注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

彼氏への好きの言い過ぎは逆効果!好きな気持ちを伝える方法

彼氏のことが大好きで、いつも好き好き言い過ぎてしまう女性もいるのではないでしょうか。あまりにも好きだと言いすぎて、彼氏もそれに慣れてきたというカップルもいるでしょう。

彼氏のことを好きだという気持ちを全面に押し出し、いつも言葉で「好き」と伝えていると、それが逆効果になってしまうことがあります。

「好きな気持を伝えているだけなのにどうして?」と疑問に思う女性もいるでしょう。

ここでは、彼氏に「好き」と言いすぎてしまうことが恋愛において逆効果になることについてお伝えします。好きと伝えたくなった時は、その気持をグッと堪えることも大切なようです。

彼氏に伝える「好き」の言葉を効果的に使用して、二人の仲をもっと深いものにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学生の彼氏とお泊まり!親への伝え方とNGな行動を解説

大学生になると、一人暮らしをしている人も増えてきます。一人暮らしの彼氏に「家に泊まりにおいで」と言わ...

彼氏が嫉妬しない理由と心理。こんなタイプは嫉妬を表に出さない

あまりに嫉妬深い彼氏も大変ですが、全然嫉妬しない彼氏もいますよね。 嫉妬しない彼氏に対して、「本当...

男の浮気は当たり前?浮気男の特徴や心理・浮気心が湧く瞬間とは

彼氏に浮気をされたことがある女性の中には、どうして男が浮気をするのか、男の浮気は本当に当たり前なのか...

男の一人暮らしに彼女の手料理を!自炊が苦手な彼に作りたい料理

一人暮らしをしている男性の中には、自炊が得意ではなく外食やお弁当ばかり食べている人もいます。そんな男...

告白の返事を待たせる男性心理!待たせる理由と待つ間にできる事

勇気を出して好きな人に告白をしたのに、告白の返事を待ってほしいと言われてしまったら、どうして返事を待...

告白の返事待ち中に女性ができること!OKの可能性を上げる方法

好きな男性に告白して返事を保留にされている女性もいるのではないでしょうか。返事待ちの最中は、落ち着か...

彼氏が大好き!でも彼氏の気持ちに変化が?9ヶ月のカップル事情

彼氏とのお付き合い期間が9ヶ月になっても、まだ彼氏のことが大好きだという気持ちのままお付き合いをして...

彼氏に気持ちを伝える手紙の書き方!記念日に手紙を書くポイント

お付き合いをしている彼氏と記念日を迎えるとき、手紙を書いて彼氏に自分の気持を伝えたいと考える人もいま...

彼氏との倦怠期がないカップルの特徴とずっと仲良しでいる秘訣

交際が長くなってくると、どうしても最初のようなドキドキ感が薄れて、彼氏との関係が馴れ合いになってきて...

彼氏が風邪を引いた時の看病マニュアル!喜ばれるサポート方法

彼氏が風邪をひいてしまい、お見舞いに行きたいという場合もありますよね。 特に一人暮らしの彼氏だと、...

失恋から立ち直るまでの期間は?好きな男性が失恋した時の対処法

あなたの好きな人が失恋をして辛そうにしていたら、その失恋から立ち直るまでの期間がどのくらいになるのか...

結婚願望のない彼氏と別れを決める前に考えるべきこと

彼氏と長く付き合っていると、女性としては「結婚」を意識しますよね。 周りの友人も結婚していく人が増...

彼氏の浮気が心配で不安を感じている方へ。不安から抜け出す方法

彼氏の浮気がいつも不安で、自分が疲れて苦しいという方はいませんか? 彼氏が飲み会などに行っても...

バレンタインは彼氏にチョコだけでいい?高校生の彼への贈り物

バレンタインはカップルにとってのイベントです。高校生の彼氏にバレンタインの贈り物をするとき、チョコだ...

彼女が可愛いと男は心配!男性心理と彼氏に心配をかけない方法

「彼女が可愛いと心配だ」という男性はたくさんいます。実際に、自分の彼氏にこのように言われた経験がある...

スポンサーリンク

彼氏が浮気?好きの言い過ぎはNG

青春時代とも言える学生時代の恋愛は、とっても楽しいものですよね。
思っている気持ちもストレートに相手に伝える事もできるのも若さの特権でしょう。
ただし、その好きな気持ちをたくさん伝える事は良くも悪くもあることを知っていましたか?
伝えている側にすれば、「わたしはこんなに好きなんだから、もっと彼にも好きになってもらいたい!」という思いから伝えている面もあるのでしょうが、受け取る男性側の気持ちとしては少し違うようです。
ここからは、好き好きとたくさん伝える事で、どのようなリスクが伴なうのか検証してみたいと思います。

彼氏に「好き」を言い過ぎると調子にのってしまう。

字の通りですが、彼氏にしたら「こいつは俺の事大好きだから、絶対離れないだろう」と思い込んでしまうのです。
最悪の場合「浮気をしても離れることは無いだろう」なんて気持ちにさえさせてしまうことがあるので注意が必要です。

