注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

旦那の小遣い5万は妥当?30代男性の平均小遣いと金額の決め方

旦那に小遣いを5万円渡しているのに、その金額では少ないと言われてしまったら、家計を預かる主婦としては頭を悩ませてしまいますよね。

少ないと言われても、家計のことを考えるとお小遣いのアップも難しい。こんな状況になってしまうこともあるでしょう。

世の中の30代男性は、一体どのくらいの金額のお小遣いをもらっているのでしょうか。昼食代が含まれた、お小遣いの平均金額はいくらなのでしょう。

ここでは、30代男性の平均のお小遣いの金額や旦那のお小遣いを決める時の目安、お小遣いが少ないと言われてしまった時の対処法についてお伝えします。

夫婦でお互いに納得のいく金額を決めて、円満に生活できるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

旦那が嫌いすぎる!どうすればいいか考えている人へのアドバイス

どうすればいいかわからないほど旦那が嫌いすぎる妻は世の中にたくさんいます。嫌いすぎる旦那と毎日同じ屋...

旦那にイライラするのは新婚ならではの理由がある!上手な解消術

楽しい毎日を期待していた新婚生活。 なのに、実際に一緒に生活を送るようになると、旦那に対してイライ...

旦那が大好き!里帰り出産が辛いときの乗り越え方を解説

里帰り出産を控えている妊婦さんの中には、旦那さんのことが大好きで離れて過ごすことを不安に感じている人...

旦那にイライラ!対処法は?即効性があるスッキリする方法を紹介

自分の旦那にイライラして毎日ストレスを抱えて過ごしている奥さまもいますよね。そのままの気持ちを抱えて...

赤ちゃん返りする旦那にイライラ!離婚を考えた時の対処法

赤ちゃん返りする旦那へのイライラが募り、我慢の限界が近付くと「離婚」の二文字が頭をよぎることがありま...

旦那がストレス!妊娠中旦那にストレスを感じる原因と対処法

妊娠中の女性は、自分の体調のことやこれから始まる赤ちゃんとの生活のことを考えて不安な日々を過ごすこと...

旦那の転職で引っ越し!不安を解消する方法と考えたいこと

旦那の転職で引っ越しをすることになったら、色々な不安が頭の中を駆け巡ることだと思います。 特に子供...

男の匂いが臭い!旦那の加齢臭が気になる時の対策と予防方法

最近旦那の匂いがなんだか臭い!こんなお悩みをお持ちの奥さまもいますよね。男の人が中年と言われる年代に...

旦那のしんどいアピールが鬱陶しい!アピールする理由と対処法

体調が悪くなると、しんどいアピールをしてくる旦那さんは多くいます。微熱程度の熱なのに大騒ぎしたり、何...

旦那の転職が失敗しないために妻ができる対応と失敗した時の対策

旦那の転職活動が失敗してしまうと、その後の生活を大きく圧迫してしまいます。 収入が減る、条件の悪い...

会社での旦那の呼び方は?印象が悪くならない旦那の呼び方を解説

ママ友や親しい友人の前では、自分の旦那のことを「旦那」という呼び方で呼んでいても、会社ではどんなふう...

旦那の小遣い事情と内訳。旦那のお小遣いの平均額と渡し方

妻が家計を管理し、旦那さんへはお小遣い制というご家庭も多いですよね。 そこで、悩むのがお小遣い...

旦那が可愛い子を見るのはなぜ?男性心理と妻ができる対処法

旦那と一緒に歩いているとき、すれ違う可愛い子をいつも旦那が見る事に腹を立てている奥様もいますよね。横...

【旦那の転職40代】転職の不安と夫の転職で妻が考えたいこと

40代の旦那が「転職したい」と言い出したら、妻であるあなたは一体どう考えますか?旦那の転職では、不安...

旦那にイライラ!子育てに非協力的な旦那が嫌な時の対処法を解説

一生懸命子育てをしている横で、旦那はゴロゴロ、テレビを見たりゲームをしたり、全く協力してくれる様子が...

スポンサーリンク

旦那の小遣い5万円は少ない?30代男性の平均のお小遣い金額

旦那のお小遣い、お家にとってお互いに譲れないシビアな家庭の問題の一つですよね。

もちろん旦那にとって多ければ多いほど嬉しいでしょう。そして、妻にとってもあげられるのなら、旦那が満足の行く金額を出してあげたいはずです。

しかし給料の収入面や、子供の有無によってお小遣いとして旦那に渡せる金額には違いが出てきます。

そこで30代男性のお小遣い平均金額はいくらなのか?平均値を探ってみました。実は20代の男性よりも、お小遣いの平均金額は低くなり、3万円台となることがわかりました。

