注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

【既婚者女性の恋】家庭があるのに恋をしてしまう心理と対処法

既婚者なのに夫以外の男性に恋をしてしまったとき、自分が抱える気持ちを一体どうすればいいかわからなくなるものです。夫や子供の事を考え、自分のことを責めるようなこともあるのではないでしょうか。

人の気持をコントロールするのはとても難しいことです。家庭があるのに好きな人ができてしまうのはいけないことなのだとわかっていても、気持ちが揺らいでしまうこともあります。

ここでは、既婚者の女性が恋をしてしてしまう心理や恋に落ちるきっかけ、恋の諦め方についてお伝えします。

既婚者が恋をするとどのような結末が待っているのかを知って、自分の気持ちを整理できるようにしましょう。

自分にとって何が一番大切なのか考え、後悔しない人生を歩んでください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

遠距離恋愛・彼氏の浮気が本気で心配!浮気の兆候と対処法を解説

遠距離恋愛の彼氏が浮気をしているのではないかと、本気で浮気を心配している女性もいるのではないでしょう...

彼氏に寂しいと言われた時の対処法!大学生カップルの付き合い方

付き合っている彼氏に「寂しい」と言われてしまい、彼氏に申し訳なく感じている女性もいますよね。彼氏に寂...

彼氏が風邪の時の電話はOK?彼氏の心を掴む風邪の時の対応

大好きな彼氏が風邪をひいて寝込んでしまったら、彼女として何かできることはないかと考えますよね。特に彼...

彼氏の浮気を許す・もう一度やり直そうと決めた女性ができること

彼氏に浮気をされてしまうと、心が引き裂かれるような辛い気持ちになりますよね。どうしても許す気持ちにな...

彼女の作り方は?出会いのきっかけになった場所と彼女の作り方

自分の息子になかなか彼女ができず、作り方がわからないのではないかと心配をしているお母様もいるのではな...

同棲解消!彼氏と別れるときは先にお金を貯金してトラブルを回避

同棲している彼氏と別れることを考え始めたら、同棲を解消する前にお金を貯めておきましょう。お金がないと...

彼氏との旅行中に発生するトイレの悩みを解決!彼氏の本音も紹介

彼氏と旅行に行くことになったら、純粋に楽しいだけでは済まないようなトイレの悩みが発生することもありま...

甘えん坊彼氏との結婚はあり?結婚生活がうまくいくコツを解説

甘えん坊な彼氏にプロポーズをされ、結婚について考えている時、彼氏の性格が甘えん坊であることがネックに...

男は嫉妬と独占欲が強い!独占欲の強い嫉妬深い男との付き合い方

付き合っている男性の嫉妬や独占欲が強くて頭を悩ませている女性もいるのではないでしょうか。彼氏のことは...

嫉妬しない彼氏が実は嫉妬しているときに見せる行動と彼氏の心理

彼氏がなかなか嫉妬をしてくれず、本当に愛されているのか不安を感じている女性もいますよね。どうして嫉妬...

カップルのデートでいちゃいちゃできる場所と男性心理を解説

カップルがデートをするときは、人目を気にせずに二人で思いっきりいちゃいちゃして過ごしたいと思うのでは...

彼氏が嫉妬しない!実はしてる時に見せる行動と嫉妬する瞬間

彼氏が全く嫉妬しないことで、自分は本当に愛されているのか不安に感じている女性もいますよね。「愛情があ...

彼氏は本当に不満ない?不満を言わない理由と不満を引き出す方法

お付き合いしている彼氏が自分に不満を言ってくれない・不満はないと言うとき、本当にそんなふうに感じてい...

プロポーズに失敗するとその後どうなる?逆プロポーズするときは

お付き合いをしている彼氏との結婚を考えている女性の中には、彼氏がなかなかプロポーズをしてくれないこと...

彼氏が冷たいのは別れたいから?彼女と別れたい男性が出すサイン

お付き合いをしている彼氏が冷たい態度なのは自分と別れたいからなのかなと、不安な気持ちを抱えたままお付...