立場が逆転。

これは、上記の「調子に乗ってしまう」にも結びつくのですが、彼女からたくさんの思いを日々受け取る事で、調子に乗ってしまい2人の関係が対等ではなくなってしまうという事です。彼氏側の気持ちは「どんな事をしても、彼女に思われている」という自信過剰な状態へと勘違いさせてしまうのでそんな2人の関係は悪い方向へと向いてしまう場合もあるのです。

彼氏に好きと言い過ぎてしまうのは逆効果!我慢が良い理由

他にも好きと伝える事が2人の関係にどのような災いをもたらせるのか検証してみましたので、紹介したいと思います。

彼氏に「好き」を言い過ぎると、当たり前化してしまう。

極端に説明しますと、「あいさつ」と同じ表現になってしまうという事です。
朝起きたら「おはよう」と言いますよね。
それは毎日使う言葉で、何も違和感なく伝える事ができると思います。
ところが「好き」は、感情を表すための手段として用いる特別な人にしか伝えない言葉ですよね。
本来は、自分の気持ちを伝える言葉なので恥じらいや勇気が必要な言葉として捉えられる言葉なのですが、毎日使い過ぎているため日常化してしまい、そこにはトキメキも喜びも生まれなくなってしまうのです。

日々好きと言い続けることで、「好き」の重みがなくなり上記の通り当たり前化するとともにその女性の好きはどんどん新鮮味もかけていきます。
そのため、新鮮な好きを探し始めてしまうのです。
恋愛だけではなく、これは全ての人に共通している意識ですが、古い魚より新鮮な魚をプレゼントしてもらった方が喜びも大きいですよね。

人間の恋愛は「来るものに対しては安心感も含めて離れてしまう傾向があるのに対し、離れてしまうものには来てもらえるように一生懸命追いかける」と言った心理が働きます。
そういったことから検証しましても、やはり「好きの言い過ぎ」はよい結果を生みづらくなってしまうのです。

好きの言い過ぎは彼氏に義務で「好き」と言わせてしまう

彼氏に「好き」と言い過ぎる行為は、他にも残念なリスクをうんでしまいます。

「好きって言ってくれるだけでいい!」なんて彼女もいますが、心がこもっていない好きは、言ってもらっても何も嬉しくないですよね。

一般的に「なんで好きって言ってくれないの?」と彼女が彼氏に詰め寄っている・・・なんて姿が想像できる通り、愛情表現は女性の方ができる場合が多いです。
そこで、彼氏に無理強いをして「好き」と言わせることは、果たして今後付き合っていく上で良い結果を生むのかどうなのか検証してみたいと思います。

義務化のため、感情がわからなくなることも。
彼女が毎日言うから、彼女に催促されるから、などの理由で、日々彼女に「好き」と伝えている男性も少なくないでしょう。
ただし、これを毎日続けていくことで(上記でお伝えしましたとおり)、当たり前化が徐々に浮き彫りになってきます。
そんなお互いのサインも、時が立つのと同時に「面倒」に思えてしまうのが彼氏です。

最初は嬉しいから好きと言い返していた彼氏ですが、正直男性の心情としては「好き」は重たい感情ですので、彼女からの愛情が重荷になってしまう、言いすぎて疲れてしまう、なんて心境にもなってしまうのです。

彼氏への「好き」を別の言葉に置き換える

でも、やっぱりストレートに彼氏に「好き」って伝えたいですよね。
そんな気持ちを彼氏に伝えるには他にも方法はたくさんあるんですよ。

これだけ想っているという気持ちを彼氏に伝えるには、下記のような方法も試して見て下さい。

ニコッと笑顔でありがとう。
些細なことで大丈夫です。
食事の時に箸をとってくれた時「ありがとう」とニコッと笑って返事をしてみて下さい。あなたの笑顔は彼氏にとって100万倍の魅力があるのです。
人間誰しも「ありがとう」と言われるだけで心が喜びますよね。
「好き」と表現しなくても、それだけで彼氏はあなたからの愛情を確認することができるでしょう。

彼氏を褒めてあげる。
好きではなくて、「かっこいい!」「とっても頼りになるよ」なんて、言葉はどうでしょうか。女性よりプライドが高いとされている男性ですので、彼女から頼られたり見た目を褒められた彼氏は嬉しさマックスです。
誰でも褒められて怒る人はいないですよね。

彼氏への「好き」は肝心なときに使おう

ここまで、彼女からの「好き」の言い過ぎについて検証してきましたがいかがでしたでしょうか?
すべてまとめてみても、「好き」の言い過ぎはよい結果を生まないという結論がほとんどですね。
では、「好き」という想いをどのように伝えることが好ましいのか最後に紹介します。

大切な時用に心の奥にしまいこんで。
「日頃言い過ぎ」な好きを今度は真逆の「絶対言わない、何かのイベントのときのみ伝える」に変更してみたらどうでしょうか?
これは、とっても良い結果をうむのです。
大切に想っている気持ちが花を開くといいますか、彼氏にとってもその感情は特別なものとして受け入れることができるため、彼氏の心にとっても響くのです。

せっかく縁があって出会った2人ですので、お互いの気持ちが通じ合えば合うほど幸せな毎日が待っていますので、是非そんな日々を継続していく意味でも大切に「好き」を使い分けて下さいね。