注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

窓拭きは新聞が便利!新聞で綺麗になる理由とやり方・コツを解説

面倒な窓拭きは、新聞を使うと簡単に掃除をすることができます。窓の掃除を面倒に感じてしまう人は、新聞を使って掃除をすれば、それまで面倒に感じていた窓掃除の印象が変わるかもしれません。

ここでは、新聞を使って窓掃除をすることについてお伝えします。新聞で窓拭きをすると良い理由や、窓を傷つけないように綺麗に掃除をする方法についてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

また、窓掃除にベストなタイミングや掃除の頻度についてもお伝えします。こちらも併せて参考にして、窓を綺麗に磨いて気持ちよく過ごしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼氏へおすすめの手料理と献立。料理下手さんでも失敗しない方法

彼氏へ初めて手料理を作るという時には、美味しいと思ってもらえるか心配ですよね。 料理が得意な方なら...

鍋で炊飯失敗!米の芯が残る理由と炊き方・美味しいアレンジ方法

土鍋でお米を炊いた時、炊飯に失敗すると芯が残ることがあります。 美味しいごはんを食べたいと思ってい...

赤ちゃん返りする旦那の気持ちは甘えが原因!対処法を解説

赤ちゃん返りと聞くと、子供が赤ちゃんの頃のような態度や行動を取ることを思い浮かべる人は多いのではない...

節約術をご紹介!毎日の食費を節約できる買い物方法を徹底解説

将来のことを考えて、頑張って節約をしようと考えている奥様もいますよね。買い物をするとき、どうすればう...

彼氏の「手料理食べたい」リクエスト。料理下手な彼女の対処法

独身実家暮らしの女性の多くは、料理は母親任せという方が多いのではないでしょうか。しかし、彼氏から「手...

献立を簡単に決めたい!一週間分の夕食に献立を簡単に立てる方法

毎日の夕食の献立に頭を悩ませている奥さまもいますよね。簡単に夕食の献立を決めたいと思っても、なかなか...

男の一人暮らしにおすすめの料理!料理上手な男は女性にモテる

一人暮らしをしている男性の中には、料理に挑戦してみようと考えている人もいるのではないでしょうか。 ...

セロリの葉は生で食べられる?大量消費できるセロリの食べ方

セロリの茎はサラダやスープ、炒めものでよく使うけれどセロリの葉はどのようにして消費したらいいのでしょ...

鍋を使ったお米の炊飯方法!鍋を使えば1合からでも簡単に炊ける

一人暮らしをしている人の中には、自宅に炊飯器がないという人もいますよね。でも炊きたての白いごはんが食...

彼氏に作ってあげたい手料理【和食編】愛情たっぷりの手料理を

一人暮らしをしている彼氏から「和食の手料理が食べたい」と言われ、彼氏のために手料理を作ってあげたいと...

彼氏に手料理を!和食を作って彼氏のハートと胃袋をガッチリ掴む

お付き合いをしている彼氏に、手料理を作ってあげたいと考えている女性もいますよね。特に、いつも外食やコ...

既婚者女性の恋・連絡や食事はOK?理性を保った行動をしよう

既婚者の女性の中には、夫以外の男性に恋心を抱いてしまう人もいます。「この先この人と素敵な恋愛ができた...

窓拭きに新聞を使いたい!でも手元に新聞がない時の対処法

窓拭きに新聞を使うと掃除が楽になるという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。 新...

料理が上手い女になって好きな人の心を掴む!料理上手になる方法

「料理が上手い女性は男性にモテる」という話を聞いた事がある女性もいるのではないでしょうか。 好...

彼氏に作ってあげたい手料理!彼氏が喜ぶおすすめレシピを紹介

大好きな彼氏の喜ぶ顔を見たいという女性は、彼氏に手料理を作ってあげてはいかがでしょうか。男性は、彼女...

スポンサーリンク

新聞紙を使って窓拭きをすると良いのはなぜ?新聞紙が効果的な理由

新聞紙を使って窓拭きをすると、新聞のインクが窓に付いて反対に汚れてしまうのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。

新聞のインクが窓拭きに効果を発揮してくれる

新聞のインクは油性の成分で、窓を水拭きしただけでは落とすことのできない汚れを落とす効果があります。

新聞のインクは主に油汚れを落とすときに効果を発揮します。新聞の油が油汚れを分解して汚れを浮かせてくれるため、力を入れてゴシゴシ水拭きするよりも楽に綺麗にすることができます。

