注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

洗濯物をいい匂いにする方法とは?洗い方やコツをご紹介

洗濯物をいい匂いにするにはどうしたらいいのでしょうか?洗剤や柔軟剤を変えてもなぜか洗濯物が臭うというときには洗い方や柔軟剤の使い方を間違えているのかもしれません。

洗濯物をいい匂いにするには、まず臭いをとる事が大切です。

洗剤と柔軟剤の相性もあるので、選び方にもコツがあります。洗濯物のいい匂いにする方法、長持ちさせるポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男の着物の種類は?格式別・着物の種類と着用ルールを紹介

男性の着物には色々な種類があります。 どのようなシーンにどのような着物が良いかをしっかり理解してい...

男子高校生の正しいスキンケア・思春期ニキビの洗顔方法と対処法

思春期の男のお子さんがいるママたちの中には、思春期ニキビに悩むお子さんをお持ちの方もいるのではないで...

ボーナスは旦那にいくら渡すか。一般的な割合と話し合いのルール

旦那のボーナスが出たら、旦那にはいくら渡すか、奥さんとしては毎回悩むという方も多いのではないでしょう...

化粧の順番はどのように行うと崩れしにくい?始めから仕上げまで

化粧をするときにはどのような順番で行っていますか?実は化粧の順番によって、メイクのもちが良くなったり...

男は意外と女の爪を見ていた!手入れされて清潔感のある爪が人気

あなたは自分の爪の手入れをしていますか?男性は意外と女性の爪を見ています。ささくれがあったりネイルが...

メンズの髪型は?白髪が気になる50代の旦那におすすめの髪型

髪の毛のお悩みとして、歳を重ねると気になってくるのが白髪です。自分の旦那の白髪が気になっているという...

40代男性ファッション!カッコよく見えるメンズコーディネート

「昔はカッコよかったのに40代になったらカッコよさが影を潜めてしまった」自分のご主人に、こんなふうに...

【一人暮らしの人のための風水術】インテリアの色を考えよう

風水で運気アップしたいと思っても、ワンルームの一人暮らしの人はどんな色のインテリアにすればいいのか迷...

50代女性のファッション【冬編】コーディネートのコツを紹介

50代になると、ファッションを楽しみたいと思っても、勇気がなくて挑戦できないという女性もいますよね。...

自撮りでラブラブ写真を写そう!カップルが二人の写真を写すコツ

彼氏とラブラブの素敵な写真を残したいと思っているのに、うまく自撮りできずに納得できる写真を写せない人...

妊娠報告を友達からされた時に使える返信と注意点

友達からラインを使って妊娠報告をされた時、どんな返信をすればいいのか迷ってしまうことがあります。 ...

男のいい匂いはフェロモン?好きな男性の匂いを女性が好きな理由

好きな男性の匂いを、いい匂いに感じる女性はたくさんいます。この匂いは男性のフェロモンなのか、気になっ...

男ウケのいいメイクは?男がかわいいと思うのはナチュラルメイク

皆さんは、男ウケのいいメイクは一体どんなメイクかご存知でしょうか。 世の中の男性たちが「かわいい」...

会社のおじさんに好かれる女性の顔・性格・態度の特徴を解説

なぜか会社のおじさんに好かれる女性がいますよね。会社のおじさんたちの態度が明らかに自分に対する態度と...

40代に似合うファッション。大人女子冬のきれいめコーデ

40代になると、ちょっと体型の変化を感じるという女性も多いと思います。今までと同じ服を着ても、なんだ...

スポンサーリンク

洗濯物がいい匂いにならないのはナゼ?臭いの原因

きちんと洗濯をしているのに、なんとなく臭いが気になる・・・

”柔軟剤の匂いと嫌な臭いが混ざっている”と感じるときには、洗濯物に嫌な臭いの原因となる菌がいるせいかもしれません。

洗濯物を嫌な臭いにしてしまう菌とはどんなものなのでしょうか?