スポンサーリンク

既婚者女性が恋に堕ちる心理

既婚者女性が恋をしてしまうとき、意識の中で以下のような心理が働いていることがあります。

女性だったことを思い出す

外に出て仕事をするようになると、自分が女性であることを思い出すきっかけをくれる男性がいます。

例えば重い物を持ったとき

「女の人には重いから無理をしなくていいよ」

と言われたり、家では褒められることのなかった髪型や服装を褒められるなど、女性であることを思い出したとき、恋に堕ちてしまうことがあります。

独身に戻ったような気持ちになる

結婚する前、自分が独身だった頃のことを思い出すことで恋をしたくなる心理が働くことがあります。

独身の頃は、外で楽しく過ごすことが多いです。友達や同僚と食事をしたり、自由に行動できることが多くありました。

ですが、専業主婦として生活をしていると、そのことを思い出すきっかけになるような出来事はありません。

そんなときに仕事を始めると、職場での付き合いや外に出て働くことに楽しさを感じ、独身時代に戻ったような錯覚を起こし、恋をしたくなる心理になることがあります。

刺激を感じる

ずっと専業主婦だった女性が久しぶりに外に出て働くようになると、色々なことに刺激を受けます。それまでは家族としか話をしない日があったのに、仕事をすることで人との繋がりが増えていき、交友関係も広がります。

今までとは違う刺激を受けて生活しているうちに、恋をしたくなる心理が働くことがあります。

既婚者女性が恋に堕ちるきっかけは?主婦が恋をしてしまう理由

では、既婚者の女性が恋に堕ちるとき、一体どんなことがきっかけになるのでしょうか。

魅力的な男性に出会った

  • 優しい性格
  • 思いやりがある
  • 素敵なルックス
  • 男性らしい体つき

魅力を感じる男性に出会ったとき、恋に堕ちる事があります。

無意識に自分の夫と比べてしまい、ときめきを感じて恋をするきっかけになるのです。

夫婦関係が良くない

  • 夫とあまりうまくいっていないとき
  • マンネリな関係で刺激を感じないとき

こんな時に素敵な男性に出会うと、その男性を好きになってしまうことがあります。

結婚生活が長くなると、夫に魅力を感じられなくなることもあります。

男性に褒めてもらったとき

結婚をすると、男性に褒められるという経験が少なくなっていきます。

特に専業主婦の場合は、夫に褒めてもらうことがなければ、誰かに褒めてもらうことはほとんどないことも多いです。

そんなときに男性から褒められると、ときめきを感じて恋をすることがあります。

優しくしてもらった

専業主婦として生活していると、男性に優しくしてもらうことが少なくなります。

そんなときに優しく接してもらうと、女性として嬉しく感じて恋に堕ちることがあります。

男性からの好意を感じた

結婚をすると、夫以外の男性から好意を向けられることはないものです。

そんなとき、男性からの好意を感じると、自分は女性なのだと感じて胸がときめき、その男性のことが気になって好きになることがあります。

既婚者女性の浮気のボーダーラインについては、以下の記事に詳しく掲載されています。

関連記事

男性と連絡を取ることは浮気?既婚女性の恋のボーダーライン ただ単に男性と連絡を取るだけでは「浮気」と判断することはできません。何気ない会話をするだけなのに浮気だと判断することは難しいものです。 ですが、こうしたやり取りを続けているうちに[…]

既婚者女性が恋をするとつらい!苦しいことがたくさんある

既婚者の女性が恋をすると、つらいことや苦しいことがたくさんあります。

まず大前提として、既婚女性が恋をしてもその思いが実ることはありません。

いくら好きだと思っても自分には家庭があり、大切な家族もいる

好きな男性とお付き合いがしたい・愛されたいと思っても、その気持が報われることはないのです。

もし相手の男性が好きだと思ってくれたとしても、二人がお付き合いをすることは法律で認められた事ではありません。

好きだという気持ちをその男性に伝えることはもちろん、苦しい気持ちを誰かに相談する事すらできず、自分で処理をするしかありません。

誰かに相談したとしても反対される可能性の方が高い

自分でも報われてはいけない気持ちだとわかっていることから、悲しい気持ちを抱えて過ごすことになります。

その男性が自分以外の女性と仲良くしている姿を見るとヤキモチもやきます。でも、自分にはヤキモチをやく権利はないはずだと気が付き、その瞬間にも悲しい感情に襲われてしまうのです。