旦那さんにお小遣いを5万円渡しているのなら、けっして少なくはない金額だということです。

もし、もっとあげてほしいと交渉をしてくるのなら、この様な旦那のお小遣いの明確な平均金額を話し合いの場に、参考資料として提示をしてみてください。

旦那も今のお小遣いが平均よりも高いことがわかれば、無理な値上げをして墓穴を掘ることを避けるはずです。

昼食代込みの旦那の小遣いが5万円は妥当なのか

旦那のお小遣い問題、5万円と平均金額よりも高い場合でも、昼食代込みになるとどうでしょうか。

まずは昼食代にいくらかかるかですよね。コンビニのお弁当や、安い食堂のランチを考えて1食500円と考えてみます。週休2日で祝日を含むと、1月20日程度の出勤なので、500円×20日で1万円が昼食代にかかる見込みとなります。

30代男性の平均が3万円~4万円の間となるので、プラス1万円で4万円~5万円が妥当な金額です。

旦那のお小遣いが5万円なら昼食を込みの場合でも、けっして少なくはないということです。

昼食代を問題点として値上げを交渉してくるのなら、しっかりと昼食代をいくらにするかを話し合い、2人が納得の行く金額にしてくださいね。

旦那の小遣いを決める時の目安

旦那のお小遣いを決めるとき平均金額がいくらかを目安にするのも一つの方法ですが、旦那が納得をしないのなら、旦那の給料、収入金額の1割としてみてはどうでしょうか。

この1割という金額は、一般的な家庭だと生活に響かない、お小遣いの金額だと言われています。

同じ30代だとしても、個々で収入金額には違いがあります。頑張って平均以上に稼いでいる旦那だと平均金額を話し合いに持ち出しても、納得をしてくれない可能性があります。

お給料の何割を支出で占めるのか?何割を貯蓄にまわすべきなのかを考え、その上でお小遣いが1割というのは妥当だということを理解してもらいましょう。

男性は女性と違い感情や感覚に流される方は少なく、理論的な考え方をします。ハッキリとして数字が目の前に提示されれば、きっと理解をしてくれるでしょう。

妻も感情的にならずに、しっかりと話し合いをしてくださいね。

旦那の小遣いは夫婦で納得できる金額に決める

上記してきたように旦那のお小遣いを決める場合、一方的に自分の意見を押し付けてしまっては、後々も問題点として浮き上がってきます。

同じことで何度も話し合いをするのは疲れてしまいますよね。一度で面倒な金銭的な話を解決するためには、お互いに納得する事が一番の重要点です。

家計簿などを付けている場合には、収入と支出を旦那に数字として確認してもらうのも良いでしょう。

どんなに小遣いをあげてほしくても、事実上無理なら納得せざるえません。

また給料などの収入や、家庭のスタイルはその時時で違いが出てきます。給料がアップしたり、子供が大きくなって妻も働きに出かけるようになると、家計全体での収入がアップします。

逆に給料が会社の実績によって減額されてしまったり、子供が大きくなっていき教育資金にお金がかかるようになり、家計状況が厳しくなることもあります。

家庭の状況が変わったら、よい場合も、そうではない場合でも、そのつど夫婦で話し合いをして小遣いに反映させていくと、お互いに無理がかからず、そして納得の行く小遣いの金額にすることが出来ますよ。

小遣いが5万円では少ないと旦那に言われたら

まずは上記したような対処方法を試してみてください。お小遣いの平均金額や、収入に見合った小遣いの金額かどうか、そして家庭の支出に関しても、これを機会に十分に旦那と納得が行くまで話し合いをしましょう。

しかし、旦那が納得せずに5万円では少ないと主張してきたら、お小遣いの使用目的、内訳を明確にしてもらってください。

どこにどれほどお金がかかっているかがわかれば、より対策を練りやすくなり、話し合いのポイントにもなります。

もし昼食代にかかっているのなら、お弁当にして節約する方法もあります。仕事場でお弁当を食べるのが嫌だというのなら、週に一度程度でも、お弁当にするだけで4日~5日分浮かせることが出来て、1日1000円を昼食代にしているのなら、週一のお弁当でも約5000円程度浮かせることが出来ますよね。

また嗜好品にかかっているのなら、量をセーブしてもらうなどの対処方法を提案してみてはいかがでしょうか。

このように内訳を旦那に明確にしてもらうことによって、対処方法が見えてきます。話が並行線上をたどってしまったときには、おすすめの方法です。

その他には、どうしても今までのスタイルで小遣いアップを望むのなら、歩合制を取り入れる方法もあります。営業マンの場合はその月の売上次第で、給料が変動することが少なくありません。

多い月は小遣いもアップ!少ない月は減額というように、旦那の頑張りを目に見える形で小遣いに反映させます。

ボーナス時に、お小遣いでカバーしてもらうという方法もありますね。

どの様な場合でも片方だけが納得するのではなく、お互いに妥協点などを探り合い納得の出来る話し合いをすること考えましょう。