生乾きの嫌な臭いをさせるのはモラクセラ菌

洗濯物の水分や皮脂などを分解して糞のようなものを出します。この糞のようなものが臭いの原因となります。

モラクセラ菌は私たちの身体の中にも普段生活をしている場所にもいる常在菌

この菌自体に臭いはないのですが、モラクセラ菌が増え、活発に活動するようになると臭ってしまうので、できるだけ増やさないように洗濯をすること、モラクセラ菌の好む環境にしないことが大切です。

ではこのモラクセラ菌を増やさずに洗濯をするにはどうしたらいいのでしょうか?

モラクセラ菌は生命力が強い

普通に洗濯をしてもいなくなりません。

臭いの気になる洗濯物は40度以上のお湯で洗う

お湯で洗うのが難しいのであれば、バケツに40度から50度のお湯をはり、30分程度洗濯物をつけておきます。それからいつもどおりに洗濯をしてください。

素早く干すことも大切

できるだけ洗い終えたらすぐに干し、乾かしきるようにしてください。

生乾きの時間が長いと、モラクセラ菌の過ごしやすい環境となるので早く乾かす工夫も必要となります。

汗の臭いを落としたいときには、洗濯をする前に液体酸素系漂白剤を直接塗ると臭いや漂白ができます。

洗濯物をいい匂いにする方法と柔軟剤を使った洗い方

柔軟剤の効果を発揮させるには、まず嫌な臭いをさせないことが第一となります。

しかし、柔軟剤も正しい使い方をしなければモラクセラ菌の餌となってしまうので気をつけなくてはいけません。

良い匂いにしたいからといって、柔軟剤を多く入れてはいませんか?

洗濯物の量に対して柔軟剤の量が少なかったり多かったりすると柔軟剤の効果が薄まってしまいます。

使う柔軟剤に記載されている使用量を守ること

  • 柔軟剤はすすぎのタイミングで使うもの、必ず柔軟剤用の投入口に入れてください。
  • 二層式洗濯機や手洗いのときには、洗剤を流した後にすすぎの水がキレイになったタイミングで入れてください。
  • 洗剤が残っているときに柔軟剤を入れてしまうと、効果が出にくくなります。
  • 洗濯物の量も洗濯機に対して、きちんと洗える量を入れてください。

汚れを落としきれない、柔軟剤が行き届かないことのないよう適量で洗うようにしましょう。

脱水の時間は長すぎると柔軟剤の香りを飛ばしてしまい、短すぎると乾きにくくなってしまい臭いの原因となってしまいます。

3〜5分と洗濯機の設定されている時間で行ってください。

洗濯物をいい匂いにする洗剤の組み合わせとは

洗濯物をいい匂いにする洗剤と柔軟剤の組み合わせにはどんなものがあるのでしょうか?

