注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

彼女の作り方は?30代で彼女が居ない息子に親ができること

「息子はもう30代なのに彼女もいないみたい」こんなお悩みを抱えているお母さんもいるのではないでしょうか。息子に彼女ができるように、彼女の作り方を知りたいという人もいるかもしれませんね。

30代の男性の中には、結婚相手どころか彼女も居ない男性がいます。では、彼女ができないのは一体どうしてなのでしょうか。彼女を作るにはどうすれば良いのでしょう。

ここでは、30代の息子に彼女ができない理由と、親にできる対処法についてお伝えします。親として息子のために何をしてあげればいいのか、反対に何がNGなのかをチェックして、息子の人生を応援してあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

親を嫌いになる理由!反抗期の子供が親を嫌う理由と接し方

「親なんて嫌いだ」と子供に言われてしまったら、その理由はなのか知りたくなりますよね。子供に暴言を吐か...

親が嫌い!反抗期の子供が父親を嫌いになる原因と対処法を解説

反抗期のお子さんをお持ちのお母さんの中には、子供が自分の父親を嫌いだと言うことに頭を悩ませている人も...

結婚祝いの選び方!友達に贈りたいもらって嬉しいプレゼント

友達へ結婚祝いのプレゼントを贈りたいという場合には、どのようなものが良いのでしょうか?仲の良い友人だ...

集団行動が苦手で友達がいない!集団に馴染む方法と寂しさ解消法

集団行動が苦手で一人で行動することが多いと、自分の周囲で楽しそうにしているグループを見かけると寂しい...

節約方法を紹介!食費を3万円以下に抑える4人家族の食費節約術

マイホーム購入など、将来の夢のために節約に励んでいる奥さまもいますよね。そんな奥さまの中には、食費を...

赤ちゃん返りは高校生の娘でもするの?行動の特徴と心理・対処法

お子さんが高校生になると、「いよいよ子育ても終盤に近づいてくるのかな」と考えながら子育てをすることも...

男の一人暮らし・ワンルームの部屋を広く見せるインテリアの配置

これから息子さんが一人暮らしをするという親御さんのなかには、男の一人暮らしに対して色々な不安を感じて...

集団行動が苦手な人の性格の特徴と仕事上でのデメリットを解説

集団行動が苦手で、職場で一人で過ごすことが多い女性もいるのではないでしょうか。自分ではそれほど不便に...

友人代表スピーチは締めの言葉が重要!スピーチのコツと注意点

友人代表スピーチをする場合はいくつか注意点がありますが、締めの言葉も重要です。 友人代表のスピーチ...

彼氏との同棲を親に伝える時のポイントと同棲を許してもらう方法

彼氏と同棲したいと考えた時、親に何も言わずに同棲をするのはNGです。親に何の報告もなく同棲生活をスタ...

彼女の作り方!40代の息子に彼女がいない理由と親にできること

「もう40代なのに息子に彼女がいない」こんな心配を抱えているお母様もいるのではないでしょうか。彼女の...

同棲を伝えるタイミング。親に言う伝え方と反対された時の対処法

彼氏と同棲を始めたいという時に、一番の問題が親に言うタイミングです。すぐにOKを出す親はまずいないと...

親がウザい!「早く結婚しろ」と何度も言われるときの対処法

自分の親に「早く結婚しろ」と言われることをウザいと感じている人もいるのではないでしょうか。 世...

新婚でも離婚して後悔したくない!決断する前のポイントを紹介

新婚でも離婚してしまう夫婦も少なくありません。でも、今は結婚を後悔しているけど、離婚をすることでもっ...

親が嫌い!高校生の娘が母親をストレスに感じる時の付き合い方

自分の母親のことが嫌いでストレスに感じてしまう人もいますよね。特に、高校生くらいの女の子の中には、思...

スポンサーリンク

30代男性の彼女の作り方・彼女ができない原因

女性の社会進出が進むにつれて、結婚している人が少なくなっていると言われている昨今ですが、みなさんはどのように感じていますか?

勿論、女性がバリバリ働いている姿を考えると、男性と一緒に人生を歩んでいくという選択肢は見つからないのかもしれません。
では、男性側には問題は問題は無いのでしょうか?
ここからは、そんな結婚適齢期ともいわれている30代の男性に彼女がいない理由としてどんなことがあげられているのかを紹介していきたいと思います。

30代で彼女がいないのはケチだから。

年齢を重ねれば重ねる程、収入が多くなるのが世の中一般的なのに対して、食事に行っても「割り勘」、逆に支払いになるとごまかして居なくなる、なんて男性は見たことありませんか?
そんな男性は到底女性から敬遠されます。
女性が男性に求めるのは「大きな経済力」であったり「広い心」だからです。

身だしなみに無頓着。

これは、男女両方に言えることでもありますが、何より第一印象はとても大切です。
髪の毛ボサボサで、服もしわしわのシャツを着ている人がいたとします。
一見どんな印象を持ちますか?
清潔感というものは感じませんよね。
「だらしない」印象は、女性から敬遠されてしまうのです。

自分の時間が充実している。

趣味のアニメや模型製作など、一般的に男性は女性より収集癖が強いと言われています。そのため、休日の自由な時間を趣味に費やしてしまう傾向があるため、女性とのお付き合いを敬遠している男性がいるのは事実なのです。

出会いの場がない。

これは、多く言われている問題で、職場関係交友関係など考えても出会いの場が無い人がとても多いという結果です。
職場が男性ばかりの工場勤務だったり、友達はみんな既婚者でなかなか独身者がいないなどの理由から彼女を作るというところまでつながらないというのが現状のようです。

