注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

かき揚げを揚げるコツ!バラバラにせずに美味しく揚げる方法

家でかき揚げをあげると、コツがわからずにバラバラになってしまう人もいますよね。油で揚げているときに具材がバラバラになり、綺麗な仕上がりにならないことに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。

かき揚げを綺麗に揚げるにはどうすれば良いのでしょうか。綺麗に揚げるコツを知って、自宅でも失敗しないようにかき揚げを揚げましょう。

ここでは、自宅でかき揚げを揚げるときにバラバラにならないコツについてお伝えします。揚げ方のコツがわかれば、お店で作ったように綺麗なかき揚げを揚げることができますよ。

家族の喜ぶ顔を見るためにも、美味しいかき揚げをマスターしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼氏に弁当を手作り!男が喜ぶ弁当のおかずと意識したいポイント

「彼氏に自分の手作り弁当を作ってあげたい」と考えている女性もいるのではないでしょうか。彼氏の昼食がい...

洗濯槽掃除を過炭酸ナトリウムでする方法!清潔な洗濯機でお洗濯

洗濯槽掃除をするときは、過炭酸ナトリウムを使うと便利です。洗濯物を綺麗にお洗濯する洗濯機ですが、毎日...

彼氏に作ってあげたい手料理【和食編】愛情たっぷりの手料理を

一人暮らしをしている彼氏から「和食の手料理が食べたい」と言われ、彼氏のために手料理を作ってあげたいと...

鍋を使ったお米の炊飯方法!鍋を使えば1合からでも簡単に炊ける

一人暮らしをしている人の中には、自宅に炊飯器がないという人もいますよね。でも炊きたての白いごはんが食...

鍋で炊飯失敗!米の芯が残る理由と炊き方・美味しいアレンジ方法

土鍋でお米を炊いた時、炊飯に失敗すると芯が残ることがあります。 美味しいごはんを食べたいと思ってい...

彼氏に作ってあげたい手料理・タッパーで持っていけるメニュー

一人暮らしをしている彼氏に、手料理を作ってあげたいと考えている心優しい女性もいますよね。 でも、彼...

料理が上手い女になって好きな人の心を掴む!料理上手になる方法

「料理が上手い女性は男性にモテる」という話を聞いた事がある女性もいるのではないでしょうか。 好...

かき揚げを上手に揚げるコツ!サクサク美味しいかき揚げの作り方

何度かき揚げを作ってもサクサクに揚げることができない!こんなお悩みを抱えている人もいるのではないでし...

上靴の洗い方改革!?オキシクリーンとビニール袋で簡単キレイ

上靴を簡単に洗いたいのなら、オキシクリーンとビニール袋を用意してください。洗い方はとってもシンプル!...

上靴の洗い方とは?つけおきをすれば簡単に汚れを落とせます

小学生の上靴は一週間でかなり汚れてしまいますよね。どのような洗い方をすれば汚れや臭いを落とすことがで...

彼氏の「手料理食べたい」リクエスト。料理下手な彼女の対処法

独身実家暮らしの女性の多くは、料理は母親任せという方が多いのではないでしょうか。しかし、彼氏から「手...

デコパージュした上靴の洗い方とは?汚れを予防するのも忘れずに

デコパージュした上履はどのようにして洗ったらいいのでしょうか?普通の上履のように洗ってしまうと、せっ...

セロリの葉は生で食べられる?大量消費できるセロリの食べ方

セロリの茎はサラダやスープ、炒めものでよく使うけれどセロリの葉はどのようにして消費したらいいのでしょ...

簡単にアイスが作れたらという願い、叶えます!アイスの作り方

あれだけ買ってきたアイスがもうない…そんな悲しいことからさよならするには自分で作るしかありません! ...

彼氏が喜ぶ手料理メニュー!彼氏の家での料理のコツ

彼氏に初めて手料理を作る時には、ちょっと気合が入りますよね。どんなメニューにしようか、どんなものを作...

スポンサーリンク

かき揚げをバラバラにしない混ぜ方のコツ

代表的な日本食の中の一つ、かき揚げについてお話します。

かき揚げとは?

かき揚げは天ぷらの一種です。
天ぷらはうまく作れるのに、かき揚げは難しと感じませんか?

