注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

同棲するカップルが選ぶべき部屋とは?部屋を選ぶポイント

カップルが同棲するときの部屋を決めるときにはどのようなことを基準に選べばいいのでしょうか?

同棲をして長く続くのは、お互いのスペースを確保している部屋となります。同棲を始めようとしているときには、ケンカをしたときのイメージをしにくいですよね。いつでも、穏やかに過ごせるわけではないのでそんなときのことも少し考えておくといいでしょう。
同棲に適した広さとは?同棲の部屋探しに役立つポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男性からの好意が迷惑!職場の先輩に好意を持たれたときの対処法

職場の先輩男性に好意を持たれて困っている女性もいるのではないでしょうか。自分がその先輩に好意を持てな...

女友達と彼氏が旅行で同じ部屋に宿泊!許すかどうかの境界線

自分の彼氏が彼氏の女友達と旅行に行って同じ部屋に泊まると言い出したら、彼女であるあなたは一体どんな対...

彼氏の仕事が忙しい時の連絡頻度と付き合いがうまくいく連絡方法

仕事が忙しい彼氏となかなか連絡が取れず、寂しい気持ちを抱えて生活をしている女性もいるのではないでしょ...

結婚が不安!男のマリッジブルーの原因と乗り越えるための対処法

結婚を控えた男性の中には、結婚に対して色々な不安を感じてマリッジブルーになってしまう人もいます。 ...

彼氏が嫉妬しない理由と心理。こんなタイプは嫉妬を表に出さない

あまりに嫉妬深い彼氏も大変ですが、全然嫉妬しない彼氏もいますよね。 嫉妬しない彼氏に対して、「本当...

友達からの遊びの誘いを断る方法!相手に嫌われない断り方のコツ

友達からの遊びの誘いに乗り気になれず、上手に断る方法はないかと考えている人もいるのではないでしょうか...

彼氏と別れる夢の夢占い、夢を見た心理と夢の内容の意味

大好きな彼氏と別れる夢を見てしまったら、もしかして別れの危機が迫っているのではないかと不安になってし...

彼氏に寂しいと言われた時の対処法!大学生カップルの付き合い方

付き合っている彼氏に「寂しい」と言われてしまい、彼氏に申し訳なく感じている女性もいますよね。彼氏に寂...

彼女かわいいね!と言われる彼女の特徴とかわいい彼女になる方法

彼氏の友達から「お前の彼女ってかわいいよね」と言われる自慢の彼女になりたいと、考えている女性もいるの...

同棲するタイミングは転職のきっかけがベスト!メリットや注意点

カップルが同棲を始めるタイミングはどちらかが転職をしたきっかけで始める人が多いようです。 付き合っ...

告白の返事が曖昧だった時の男性心理と好きな人の彼女になる方法

好きな人に告白をしたけど、彼から返ってきた返事が曖昧。こんな時は、彼の心理がわからずにどうしたら良い...

バツイチ子持ちの彼氏と別れたい!上手に付き合うコツと心構え

バツイチ・子持ちの男性とお付き合いをしている女性の中には、彼氏と別れたいと感じている人もいるのではな...

彼氏へのプレゼント。クリスマスに贈る社会人男性に人気アイテム

クリスマスが近くなると、彼氏へのプレゼントは何にしようか、悩む女性も多いですよね。 社会人の彼氏に...

【彼氏の嫉妬】怒るのは嫉妬のサイン!嫉妬深い彼氏への対処法

彼氏の前で男友達の話をしたり、職場の男性の話をしただけでも、怒ることや不機嫌になることがある、そんな...

彼氏へのプレゼント!ちょっとしたプレゼントはコレがおすすめ

「いつも私のことを想ってくれる優しい彼氏に何かちょっとしたプレゼントを贈りたい」こう考えている女性も...

スポンサーリンク

カップルで同棲するときは二人の譲れない部分を話し合いましょう

同棲したカップルが同棲後すぐに同棲解消もしくは破局する…こんなパターンは珍しくありません。

同棲することによって今まで見えなかった部分が見えてきてしまうんですね。その見えてしまう部分が我慢できる範囲か、そうではないか。
また、選び物件に不満はないか、お互い納得した物件か。これによって今後の同棲生活上手くいくかどうか決まってきます。

同棲カップルが部屋を選ぶポイント

私生活において、人それぞれ譲れない部分があると思います。後に不満になりそうな部分を取り除き、最初に決めておくことで同棲生活も上手くいきます。

  • 自分のプライベートな空間が欲しい
  • 通勤の便利な物件
  • トイレとお風呂は別
  • 駅から部屋の距離

カップルに理想な部屋の大きさは2LDK

同棲生活では1LDKの部屋を選ばれやすいですが、家賃を払っていける範囲であれば2LDKが理想です。

なぜなら、同棲生活をしていく中で相手にイライラしたり喧嘩をすることもあると思います。
そんな時同じ空間でずっといるのは息苦しくなってしまいます。別の部屋があると、顔を合わせなくて良いし、冷静になることができると思います。