誰にも言えない気持ちを抱え、ずっと苦しいまま過ごすことになります。

既婚者女性の恋の結末は?家庭がある女性が恋をするデメリット

家庭のある女性が恋をしてその恋が実った場合、色々なデリットが生じます。デメリットを知って、自分の心と向き合ってみましょう。

周囲にバレて信用を失う

既婚者でありながら恋愛をしていることが周囲にバレてしまうと、信用を失うことになります。

良くない話はすぐに噂となってあっという間に広がっていきます。そして、気がつけば周りに誰もいなくなることもあるのです。

子供につらい思いをさせる

自分の母親が父親以外の男性とお付き合いしていることを知った子供は、心に深い傷を抱えます。

子供に不信感を与え、トラウマになってしまうこともあります。

離婚される事がある

夫にバレてしまうと、離婚を切り出されることがあります。

自分は離婚を望んでいなくても、夫に許してもらうことができず、家庭を失うことがあるのです。

そして、子供とも引き離される可能性があります。夫に慰謝料を請求されてしまうこともあります。

既婚者女性が恋をしてしまった時は様々なリスクがあります。以下の記事では、対処法やリスクについて詳しく説明しています。

関連記事

既婚者女性が両想いの恋をしたときに考えたいこと 結婚していない女性の場合、好きな人と両想いだとわかると、純粋に幸せや喜びを感じます。 ですが、既婚者女性の場合は手放しに喜ぶことはできません。むしろ、苦しい気持ちを抱えてしまうことの方[…]

既婚者女性が恋をした時の対処法!家族のことを考えよう

夫以外に好きな人ができたとき、その人と話ができたり、一緒にいられることに幸せを感じます。それと同時に家族への後ろめたさから罪悪感を感じ、その気持を貫くことにためらいを感じるものです。

既婚者の女性が恋をしたとき、家族のことを思い出して不倫の恋をしない人はたくさんいます。

心の中では夫よりもその人の事を想っていても、家族のことを一番に感じることで踏みとどまっているのです。

恋を進展させたいという衝動にかられたときは、家族のことを思い出してください

大切な子供の顔を思い浮かべ、その子供たちに悲しい思いをさせないように、自分の気持ちをコントロールするのです。

一時の感情で突き進むと、後で後悔する

自分が本当に大切なのは好きな男性なのか、それとも家族なのかを考えることで、自分の気持を沈めましょう。

家族を失ってから大切さに気が付いても、そのときは手遅れの可能性が高い

不倫関係になる前に自分の気持をうまくコントロールして、大切なものを失わないようにしましょう。

誰かを好きになると、その気持をコントロールするのはとても難しいのが現実。

悲しむ人がいることを思い出すだけでも、気持ちをセーブすることができます。

既婚者女性の恋・好きな気持ちの抑え方と諦め方

既婚女性が恋をすると、とてもつらくて苦しい感情に包まれます。誰かを好きになる気持ちは醜いものではありません。ただ「既婚女性」という立場があるから、その気持を諦めなくてはならないのです。

「諦める」といっても簡単にできることではありませんが、どうすれば気持ちを抑えることができるのか・諦めることができるのかご紹介します。

なるべく会わないようにする

その人の顔を見てしまうと気持ちが揺らいでしまうものです。会わないようにすると、自分の視界にその人が入らないため、少しずつ心を落ち着かせることができます。

好きな人には会いたいと思うものですが、会う努力ではなく会わない努力をすることで、恋心の熱を冷ましましょう。

恋が実った時のデメリットを思い出す

あなたの恋が実ったとき、それと同時にデメリットも生じます。そのことを思い出すことで、諦めた方が良いことに気付けるようにしてください。

恋が実ると同時に、色々なものを失う可能性が生じます。それを忘れないようにして、好きな気持を抑えましょう。

自分の気持を受け止める

ダメなことだとわかっていても、気が付いたときには既に恋をしていることがほとんどです。自分を責めて、更に苦しくなってしまうこともあります。

いくら忘れようと思っても忘れらないときは、一旦自分の気持を受け止めて冷静になりましょう。

「諦めなければ」

と思えば思うほどその人の事を考える時間が長くなり、頭の中でぐるぐると回り続けます。

そうすると、「諦めよう」と思ってする努力が結果的に悪循環を招くことになり、いつまでも苦しい気持ちを抱えたまま過ごすことになるのです。

既婚者女性が恋をすると、つらいことや苦しいことがたくさんあります。

自分で自分を責めてしまったり、夫以外の男性を好きになったことに戸惑いを感じることもあります。

自分にとって何が一番大切なのかを考え、家族や子供のこと・自分の将来のことを考えることで、幸せになれる選択をしましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:687 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 687