注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

旦那が大好き!今よりもっと旦那に好かれたい妻ができること

結婚して数年の時間が経っても、自分の旦那のことが大好きで、もっと旦那に好かれたいと思っている奥様もいますよね。

結婚してからのほうが旦那様のことを好きな気持ちが強くなったという人もいるのではないでしょうか。

結婚してからもっと愛が深くなるのはとても良いことです。お互いに愛しあって、いつまでも素敵な夫婦でいましょう。

ここでは、大好きな旦那に今までよりももっと好かれる方法についてお伝えします。ずっと旦那様に愛される、魅力的な奥様でいましょう。

夫婦の仲が良いと、その家庭で育つ子供も幸せに育ちます。ずっとラブラブな夫婦でいるためにも、たくさん愛を注いでください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

旦那の小遣い5万は妥当?30代男性の平均小遣いと金額の決め方

旦那に小遣いを5万円渡しているのに、その金額では少ないと言われてしまったら、家計を預かる主婦としては...

旦那が大好き!単身赴任中の寂しさを乗り越えて絆を強くする方法

大好きな旦那さまが単身赴任をしていて、寂しい気持ちを抱えながら生活している奥さまもいるのではないでし...

旦那の転職が失敗しないために妻ができる対応と失敗した時の対策

旦那の転職活動が失敗してしまうと、その後の生活を大きく圧迫してしまいます。 収入が減る、条件の悪い...

旦那の変化。つわり中に優しい旦那の行動と上手なお願いの方法

つわりの辛さは、男性にはなかなかわかってもらえない辛さです。辛さがわからない旦那からの何気ない一言に...

旦那がウザい!産後旦那にイライラする時の対策と産後クライシス

赤ちゃんを育てている子育て中のママの中には、旦那をウザいと感じてイライラしながら毎日を過ごしている人...

旦那のめんどくさい性格が嫌!嫌いにならないために妻ができる事

旦那性格がめんどくさい性格で毎日のようにうんざりしている奥さまもいますよね。めんどうな性格だと感じて...

旦那のしんどいアピールが鬱陶しい!アピールする理由と対処法

体調が悪くなると、しんどいアピールをしてくる旦那さんは多くいます。微熱程度の熱なのに大騒ぎしたり、何...

旦那の転職が不安!旦那の転職を考えたときの心構えとサポート

旦那が「転職したい」と告白してきたら、不安を感じてしまう妻も多いでしょう。 旦那の転職先が今よりも...

旦那が子供に無関心な理由と対処法!母親のフォローも大切です

旦那が子供と関わりを持たず、無関心な様子を見せていると、子供に対して愛情がないのではないかと不安に感...

旦那が浮気!その時妻はどうする?旦那の浮気を解決する方法

旦那の浮気が発覚。その時、妻のあなたはどうすることを選ぶでしょうか。子供がいる場合は、簡単に離婚をす...

旦那にイライラ!対処法は?即効性があるスッキリする方法を紹介

自分の旦那にイライラして毎日ストレスを抱えて過ごしている奥さまもいますよね。そのままの気持ちを抱えて...

旦那がストレス!離婚したいほど旦那が嫌な時の離婚回避方法

旦那のことをストレスに感じ、離婚をしてもいいと考えてしまう奥さまもいますよね。世の中にはあなたと同じ...

旦那の浮気が許せない女性へ。気持ちが楽になる方法

浮気した旦那さんのことを、一度は許そうと決めても心の奥では許し切れなくて、辛い思いをしている方はいま...

旦那の小遣い事情と内訳。旦那のお小遣いの平均額と渡し方

妻が家計を管理し、旦那さんへはお小遣い制というご家庭も多いですよね。 そこで、悩むのがお小遣い...

旦那がストレス!妊娠中旦那にストレスを感じる原因と対処法

妊娠中の女性は、自分の体調のことやこれから始まる赤ちゃんとの生活のことを考えて不安な日々を過ごすこと...

スポンサーリンク

旦那が大好きで好かれたいなら言葉で感謝を伝えよう

旦那が大好きで好かれたいと思うなら感謝の気持ちを言葉にして伝えることが大切です。

毎日仕事を頑張っている旦那にどう感謝の気持ちを伝えようと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
感謝の気持ちを料理にして伝えようとしたりなど、言葉にすることよりも毎日の家事などに組み込んで伝えようとしていませんか?

