注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

彼氏へおすすめの手料理と献立。料理下手さんでも失敗しない方法

彼氏へ初めて手料理を作るという時には、美味しいと思ってもらえるか心配ですよね。
料理が得意な方なら大丈夫だと思いますが、普段あまり料理をしない女性にとっては、そこが一番の心配です。

そこで、料理があまり得意ではない方にもおすすめの、彼氏への料理におすすめの献立や、彼氏の家で料理を作る時の注意点などをご紹介します。

料理に慣れていないと、完成までに意外に時間の掛かるもの。
彼氏が待ちくたびれてしまわないように、時間に余裕を持って調理を始めましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

上靴の洗い方とは?つけおきをすれば簡単に汚れを落とせます

小学生の上靴は一週間でかなり汚れてしまいますよね。どのような洗い方をすれば汚れや臭いを落とすことがで...

彼氏に手料理を!彼氏の誕生日は手作りの料理で愛あるおもてなし

「もうすぐ彼氏の誕生日!手料理を作ってお祝いをしてあげたい」と思っている女子もいますよね。料理が得意...

セロリの葉は生で食べられる?大量消費できるセロリの食べ方

セロリの茎はサラダやスープ、炒めものでよく使うけれどセロリの葉はどのようにして消費したらいいのでしょ...

彼氏が喜ぶ手料理メニュー!彼氏の家での料理のコツ

彼氏に初めて手料理を作る時には、ちょっと気合が入りますよね。どんなメニューにしようか、どんなものを作...

彼氏への不満を上手に解消する方法と溜まった不満の伝え方

彼氏のことがどんなに好きでも、お付き合いをしていくうちに色々な不満が溜まってしまうものです。彼氏に伝...

窓拭きは新聞が便利!新聞で綺麗になる理由とやり方・コツを解説

面倒な窓拭きは、新聞を使うと簡単に掃除をすることができます。窓の掃除を面倒に感じてしまう人は、新聞を...

彼氏の「手料理食べたい」リクエスト。料理下手な彼女の対処法

独身実家暮らしの女性の多くは、料理は母親任せという方が多いのではないでしょうか。しかし、彼氏から「手...

クリスマスは彼氏に手作りのお菓子を!喜ばれるケーキのポイント

クリスマスは大好きな彼氏に手作りのお菓子を作ってあげたいと考えている女性もいますよね。クリスマスとい...

鍋で美味しいお米を炊飯!3合の米の炊き方と鍋で炊くメリット

鍋を使ってお米を炊飯しようと思っても、詳しい炊き方がわからなければ上手に炊き上げることができません。...

料理が上手い女になって好きな人の心を掴む!料理上手になる方法

「料理が上手い女性は男性にモテる」という話を聞いた事がある女性もいるのではないでしょうか。 好...

洗濯槽掃除を過炭酸ナトリウムでする方法!清潔な洗濯機でお洗濯

洗濯槽掃除をするときは、過炭酸ナトリウムを使うと便利です。洗濯物を綺麗にお洗濯する洗濯機ですが、毎日...

上靴の洗い方改革!?オキシクリーンとビニール袋で簡単キレイ

上靴を簡単に洗いたいのなら、オキシクリーンとビニール袋を用意してください。洗い方はとってもシンプル!...

彼氏に作ってあげたい手料理【和食編】愛情たっぷりの手料理を

一人暮らしをしている彼氏から「和食の手料理が食べたい」と言われ、彼氏のために手料理を作ってあげたいと...

彼氏に手料理を!和食を作って彼氏のハートと胃袋をガッチリ掴む

お付き合いをしている彼氏に、手料理を作ってあげたいと考えている女性もいますよね。特に、いつも外食やコ...

窓拭きに新聞を使いたい!でも手元に新聞がない時の対処法

窓拭きに新聞を使うと掃除が楽になるという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。 新...

スポンサーリンク

彼氏へ作りたい手料理の献立の立て方

手料理を作る時、普段料理をしない方だと、どのように献立を立ててよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

料理を作る時はメインの料理、副菜、汁物があるとバランスがよく、栄養面でも良しとされます。

そこでまずは彼氏の好きなメインのメニューを決めてください。または彼氏にご飯を作って欲しいと言われたのなら、何が良いか聞いておくとメインの献立に迷わなくてすみますよ。

例えばハンバーグを作って欲しいと言われたら、もちろんメインはハンバーグ、副菜はサラダでOK、汁物はお味噌汁でもスープでも彼氏の好みや、彼女の得意な方を選んでOKです。

和食なら副菜は煮物や胡麻和え、など和食に合った物を選びます。汁物はお味噌汁で決まりですね。

このようにメインの料理を先に決めることで、副菜や汁物などのサイドメニューの献立も立てやすくなるので、おすすめの方法です。

彼氏が喜ぶ手料理の献立。がっつり系が好きな彼には

がっつり系が好きな彼氏なら、やっぱり献立のメインは肉料理が喜ばれるのではないでしょうか!

