗な男性心理と爪でわかる性格

最近では爪を綺麗にお手入れしている男性も増えてきています。爪のお手入れをするのは女性の方が多いと思う...

男友達への誕生日プレゼント【高校生編】相場や選び方を紹介

高校生の男友達の誕生日プレゼントは、一体どんな物が喜ばれるのか知りたい人もいるのではないでしょうか。...

40代男性ファッション!カッコよく見えるメンズコーディネート

「昔はカッコよかったのに40代になったらカッコよさが影を潜めてしまった」自分のご主人に、こんなふうに...

結婚を意識している彼氏との相性占いは参考程度に捉えよう

結婚を意識している彼氏がいる場合、相性占いなどで本当に結婚できるか、結婚後も上手くいくかどうかなど知...

【布ナプキンの使い方講座】基礎知識と種類・取り扱い方法

ナチュラル志向が強い女性や健康管理に気を使っている女性の中には、布ナプキンについて興味を持っている人...

女性が笑顔だと男性は好きになりやすい?笑顔の作り方

モテる女性は笑顔でいることが多い?男性に好きになってもらうきっかけのひとつとなると言われている「笑顔...

会社のおじさんに好かれる女性の顔・性格・態度の特徴を解説

なぜか会社のおじさんに好かれる女性がいますよね。会社のおじさんたちの態度が明らかに自分に対する態度と...

男性へのプレゼント・20代におすすめの3000円前後のギフト

いつもお世話になっている男性の誕生日に、プレゼントを贈りたいと考えている女性もいますよね。 でも、...

【一人暮らしの人のための風水術】インテリアの色を考えよう

風水で運気アップしたいと思っても、ワンルームの一人暮らしの人はどんな色のインテリアにすればいいのか迷...

男子高校生の正しいスキンケア・思春期ニキビの洗顔方法と対処法

思春期の男のお子さんがいるママたちの中には、思春期ニキビに悩むお子さんをお持ちの方もいるのではないで...

男の頭皮の臭いの原因は?正しいシャンプーの方法を解説

自分のご主人の頭皮の臭いが気になっている奥さまもいるのではないでしょうか。そんなときはシャンプーの仕...

会社のおじさんがしつこい!険悪にならないように対処をしよう

会社のおじさん社員がしつこい事に頭を悩ませている女性もいますよね。話が長い、食事の誘いをいつもしてく...

【自撮りのコツ】全身写真の撮り方とおしゃれな写真の写し方

自分の全身写真を自撮りしたいと思っても、全身をおしゃれに写すのはなかなか難しいものです。 一体...

40代女性のファッション・カジュアルファッションの楽しみ方

40代でもカジュアルファッションを楽しみたいと考えている女性はたくさんいます。ですが、どんなふうにコ...

スポンサーリンク

メイクブラシの普段のお手入れ方法と洗うタイミング

メイクブラシはどんなタイミングで洗ったらいいのでしょうか?

毛先が毛羽立っている、うまくメイクができない、毛が固くなるなどのメイクのしづらさが目立ってきたらメイクブラシを洗うタイミングとなります。

メイク道具を洗う頻度

リキッドやクリーム状のメイク道具に使うブラシはだいたい2周間に一度は洗えるといいですね。

しかし、毎日使うようであればもう少し洗う頻度を増やしたほうが衛生的です。

パウダーに使うメイクブラシは一ヶ月に一度は洗いたいところです。

本格的に洗うのはこのようなタイミングとなりますが、一番しなくてはいけないのがメイクブラシの普段のお手入れとなります。

メイク後の普段の手入れ

できるだけ使った後は、粉を落とし、ティッシュで拭き取ってください。

使った後にそのまましまってしまうと、メイクブラシの寿命を短くしたり、粉のつきが悪くなってしまいます。

毛の長いメイクブラシはクシでとかしましょう。毛が切れるのを防ぐため毛先の方からとかし、徐々に根本もとかすようにしましょう。

保管は涼しく日の当たらない場所に毛先をつぶさないよう立てておけるといいですね。湿気も避けるようにしてください。

洗剤は家にあるものでいい?人工毛メイクブラシの洗い方

人工毛のメイクブラシを洗うときには、このような洗剤を使いましょう。

使える洗剤

  • 中性洗剤
  • 人工毛メイクブラシ専用クリーナー

洗い方

  1. ぬるま湯を200ml用意して洗剤を数滴入れてください。
  2. 金属部分にはつけないようにして優しく洗います。
  3. 汚れがでなくなったらよくすすいでください。