彼氏と距離を保つことができ、より良い関係を築きやすいです。

また部屋の条件は色々あるでしょうが、どちらかの条件に偏ることなく、お互いの意見を考慮して決めるとよいでしょう。

同棲生活を成功させるために、まずはお互いの条件にあった部屋探しをしましょう。

カップで同棲するときにおすすめな部屋の間取り

「2LDK」これはカップルで同棲するときのおすすめの部屋の間取りです。

部屋が2つあることのメリット

家賃や物件の位置を妥協して1LDKを選ぶカップルが多いですが、荷持が増えて部屋が狭くなってきた、部屋の圧迫感で居心地が悪い、喧嘩した時にどうしても顔が合わさる、などこれが今後のアダとなることが多いんだそうです。

部屋が2部屋あることでスペースも心も余裕を持って同棲することができます。

今後同棲から結婚、出産に繋がってく人は結婚を機に広い部屋に引っ越す人もいますが、最初から2LDKに住んでおけば子供1人の荷物を置くスペースも確保できるでしょう。

今後のことを考えるなら2LDKにしておくことをオススメします。

結婚前に今の旦那と2年同棲をしましたが、その時私達も2LDKの部屋にしました。
私達はあまりプライベートの空間が必要なタイプではなく、スペースに余裕を持って暮らしたいという理由でした。
同棲生活をしていくうちに荷物が増えましたが、広々生活することで心にも余裕が持てました。
喧嘩しても狭すぎる空間にいるのと、広い空間にいるのでは気分も違います。
私達はそのまま結婚しましたが引っ越しする必要はなく、二人目を授かった時に家を建て、それを機に引っ越しをしました。

引っ越しが重なると引越し費用もかかってくるわけですから、彼氏と今後を考えているなら最初から余裕を持ったスペースを確保して部屋探しをすると良いでしょう。

お金を貯めたいと思っている同棲カップルにおすすめな部屋

カップルが同棲をする理由に、同棲をしながら協力して結婚式や新婚旅行の資金を貯めたいということもあります。

このような理由があるなら2LDKの部屋では少し贅沢すぎるでしょう。家賃にお金がかかりなかなか貯められないですね。

貯蓄重視のカップルにオススメな部屋の間取りは1DK

お金を貯めるためにお互い必死で働き、平日は寝に帰るだけなんて人も多いでしょう。
またプライペートな空間をあまり重視しないカップルならこの間取りがとっておきの部屋となるでしょう。

収入に少し余裕がある人、もしくは寝室は別にしたい、など特別な条件がなければ1LDKでも良いですね。

彼氏と話し合い、自分たちにあった家賃や立地条件、間取りを決めていきましょう。お互い納得した上でそれにあった部屋を探すと同棲失敗の可能性も低くなりますね。

同棲がこじれてしまう部屋とは?どれだけ普通に暮らせるかが肝心

同棲カップルがこじれてしまうありがちなパターン。これには様々な理由があります。

部屋の条件がどちらかの意見に偏っていることが原因

最初は現実味がなく、合わせる方も簡単に考えてしまうんですね。しかし現実はそんな甘くはありません。
少しの我慢が積み重ねとなり大きなストレスとなってしまうのです。

多くの同棲カップルは結婚を前提に考えていることが多いです。今後上手くやって生活していくためには、相手を思いやる気持ちが大切です。

現実を考えた時にどうなのか、2人で話し合って部屋を決めましょう。

結婚前提の同棲は、相手をより深く知るためにとても大切

カップルのうちに嫌な部分を見つけ破局するなら結婚前で良かった…なんて事はありますが、多くの場合は結婚まで無事にたどり着きたいですよね。

そのためにも同棲の部屋決めはとても重要であることを忘れないでくださいね。

どちらかの条件が偏るのではなく、お互いに思いやりをもり、どれだけ普通に生活ができるかが同棲生活のポイントとなります。

カップルで同棲する部屋はできるだけ女性よりにしてあげると上手くいきやすい

カップルによっては、特に条件がない、住めれば良いなんてこともあります。
そんな場合は、女性目線で部屋を探しても良いでしょう。

ゴミ出しのしやすさ、掃除のしやすさ、お風呂、トイレ、台所の使いやすさ、スーパーの通いやすさなど主に女性がやる家事のしやすさを重視すると無難で住みやすい部屋を探すことができます。
男性もそんな条件なら不満なく承諾してくれるでしょう。
ただし、「実家が近いから」こんな条件を出すのは辞めましょう。彼女や嫁がなにかにつけ実家に帰ることをあまり良いと思わない男性も多いです。仲の良い親子はとても理想的なことですが、必要以上に母親を求めることは避けましょう。

精神的に実家から自立できていることも同棲生活を上手くやっていくコツです。