更に、新聞を使って窓拭きをすることで、汚れを落とすだけでなく窓に汚れが付きにくくなる効果もあります。

新聞のインクが窓の表面を覆って膜を張ったような状態になるため、汚れが付きにくくなるという仕組みです。

窓を綺麗に掃除して、更に窓に汚れが付きにくくなるという、窓掃除に便利に使えるアイテムが新聞紙なのです。

新聞紙を使って窓拭きをしよう!新聞紙を使って窓拭きをするやり方

それでは、実際に新聞紙を使って窓拭きをするやり方についてご説明します。新聞紙を使って窓拭きをするときに必要なものや窓拭きの準備をして、窓をピカピカにしましょう。

必要なもの

  • 新聞紙・・・数枚(一日分の朝刊程度の量)
  • 洗面器やバケツ
  • ぬるま湯

窓拭きの前の準備

新聞紙を半分に切り、野球ボール程度の大きさに丸めます。

綺麗に切らなくても大丈夫なので、大体半分になるところを切りましょう。繊維に沿って半分にすれば、手でも簡単に裂くことができます。

新聞紙を丸めた新聞紙ボールをたくさん作っておけば、窓拭き前の準備は完了です。

新聞紙を使った窓拭きのやり方

  1. 洗面器やバケツにぬるま湯を入れます。
  2. 新聞紙ボールをぬるま湯に浸し、軽く握って水気を絞りましょう。
  3. 窓の上部から順番に窓拭きをします。軽く水気を絞った新聞紙ボールを使い、上から下に向けて窓拭きをしましょう。このとき、新聞紙でくるくる円を描くように拭くと綺麗に汚れを落とすことができます。拭き残しがないように注意しながら拭いていきます。
  4. 窓全体を水拭きしたあとは、水に浸していない乾いた新聞紙ボールを使って乾拭きをします。窓の水分が蒸発してしまう前に上から乾拭きをしましょう。
  5. 乾いた新聞紙を使い、窓の窓枠も拭きます。窓枠には窓を拭いた時の汚れた水が溜まっていますので、しっかりと拭き上げをして汚れを残さないことがポイントです。

新聞紙とぬるま湯を使えば、日常生活で付いた窓の汚れを綺麗に掃除する事ができます。新聞紙を便利に使い、汚れた窓や窓枠を綺麗に掃除して快適な生活ができるようにしてください。

汚れが酷い窓の窓拭きは新聞と中性洗剤で綺麗にしよう

窓には、新聞紙とぬるま湯だけでは落ちない頑固な汚れが付着することがあります。

新聞紙ボールで落ちない汚れは、中性洗剤を一緒に使うと良い

汚れを落とす効果をアップさせましょう。

  1. 洗面器やバケツにぬるま湯を入れるとき、一緒に中性洗剤を少量入れます。ぬるま湯500mlに対し、小さじ1杯程度の量を目安にしてください。
  2. そして、この水溶液の中に丸めていない新聞紙を浸し、その新聞紙を窓に貼り付けましょう。
  3. 新聞紙を使い、窓の頑固な汚れを湿布するように貼り付けてください。
  4. そのまま10分程度放置して、窓の汚れが浮いてきたら窓に貼り付けた新聞紙を使って窓を拭いていきましょう。

窓を綺麗に拭いたあとは、乾いた新聞紙ボールを使って乾拭きをすれば、頑固な汚れを綺麗にすることができます。

一度で汚れが落ちない場合は、何度かこの手順を繰り返し、水分が蒸発する前に乾いた新聞紙ボールで拭き上げ作業を行いましょう。そうすることで、窓の頑固な汚れも綺麗に掃除することができます。

新聞紙で綺麗に窓拭きをするコツ

新聞紙を使って窓拭きをするときは、少しのコツを知っているだけで更に窓拭きを簡単にすることができます。

コツその1:汚れが酷い場合は窓拭きの前に水洗い

汚れがひどい場合は、いきなり新聞紙ボールで窓拭きをするのではなく、先に水洗いをすることで掃除がしやすい状態にしましょう。

ホースを使ったり、バケツに水を溜めて流す・霧吹きを活用して汚れを流しておくと、新聞紙での窓拭きが楽になります。

コツその2:上から下に向けて窓拭きをする

窓拭きをするときは、上から下に向けて拭いていくのが綺麗に窓拭きをするコツです。下から窓拭きをすると、せっかく綺麗になった部分に向けて汚い水分などが流れ落ちていきます。

上から下に向かって窓拭きをすることで、汚れの拭き残しがないようにしましょう。

コツその3:新聞紙はこまめに交換

新聞紙が汚れたと感じたら、新聞紙をこまめに交換しながら掃除をしましょう。窓を拭いているときに汚れが取れにくいと感じたら、新しい新聞紙ボールに取り替え掃除をすることで、せっかく綺麗になった窓に汚れを残さないようにしましょう。