感謝の気持ちを何かで表現しても、旦那に上手く伝わらないことが多くあります。
旦那も毎日仕事を頑張っているのに「お疲れ様」の一言も無いのだろうかと寂しくさせてしまう可能性もあります。

お互いに気持ちがすれ違わないように、感謝の気持ちを言葉にして伝えることが大切なのです。
言葉は他の何よりも相手に伝わりやすく、すれ違いが生じることもありません。

感謝されていると実感することができた旦那は明日からの仕事も頑張ろうと思えますし、妻に対する愛情も高まります。
感謝の気持ちを伝えてもらえると嬉しく思うものなのです。

大好きな旦那にもっと好かれたい時は「褒める」こと

大好きな旦那にもっと好かれたいなら褒めることが大切です。

褒められて気分が悪くなる人はまずいません。
男性は褒められることが大好きで、たくさん褒められると相手に好意を伝えたくなるのです。

旦那をたくさん褒めてあげることで愛情表現をたくさんしてもらえるようになることがあります。

旦那を褒め慣れていない方はどのように褒めると良いのかわからないと思うこともあるのではないでしょうか。
どのように褒めると良いのかご紹介していきます。

突然たくさん褒められるようになると「何かやましいことでもあるのではないか」と疑われてしまうこともあるので、少しずつ褒めていきましょう。
突然1日に何度も褒められるとびっくりしてしまうので、3日に1度のペースから少しずつ頻度を増やしていくと自然に褒めることができます。

また、相手を尊敬しながら褒めることが大切です。
褒めていても相手が自分を下に見られているような感覚になる褒め方をしてしまうと気分が良くないので、相手を尊敬している気持ちを忘れずに褒めることが良いのです。

褒め上手になれば旦那からもっと好きになってもらえることがあるので、毎日褒めてあげたいことを紙に書き出してと良いでしょう。

大好きな旦那にいつまでも好かれたいなら旦那の時間も大切に

大好きな旦那にいつまでも好かれたいなら旦那の時間を大切にしてあげましょう。

毎日仕事を頑張っている旦那はストレスもたくさん溜まっています。
旦那が自由にできるプライベートな時間を作ってあげてストレスを発散させてあげましょう。
旦那の時間を作ってあげないとストレスが蓄積されていき、気持ちのやり場が妻に向いてしまうこともあります。
お互いに不快な思いをしないために自由にできる時間を作ってあげるように心がけましょう。

旦那だけが自由な時間を楽しんでいて妻の自由な時間が充実していないと、旦那に対して不満を感じてしまうので、お互いに自分の時間を楽しめるように工夫しましょう。
何か打ち込める趣味を作ってみるのも良いので、自分一人でも楽しめることを見つけましょう。

旦那は自由な時間を作ってくれる妻に感謝し、さらに好きになってくれます。
今よりももっと好きになってもらいたいと思うなら、旦那の一人の時間も大切にしてあげましょう。

結婚後も旦那に愛されている妻の特徴

結婚後も旦那に愛される妻の特徴にはどんなものがあるのでしょうか。

結婚後も旦那に愛される妻は、旦那に対して大らかな気持ちを持っています。
結婚生活を送っていると旦那が靴下を脱ぎっぱなしにしているというような細かいことを気にして怒ってしまう方もいますが、愛される妻になるためにはこのような細かいことを許してあげるようにしましょう。

また、結婚後は育児などで忙しくなり身だしなみを整えなくなる女性もいますが、旦那は妻のことをいつまでも女性として見ていたいと思っているので、どんなに忙しくても外見に気を使うように心がけましょう。
バッチリメイクをするということではなく、ある程度の身だしなみは整える程度で十分です。

旦那への関心を持ち続けることも愛される妻の特徴です。
旦那の仕事が忙しくて帰宅時間が遅いとしても、なるべく顔を合わせて話をする時間を作るようにしましょう。
自分への関心を持ってくれている妻をいつまでも大切にしたいと思うものです。

旦那にいつまでも大好きでいてもらうためのポイント

旦那にいつまでも大好きでいてもらうためにはどのようなことに気をつけると良いのでしょうか。
旦那に大好きでいてもらうためのポイントをご紹介していきます。

二人で会話をする時間を大切にする

結婚して子供が産まれるとなかなか二人で会話をする時間が作れないものですよね。
旦那の仕事が忙しくて帰宅時間が遅く、会話をする時間がないという方もいますが、どんなに短い時間でも二人で会話をする時間を大切にするように心がけましょう。

美味しい手料理で旦那の体調を気遣う

仕事で疲れている旦那を気遣って、元気の出る手料理を作ってあげるととても喜んでもらえます。
体調を気遣って手料理を振る舞ってくれる妻のことを一生守っていきたいと思うものですよ。

感謝や尊敬の気持ちを忘れない

どんなに小さなことでも感謝の気持ちを忘れずに伝えるようにしましょう。
また、旦那を敬って尊敬する気持ちを持ち続けることであなたへの愛情をいつまでも感じることができるのです。
感謝や尊敬の気持ちを忘れず、言葉にして伝えるように心がけましょう。

いかがでしたか?
大好きな旦那にいつまでもすきでいてもらうためには、愛される妻でいるように努力をすることが大切です。
努力と言っても感謝や尊敬の気持ちを忘れずにいることや気遣う気持ちを持ち続けるというようなごく普通のことです。

意外とできないという方もいるので、できていないと思う方はできるように少しずつ努力していきましょう。