カツや唐揚げ、生姜焼きなどはがっつり系の定番ですよね。

カツなら料理初心者の方でも味付けはお肉に塩コショウで下味を付けるだけですから、味付に困ることはありません。

油の温度や火の通りだけに注意をすれば問題ありませんよね。

唐揚げや生姜焼きは、お肉の味付けの染み込み具合などが気になるところですが、こちらはとっても便利な市販の味付け用のタレが販売されています。

味付けに困ったら、市販品を上手に使用するのもおすすめですよ。

ちなみに副菜ですが、がっつり系のメインにはシンプルな野菜の付け合せがぴったりです。

特に油ものは胃にずっしりと来るので、飽きてしまわないようにキャベツの千切りなどをたっぷりと添えてバランスの良い献立を心がけましょう。

千切りが苦手だという方は、スライサーを使ってくださいね!美味しいキャベツの千切りが出来上がり、時間も短縮することができます。

彼氏へのおすすめの献立

彼氏への手料理の献立に迷ったら、男性が喜ぶ定番メニューを参考にしましょう。

肉料理なら先述したカツ、ハンバーグ、生姜焼きが定番、ちょっと手が混んだものだとロールキャベツや餃子、豚の角煮なども男性に喜ばれるメニューです。餃子は包む時間を要するところが難点ですが、彼氏と一緒に作るのなら待たせる時間がなくなり、失敗しても楽しく食べることができます。

また丼ものもがっつり系の男子には喜ばれます。カツ丼や親子丼、牛丼も外食時に選ぶ男性が多いのではないでしょうか。でもオシャレな感じはあまり期待できないですね。

その他にもオムライスやカレーも、彼女に作って欲しいという方は少なくありません。

食べる方としても、味は気になるところですが、オムライスやカレーなら間違いのない味が期待できますし、嫌いな方もあまり耳にしないので無難に乗り切りたいのならおすすめのメニューです。

ここで意外と難しい献立もご紹介しますね。

それはパスタ!茹で加減に好みがあったり、スープやソースに絡めるタイミングを間違ってしまうと、その出来上がりにも大きく違いが出てしまいます。

パスタ好きな彼氏なら、そこを見逃すことはないでしょう。パスタは料理をすることに慣れてから作ることをおすすすめします。

彼氏の家で手料理を作る時の注意点

彼氏の家で手料理を作る時、事前に調理器具や調味料を確認することをお忘れなく。特に料理をしない彼氏だと、当たり前に家にあると思っていたものが、ないということも多々あります。

料理は手際が大切なのに、途中でないことに気がつくのでは味も出来上がりも違ってきてしまいますよね。せっかくの手料理を失敗させないためにも、彼氏のお家の台所チェックは必ずしておきましょう。

もしチェックをし忘れてしまった場合は、調理器具を持参したり、予め調理をしてから持っていくという方法もあります。この方法なら使い勝手が違うキッチンでも、彼氏を待たせること無く料理をテーブルに並べることができます。

また料理が上手に仕上がっても、彼氏のお家の味ではなく満足してもらえない場合もあるので注意をしましょう。

特にお味噌汁は家庭の味が大切です。出身地によってお味噌の種類に違いがあるので、赤味噌か白味噌か、又は合わせ味噌を使用しているのか、彼氏のお家で使用しているお味噌の種類を聞いておいてください。

ちょっとした気遣いですが、その気遣いが料理の味を大きく左右することがあります。自分の料理にこだわりすぎず、彼氏に喜んでもらえるようにお家の味に合わせることも注意点の一つです。

彼氏への初めての手料理で失敗しないために

彼氏へのはじめての手料理は、ついつい張り切ってしまいがちです。手の混んだ料理や見栄えの良いおしゃれな料理を献立として選んでしまうこともあるでしょう。

しかし女性と違って、男性はオシャレな見た目や複雑な味に興味がないことが多く、違和感を感じてしまうことが多いようです。

失敗しないために初めての料理はシンプルなものを心がけてみてください。

がっつり系だったり、丼ものだったり彼女としては始めて彼氏にごちそうする料理なのに、何だか物足りない気持ちがしてしまうかもしれませんが、初めての時はあえてシンプルな料理で挑みましょう。

最初に作る料理は意外と重要。あなたの料理の腕前を彼氏に印象づけるものとなります。いつもは上手く出来るのに、普段と違うキッチンでは腕前を発揮できずに失敗してしまうと、彼氏に料理が苦手なんだな。そんな印象を与えかねません。

失敗しないことを前提にして、手料理の献立を簡単なものすることも重要なポイントになるのです。

あまり手料理に自信がない方でも、定番のシンプルな料理なら失敗の確率もグンと低くなります。カレーやシチューなど、自分ができる料理を献立として考えてみてください。