注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

彼氏との倦怠期を乗り越えたカップルの付き合い方を紹介

彼氏の態度がそっけない、連絡が来なくなった、スキンシップが少なくなったと感じたら、それは倦怠期を迎えたサインの可能性があります。

倦怠期はどんなカップルにもやってくるもの。倦怠期を乗り越えたカップルもたくさんいます。

今、彼氏との倦怠期に頭を悩ませている女性がいるなら、前向きに考えてその時期を乗り越えてください。倦怠期を乗り越えることができれば、その先には二人で過ごす未来が待っています。

ここでは、倦怠期の彼氏との付き合い方や倦怠期の乗り越え方についてご紹介します。頑張って乗り越え、その先も一緒の時間を歩んで行けるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

告白の返事を待たせる男性心理!待たせる理由と待つ間にできる事

勇気を出して好きな人に告白をしたのに、告白の返事を待ってほしいと言われてしまったら、どうして返事を待...

彼氏と別れる勇気が出ない方へ!本当の自分の気持ちを知る方法

彼氏と別れたいと思うけど、別れる勇気がない。 そう思い、別れられずにズルズルと付き合っているという...

彼氏が嫉妬を感じた時に出るサイン!嫉妬の心理と対処法

彼氏と話をしている最中に、彼氏が急に不機嫌になってしまった。 それはもしかして、他の男性の話をした...

彼氏に嫉妬しない方法。嫉妬しない自分に変われる本当の理由

彼氏と会えない時間は彼のことばかり考えてしまい、何をしているのか気になってしまう。そんな女性も多いと...

男性への喜ばれるプレゼント。20代ビジネスマン彼氏への選び方

彼氏へのプレゼントに何を贈ろうかと悩む女性は多いと思います。 贈るからには、実用的で使ってもら...

彼氏と別れるか迷い始めたあなたへ!自分の気持ちと向き合う方法

長い期間同じ人とお付き合いをしていると、このまま付き合っていくか、それとも別れるか迷いを感じてしまう...

クリスマスは彼氏を手作り料理でおもてなし!おすすめレシピ

彼氏と過ごすクリスマスを、自宅でゆっくり、二人きりで過ごそうと考えている人もいるのではないでしょうか...

大学生の彼氏の20歳の誕生日に贈りたいプレゼントと過ごし方

大学生の彼氏の20歳の誕生日。20歳という年齢は、とても特別な年齢です。彼女として、思い出に残るとび...

彼氏との倦怠期の乗り越え方!倦怠期を乗り越え絆を強くする方法

彼氏との関係をマンネリに感じ、なんだか会いたくない・顔を見たくないと感じる時期がやってきたら、それは...

彼氏の浮気を疑ってしまう理由と対策!疑い過ぎは関係悪化のもと

彼氏の浮気をどうしても疑ってしまう女性もいますよね。本当に浮気をしているか定かではないのに、彼氏に疑...

男の一人暮らしに彼女の手料理を!自炊が苦手な彼に作りたい料理

一人暮らしをしている男性の中には、自炊が得意ではなく外食やお弁当ばかり食べている人もいます。そんな男...

男の一人暮らしにおすすめのプレゼントとプレゼント相場を解説

一人暮らしをしている彼氏の誕生日が近くなってきたら、一体どんなプレゼントをすると喜ばれるのか考えます...

高校生の恋愛あるあるをいくつかご紹介いたします

彼氏や彼女が出来る人は、早い人なら中学生や小学生の時なんていう場合もありますが、多くの人は高校生でや...

彼氏に電話したい気持ちを伝える方法!カップルの理想の電話頻度

彼氏と生活の時間がすれ違いだったり、仕事が忙しい彼氏とお付き合いをしていると、電話したいと思う気持ち...

彼女が可愛い!彼氏が思わずのろけたくなる可愛い彼女の特徴

「俺の彼女って可愛いんだよね」と、彼氏にのろけてもらえるような可愛い彼女になりたいと頑張っている女性...

スポンサーリンク

彼氏との倦怠期を乗り越えれば恋人として成長できる

付き合い始めの頃は彼氏と一緒にいるだけで、楽しくてラブラブな時間を過ごせた二人も、やがてその関係は日常へと変化をしていきます。

そこで訪れるのが倦怠期です。二人で過ごすことに慣れてくると、今までは見えなかった事も、お互いに見えてくるようになり、彼氏の良いところだけでなく、欠点も見えてくるようになります。

また、全てが新鮮で楽しかった付き合い始めの頃に比べると新鮮さはなくなり、お付き合いがつまらなく感じてしまうこともあるでしょう。

このような慣れは、相手に甘え過ぎてしまう原因にもなり、二人の関係を過信しすぎてしまうことに繋がります。

しかし、慣れや甘えは付き合いが長くなってくと誰にでも訪れる可能性があり、倦怠期もほとんどのカップルが経験する一つの通過点です。

倦怠期を悪いことと考えすぎず、これからの付き合い方とお互いを見つめ直す機会だとポジティブに捉えてみませんか。倦怠期を乗り越えれば恋人として成長することができ、さらに良い関係を気づくことができますよ。