洗濯洗剤の香りと柔軟剤の香りがケンカをしないように、同じメーカーで揃えたり似た香りのものを選ぶようにしましょう。

柔軟剤の香りを楽しみたい場合

無香料洗剤と組み合わせるのもいいでしょう。

嫌な臭いをさせない抗菌消臭作用のある洗剤を選び、香りの効果が長持ちする柔軟剤を組み合わせるのもおすすめです。

組み合わせとは別に、洗濯物の干し方によって洗剤を選ぶと嫌な臭いに対応できます。

外ではなく部屋に洗濯物を干す人は部屋干し対応の洗剤を選ぶといいでしょう。

柔軟剤の香りを長持ちさせるコツ

柔軟剤の香りを長持ちさせるには、できるだけ柔軟剤を残しやすい洗い方をしておくことが大切です。

汚れや汗がひどい洗濯物は、他の洗濯物と一緒に洗うのではなく事前に一回洗っておくといいでしょう。

汚れを先に落としておくことで嫌な臭いが落ち、香りがつきやすくなります。

柔軟剤のよい香りを洗濯物につけたいとき

すすいでいるときに洗濯機を止め30分程つけ置くと香りが残りやすくなります。

柔軟剤スプレー

また、柔軟剤と水で柔軟剤スプレーを作り乾いた服に直接吹きかけるのもいいでしょう。

作り方

柔軟剤を20倍の水で薄めるだけです。

100mlの水に5mlの柔軟剤を霧吹きに入れ混ぜれば出来上がりです。

もう少し香りを強くしなければ、柔軟剤を足して香りを弱くしたいときは柔軟剤を減らしてください。

柔軟剤を薄めることで、菌が繁殖しやすくなるので使い切れる量で作るようにしましょう。肌に直接つけないようにしてくださいね。

服にいい香りを残す収納時のポイント

クローゼットや衣類ケースにしまうときには、しっかり乾かしてから収納しましょう。

柔軟剤の香りを楽しみたいのなら、「柔軟剤シート」がおすすめです。

柔軟剤シートは、乾燥機を使うときに入れるものですが、薄手のタオルで柔軟剤シートを包み、クローゼットや衣類ケースに入れておくと柔軟剤の香りをほどよくつけることができます。

このとき、服に柔軟剤シートがつかないように気を付けましょう。

いい匂いになる洗濯物の干し方とは?部屋干しのすすめ

柔軟剤の香りを残すには、干し方も重要となります。

洗濯をした後は柔軟剤の香りがしたのに、乾いたときにはあまり香りが残っていない・・・

こんなときには干し方を変えてみましょう。

外で干すよりも室内で干すほうが、柔軟剤の香りが残りやすい

確かに外で乾かすほうが、生乾きになりにくく紫外線の効果で殺菌しやすいのですが、この強い日差しや風が香りも飛ばしてしまいます。

室内であれば、日差しや風に影響されずに干すことができますが、乾きにくいことで洗濯物が嫌な臭いになりやすくなってしまいます。

室内で干すポイント

できるだけ洗濯物と洗濯物の間隔をあけるようにして空気を循環させてください。

干す場所は換気しやすい洗面所や浴室がおすすめ。

狭くて干せないときには部屋の中央に干すといいでしょう。窓を開けられないときには、キッチンの換気扇をつけてください。

柔軟剤以外で洗濯物をいい匂いにする方法

柔軟剤の使い方や洗濯物の量を適量で洗うなど気をつけていても、嫌な臭いがするときには洗濯槽の掃除をしましょう。

洗濯機の洗濯槽はカビが発生しやすい環境にある

定期的な掃除が必要となります。

できれば一ヶ月に一回程度は掃除ができるといいですね!

今まで洗濯槽の掃除をしたことがない場合は、洗濯物に嫌な臭いをつけないためにも掃除をしましょう。

ドラム型洗濯機は塩素系の漂白剤を使って掃除する

漂白剤を入れ、標準コースで洗濯をします。槽洗浄コースがある場合はそちらを使ってください。終わったら蓋を開けたままにして乾かしてください。

縦型洗濯機は塩素系でも酵素系でもどちらも使用できる

洗濯槽に60℃くらいのお湯を溜め、そこに漂白剤を入れ洗いだけ行ってください。お湯を流さずにそのまま3時間~一晩ほどおいておき標準コースで洗濯機を回してください。カビが残っているようであれば、洗濯物を入れずにもういちど標準コースで洗濯槽をすすぎましょう。

洗濯機は洗濯物をきれいにするものなので、なんとなく汚れないイメージがありますが洗剤残りや衣類のほこり、よごれなどがついてしまうこともあるので洗濯物の臭いが気になるときには洗濯槽の掃除をしてみてください。

洗濯槽の掃除をするときには、洗剤の投入口やゴミ取りネット、乾燥や排水のフィルターなどの部分も一緒に掃除しておけるといいですね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:687 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 687