リキッドファンデーションのようなオイリーなものを使ったメイクブラシを洗うときには、洗剤の量を増やしてください。

メイクブラシはつけおきせずに、汚れを落としたらすぐに洗い流しましょう。タオルで水気をとり乾かします。

メイクブラシの専用洗剤を使うときは表示に従ってください。ストレートタイプと薄めるタイプがあります。

家にある洗剤を使うとき、メイクブラシの専用洗剤を使うときもまずは普段のお手入れの方法で先に汚れを落とし、クシでとかしておきましょう。

天然毛を洗うときのポイントメイクブラシの洗い方

天然毛のメイクブラシを洗うときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

動物の毛が使われているメイクブラシを洗うときには、自分の髪を洗うようなイメージで洗うといいでしょう。

使える洗剤

  • シャンプー
  • クレンジング入り洗顔料
  • 天然毛メイクブラシ専用クリーナー

洗い方

  1. 毛の部分をぬるま湯で濡らしてから、泡立てた洗剤を使い手のひら上でくるくると洗ってください。
  2. 優しくメイクブラシをもんで汚れを落とします。
  3. 手で軽くしぼり、清潔なタオル、キッチンペーパーで水気をとってください。

ブラシの根本に付いた汚れを落としたい時

ぬるま湯の中に入れ汚れを浮かせてから手のひらで洗うといいでしょう。

注意点

水では油汚れが落ちにくいので、ぬるま湯で洗ってください。熱すぎるお湯はブラシを傷めてしまうので気をつけましょう。

シャンプーや洗顔を毛に直接つけると泡立てるだけで、強いダメージを与えてしまうので必ず泡立てた洗剤で洗ってください。

天然毛のメイクブラシはできるだけ水につけないほうがいいので、普段のお手入れを忘れないよう行ってください。

メイクブラシは乾かし方が重要!かならず乾かしきりましょう

メイクブラシを乾かすときには、ドライヤーや直射日光を避け陰干しで乾かしましょう。

水気をとるときに、ブラシの根本をタオルなどに押し付けないようにしてください。強く握るのもよくありません。

水気をとったメイクブラシは毛先を整えて下向きに干す

毛先を上にして干すと、つなぎ目部分に水がたまりカビや毛が抜けてしまう原因となります。

輪ゴムなどでメイクブラシをくくりひっかけ、毛先が下になるようにしましょう。

毛先を下にして乾かすことが難しいとき

タオルをたたみその上にメイクブラシを置き、毛先をタオルに当てないように浮かせた状態で干しましょう。

どのように干しても乾ききるまで三日間ぐらいはかかります。

中まで乾いているか確認してから使うようにしてください。

メイクブラシ交換のタイミング

メイクブラシを何度か洗い、毛がゴワゴワしている、毛の量が少なくなったときには交換時期となります。

乾かしている間は使うことができないので、予備としてもうひとつ用意しておくのもおすすめです。

メイクブラシの汚れを完璧に落としたいなら無水エタノールを使った洗い方がおすすめ

メイクブラシはできるだけ、水で洗わないほうがいいのですが汚れてきたらそうも言っていられませんよね。

水で洗う他に汚れを落とす方法はある?
水以外で洗うには、「無水エタノール」や「パウダー」で洗浄する方法があります。

無水エタノールを使った洗い方

  1. ガラスの容器に無水エタノールを入れ、メイクブラシをその中でくるくると混ぜてください。
  2. 汚れが無水エタノールに浮いてきたら新しい無水エタノールに入れ替え汚れがでなくなるまで繰り返してください。
  3. 汚れが落ちたら、乾かしてください。

エタノールには皮脂汚れを落としやすく殺菌効果がある

乾きも早いのでリキッドファンデーションやクリーム状のメイク汚れに適しています。

無水エタノールはアルコールと同じ扱いとなるので、使ったものは洗面所やトイレなどに流せます。

パウダーを使った洗い方

リキッドファンデーションやクリーム状のメイクに使ったメイクブラシではなく、パウダー状のチークやアイシャドウに使ったメイクブラシの汚れを落とす方法です。

  1. ビニール袋にベビーパウダーを入れ、メイクブラシをその中で優しく揺らします。
  2. メイクブラシについていた汚れや使っていたメイクがベビーパウダーに移ります。
  3. 色がベビーパウダーにつかなくなるまで、何回か取り替えてください。

ベビーパウダーで洗ったあとはティッシュで粉を落とし、クシでとかしてください。

メイクブラシの洗い方まとめ

メイクブラシは普段のお手入れや洗うことが必要ということがわかりましたね。

  • 種類によって、使う洗剤に違いがあること
  • ゴシゴシと汚れを落とすように洗わず優しく洗うこと
  • 干すときは毛先を下にする

これらの方法で洗うようにしてください。

毛の長いメイクブラシや、乾かす時間を短縮させたいときには水を使わない洗い方がおすすめです。

お手入れや洗うことで、メイクブラシの使いにくさや汚れを落とすことができるのでお手入れはコマメに、洗浄は定期的に行いましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:687 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 687