コツその4:新しい新聞紙よりも古い新聞紙を選ぶ

古い新聞紙の方が、紙にインクが馴染んでいるため窓拭きに向いています。

家にたくさん新聞があるのであれば、なるべく古い新聞紙を選んで窓拭きをしましょう。

窓拭きは曇りや雨上がりにしよう!窓拭きをするタイミング

お天気の良いよく晴れた日は、掃除をすると気持ちが晴れやかになるものです。

ですが、お天気の良い晴天の日よりも、曇りで空がどんよりとしている日のほうが窓拭きには向いています

曇りの日は湿度が高く窓に付着した汚れが落ちやすい状態になっている

せっかく窓の掃除をするのですから、なるべく汚れが落ちやすい日を選んでお掃除がしたいものです。

晴れてお天気の良い日の窓掃除はとっても気分が良いものですが、窓拭きをする最適なタイミングではありません。

雨上がりの湿気が高い日も窓拭きには適したタイミング

雨が降ったあとは、窓が雨の雫で濡れています。湿気を含んだ空気に加え、窓の汚れが雨の水滴で浮いた状態になっているため、このときに掃除をすると窓の汚れが落ちやすくなっているのです。

窓拭きを簡単にしたいのであれば、外のお天気や湿度の状態をチェックして、一番良いタイミングで窓拭きをするのがおすすめです。

新聞紙で綺麗に窓拭き!窓拭きの頻度とおすすめの季節

窓を綺麗に保ちたいのであれば、半年に1回程度の頻度で窓拭きをすることがおすすめです。特に窓の外側は、排気ガスやホコリなどの汚れが付着しやすい状態になっています。

半年に1度を目安に窓の掃除をする

窓の外側の汚れを綺麗にしましょう。

内側の窓は半年に1度よりも多い頻度で掃除をする方が良い

内側の窓は人が触れることも多い場所。汚れに気がついたときに窓拭きをして、いつでも清潔な状態に保てるようにしましょう。

窓拭きは、梅雨の時期や年末の大掃除のときにすると良い

もちろんこれ以外のときでも問題はありませんが、梅雨の時期は湿度が高く、空気が湿気を含んでいるため汚れが落ちやすくなっています。

大掃除のときは、一年の汚れを綺麗にするタイミングでもありますから、このときに一緒に窓を大掃除するのもおすすめです。

窓拭きをするのはちょっと大変で面倒に感じる人もいるでしょうから、窓拭きの時期を決めておくことも窓拭きのポイントです。

新聞紙での窓拭きで傷が心配なときは?新聞紙を便利に活用しよう

「新聞紙で窓拭きをすると窓に傷がつく気がする」

と不安を感じる人もいるのではないでしょうか。

窓拭きに新聞紙ボールを使うことにためらいを感じるのであれば、丸めた新聞紙ではなく折りたたんだ新聞紙を使うと良いです。

折りたたんだ新聞紙であれば、新聞紙の尖った部分が窓に傷をつけることもありません。

窓の傷が心配なら折りたたんだ新聞紙を使って窓拭きをしましょう

水を含ませた新聞は柔らかい状態です。このため、新聞紙が窓に傷をつける可能性は少ないですが、乾いた新聞紙で乾拭きをするときは、新聞紙の角が気になることもあります。

水拭きをするときは新聞紙ボールを使って、乾いた新聞紙で乾拭きをするときは、折りたたんだ新聞紙の平らな部分を使って乾拭きをするなど、新聞紙を使い分けて窓を綺麗に拭き上げましょう。

新聞紙で窓を拭いたあとは、そのまま住んでいる地域のゴミ出しルールに従って処分をすることができます。

雑巾を使って窓拭きをすると、窓拭き後の片付けの手間もかかりますが、新聞紙の場合は処分をするだけでOKです。

新聞紙は窓に繊維を残すことがないのも嬉しいポイント

また、雑巾を使って窓拭きをすると、窓に雑巾の繊維が残ることがあります。せっかく窓が綺麗になっても、雑巾の繊維が残るとなんだかスッキリしません。

窓に傷が付くことが心配な場合は、傷が付かないように工夫をして窓を拭きましょう。

新聞紙を便利に活用して窓拭きを楽に・少しでも簡単にして、手間のかかる窓拭きの時間を短縮しましょう。

新聞紙で窓拭きをしたいと思っても新聞紙が手元にない時については、以下の記事で詳しく確認することができます。

関連記事

新聞紙を使って窓拭きをすると良いのはなぜ?新聞紙が効果的な理由 新聞紙を使って窓拭きをすると、新聞のインクが窓に付いて反対に汚れてしまうのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。 新聞のインクが窓拭きに効果を発揮してくれる 新聞[…]

 


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:687 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 687