野菜や魚介などの具材を小さめにカットして、混ぜ合わせて揚げる天ぷらですが、なかなかお店の様にうまくまとまりにくいです。

かき揚げの由来は「かき混ぜて揚げる」ことから来ている通り、うまく作るためには「混ぜる」工程がとても大切になります。その混ぜ方のコツを紹介します。

かき揚げに使う材料はしっかり冷やしておく

かき揚げには食材の他に小麦粉や天ぷら粉などの粉を使いますが、粉も冷やしておくのがポイントです。

また、混ぜ合わせる時に使う水も冷えた状態で使います。

衣を加える前に粉を食材に混ぜ合わせる事

かき揚げは食材を切ったら、そこへ冷えた小麦粉または天ぷら粉を少量(小さじ1程度)加え、食材によく馴染ませせます。この工程がバラバラにならないためにとても必要になります。

粉がよく馴染んだら、水で溶いた衣を加えて軽く混ぜ合わせて揚げていきます。

なぜ粉をまぶす?
直接食材を水に溶いた衣に混ぜるよりも、馴染みが良くなり衣がしっかりと食材に絡むので細かな具材もバラバラになりにくくなります。

ほんの一手間でまとまりが良くなります。
今まで衣をつける前に粉をまぶした事がなかった人は、ぜひ試してみて下さい。

かき揚げを揚げる時の火加減のコツを知ればバラバラにならない

具材がまとまりよく整ったら、次に大切なのは揚げる時の温度、火加減が重要なポイントとなります。

天ぷらは高温で揚げるものですが、高温すぎると油に入れた瞬間にかき揚げの具材が勢いよく散り散りになってしまいますので温度管理を徹底しましょう。

かき揚げがバラバラにならないように揚げるには180~200℃以内の温度で揚げることがコツ

高温すぎるとバラバラになってしまいますが、逆に180℃以下の温度ですとベチャッとした仕上がりになってしまいます。

温度管理をするには、調理用の温度計を使うのが一番確実な方法です。またIHですと温度を保ってくれる機能もあるのではないでしょうか。

そういったアイテムを使うことも、美味しかき揚げを作るには必要になってきます。

またそういったものがない時は、温度を自分の目で見極めなければいけません。

適温の目安は衣を少し油に垂らして、その反応で判断します。
油に落ちた衣が一度底まで落ちて、すぐに油の表面に浮いてくる様子であれば良い状態です。

適温でサックリと揚げていきましょう。

おたまを使えばバラバラにならない!かき揚げを油に入れる時のコツ

かき揚げをボウルから少量、油に投下していませんか?

かき揚げはお玉ですくって、油に入れる方法が形良く出来ます。

おたまを使うとかき揚げはバラバラになりにくい

すくったかき揚げの具材は、鍋の縁の部分からそっと油に放ちます。
この時、油におたまが入ってしまっても大丈夫です。

それを避けようとして、勢いよく油に入れてしまうと跳ねて危ないですし、形も崩れてしまいます。油についても大丈夫なように、金属製のおたまを使いましょう。
油に入れたら、菜箸でバラバラにならないよう形を整えましょう。

かき揚げ専用おたまを使うと完璧

厚みがあって丸い形のかき揚げを作りたいのなら、かき揚げ専用のおたまをお勧めします。

揚げる時に専用のおたまに入れたまま揚げますので、バラバラになることなく形の良いかき揚げを作ることが出来ます。

かき揚げは具材にもよりますが、3~4分ほどで出来上がりますす。あまり火を通しすぎないようにして下さいね。

クッキングシートを利用してもかき揚げがバラバラにならない

かき揚げをバラバラにならないように作るために、おたまではうまく出来ない場合もあると思います。

例えば具材がとうもろこしのように小さく細かいと、衣に馴染ませても上手くいかないかもしれません。

そんな時におすすめの方法です。

確実にバラバラにならないクッキングシートを使ってかき揚げを

クッキングシートをかき揚げの大きさに四角くカットして、その上にかき揚げを乗せてクッキングシートのまま揚げる方法です。

揚げて少し経つとクッキングシートが離れますので、そのタイミングでシートは取り出します。

この方法であれば、バラバラになりやすい食材でも確実に形良く揚げる事が出来るのでおすすめです。

かき揚げを油に入れてから揚がるまでの手順

かき揚げは適温の油に入れたら、周囲の形を整える以外は数分触らない様にします。

目安としては30秒ほど待ちましょう。

この時間を待たずに触れてしまうと、せっかくまとまっていたかき揚げがバラバラになってしまいます。

30秒以上待ってから、上下を返して2分ほど揚げます。

この2分程の間に、かき揚げの中心部分に菜箸を指すと、日の通りが早くしっかりと揚がります。

この穴を開ける方法はプロの料理人も行っているかき揚げの技です。

かき揚げは味や食感の違う数種類の具材を前合わせますので、組み合わせは無限大です。
回数を重ねて上手なかき揚げを作れる様になりましょう。