彼女の作り方は実家ぐらしをやめること?実家ぐらしの30代男性は彼女ができにくい

実は、他にも彼女ができない大きな理由があるのです。
それは、「実家暮らし」です。

「実家暮らし」の30代男性のどのような点が彼女ができない理由とつながってくるのか紹介したいと思います。

家事、料理は、親が担当してくれる。

長年の流れからか、家事も料理も親がまかなってくれているため、男性は何一つ困った生活をしていません。
そのため、彼女が欲しいと心の中では思っていても、今の生活に何不自由していないからな・・・と一歩外に出ることをしたがらない傾向があるのです。

女性側から敬遠。

男性側が実家に暮らしていると、例えお付き合いを開始しても家に行ってデートするという感覚になりにくい傾向があるのです。
大の大人(30代の男性)が、そんな歳まで自立していないなんてマザコンかも!?と怪しまれてしまう原因にもなるでしょう。
一般的に日本の社会では女性よりも男性の方が年収が高いと言われているため「なぜ1人暮らししないんだろう」「親に何か問題でもあるのかな」などと勘ぐられてしまうことも原因の1つになりますね。
デートの場所として、2人きりの時間を過ごす上で重要なのが互いの家の存在ですので、男性側が実家住まいとなるとなかなかいけませんよね。そこも原因にあるようです。

彼女の作り方は知らなくていい?30代の男性には草食系も増えている

社会進出している女性が多い現在社会では、バリバリ働いてる女性が多いため、男性より芯のシッカリした女性が増えてきています。
その一方で、「草食系男子」と呼ばれる男性が逆に多くなってきているのも事実です。
「草食系男子」と呼ばれている男性は、主に「弱い」イメージが強く、他にも「ハッキリ物事を言えない」「女性に何か言われたら言われっぱなし」なども理由になっています。その中で、恋愛に強く積極的にいけないのも草食系男子の特徴のため、30代になっても彼女ができない、今まで彼女を作ったことがないと言われている人が多いのです。

確かに、昭和の時代の男性を考えれば「俺についてこい!」「女は男より一歩下がって歩く!」等、男尊女卑を強調しているかのようなイメージが多かったため、女性が働きに出るなんてありえない、なんて意見もあった程です。
ですので、結婚した女性は「家庭を守る」主役として裁縫学校がたくさんあったり、女性の礼儀や作法などの質をあげるために「女学校」などもたくさんありました。
ところが、昭和も終わり平成が進むにつれて、世界社会の進化とともに日本も女性が社会に出るべき!という風潮が強くなってきたため、バリバリ働いて男性の収入にさえ劣らない「キャリアウーマン」という存在がうまれたのです。
そこで、弱くなってきたのが男性の存在です。
良く言えば「優しい男性」ともとらわれる草食系男子ですが、残念ながら「頼りない男性」と捉えられることの方が多いのが草食系男子の一般的なイメージなのです。

30代の息子に彼女ができない!親としてできること

では、そんな息子に親として何か出来ることはないのでしょうか?
寿命の順番から言ったら間違いなく親が先に逝ってしまうので、残された子供の将来は、いくつになったとしても心配ですよね。

ここからは、親が子供にできることを紹介したいと思います。

30代の息子には手を貸さない。

これは、いわゆる「マザコン」にならないための必須な条件です。
同居していれば、何かしら手を貸したくなるのが親心です。でも、それを続けていくと子供は環境から抜け出せなくなります。
例えば、洗濯も料理もです。
出来ることは、自分でさせなくてはいけません。
自立を促すのです。
今の時代、料理ができない男性は女性から好かれません。

頼らない。

どうしても一緒に暮らしていると「病院や買い物に連れて行ってほしい」とお願いしてしまいますよね。
勿論、時と場合によっては必要かもしれませんが、基本的には親は干渉しない事が1番必要なことなのです。
親に自由な時間も拘束されてしまうと、出会いどころの話しじゃなくなってしまいますよね。
親も出来る限り「子供はもう巣立った」気持ちで、自分の事は自分でこなすよう心がけなくてはいけないのです。

親として息子にしてはNGな事

では、親として子供にしてはいけないこともお伝えしたいと思います。
親から見たら、子供はいくつになっても子供ですので、ついつい世話をやきたくなってしまう気持ちもわかりますが、そのままでは何も変わらないんです。
親が必要以上に子供に手をかけすぎているため、子供の婚期が遅れている場合もあるのです。

彼女は?と口うるさい。

心配しすぎるばかりに、「いつになったら彼女連れてくるの?」「女性の1人や2人はいないのかい?」など子供も気にしているであろう事を口うるさく言うのはとっても良くありません。子供は子供ですが、大の大人でもありますので鑑賞されたくないという気持ちは強いのです。

お見合いや婚活パーティーのセッティング。

テレビなどでも見たことはありますが、子供の結婚相手を探すために、親専用の婚活パーティーが開かれていることも事実です。
勿論、人生の先輩でもある親ですから、人を選ぶ上で自信があるのもわかりますし、理想の相手を子供に会わせたい、気持ちもわかります。
ただ、本人ではありません。
どれだけ素敵な女性を見つけてきたとしても、本人の意志がそこになくては全く意味がないのです。
親としての願いが、気づいたら押し付けになってしまっている結果なのです。

なかなか良い異性を見つけられない自分の子供に対して、手を差し伸べたい親心も十分わかります。
でも、子供の人生は子供のものです。
上記に記載した内容に十分注意した上で生活していると、必然的に理想の女性はよってきてくれると思います。
焦らず、ゆっくり見守っていてあげて下さいね。