彼氏との倦怠期を乗り越えたカップルは距離を置いて恋人と向き合った

倦怠期の主な原因は二人でいることが当たり前になり、慣れて来てしまうことです。

長い時間一緒にいてしまうと、その事が日常的になってしまい大切な相手の存在がわからなくなってしまうのです。

家族と一緒ですよね。一緒に過ごすことが当たり前過ぎて、感謝をすることも忘れがちです。

しかし、それでは彼氏とは上手くいきません。感謝をする気持ちや、相手を思いやる気持ちがないと恋人という関係性は壊れてしまいます。

そこでもう一度、自分や相手の気持ちを再確認するために必要なのが距離感です。

一緒に居すぎて、わからなくなってしまった関係を一度離れることでリセットしてみましょう。

彼氏の大切さや良いところをもう一度、実感できる良い時間になるはずです。

もちろん彼の嫌な点も再確認してしまうかもしれません。しかし、嫌な点がわかるということは、それだけお互いが自分のことを隠さずに素の自分を出せるということです。

良い点も嫌な点も、長く付き合っていくうちに必ず見えてくるようになります。しかし倦怠期を乗り越えられるカップルは、嫌な点を知った上で一緒にいたいと思って付き合いを続けています。恋人として向き合うことにより、さらに成長をしているのです。

彼氏との倦怠期を乗り越えたカップルの時間の使い方

倦怠期を迎えてしまったら、距離を置いて二人の関係を見直してみることは大切です。

そして、それと同時に自分の時間を持つことも考えてください。今まで空いている時間を彼氏と二人の時間にしていたのなら、お互いに自分に使える時間はとっても少なかったはずです。

知らず知らずのうちに、その事がストレスとなってしまって彼との関係が上手くいかなくなることもあります。

彼氏と距離をおいたら、会えていなかった友人との時間を作ったり、やりたかったことや趣味の時間を積極的に持つようにしましょう。ストレスの解消となり、時間を有意義に使うことが出来ますよ。

さらに自分の時間を持つことで、心に余裕が生まれ、彼氏との関係を客観的に見直すキッカケにもなり、二人の関係性にも違いがでてくるはずです。

彼氏との関係をもう一度しっかりと考え直す時間も必要ですが、まずは自分の心を充実させてみてください。

心がギスギスして窮屈だとネガティブな考えだけが頭に浮かんでしまいますが、自分の生活や心が充実したものとなれば、彼氏との関係性も今までとは違った、ポジティブな考えに変わることも少なくはありません。

彼氏との倦怠期を乗り越えたい時にNGなこと

倦怠期では距離を置く方法をオススメしましたが、それは決して時間をおいて時が解決をするまで待つだけ。というものではありません。

距離をおいている間にしっかりと彼氏との関係を見つめ直したり、自分の時間を有意義に使うための距離です。

もちろん友達と会ってストレスを発散させるのも良いのですが、男友達と遊んでわざと彼氏にヤキモチを焼かせたいと考えるのは、かえって逆効果となりNGです。

彼氏にしてみると、あなたの行動が理解できずに、もしかすると自分も男友達の一人だったかも?と誤解をしてしまったり、さらに倦怠期を悪い方向に向かわせてしまう危険性があります。誤解を招くような行動は控えましょう。

また距離を置いて会わない時間を過ごしていても、連絡を取ることは大切です。

お互いに二人の関係を見つめ直す期間だと理解をしていないと、連絡がない間に彼氏は自然消滅だと思い込んでしまうかもしれません。

適度な距離感をとることが、倦怠期を乗り越えるためには必要なのです。

彼氏との倦怠期は必ず乗り越えられると考えて前向きに

倦怠期は二人でいてもドキドキやワクワクがなくなり、日常的になってしまうことによって起こります。

しかし考えてみると、毎日一緒にいてドキドキやワクワクが一生続くような人が周りにいますか?お互いの気持ちを確かめ合って結婚した夫婦はどうでしょうか?そのような気持ちを毎日持ち続けている人は、本当に僅かだと思います。

誰でもどんなカップルにも、一度や二度は倦怠期が訪れるものなのです。そして倦怠期が訪れても乗り越えてさらに、良い関係を気づいているカップルはたくさんいます。

また倦怠期になり、お互いの欠点が目についてしまうのは、二人の関係が深くなり、飾らないところを見せられるようになった証拠です。

次の段階にステップアップしていると考えれば、悪いことではありませんよね。こうやって倦怠期という障害を乗り越えて、安定したお付き合いが出来るようになっていきます。

どうしても慣れや甘えがでてしまい、倦怠期に突入するとネガティブな考えになりがちですが、さらに良い関係に踏み出すためのキッカケだと考え、前向きに乗り越えていきましょう。