注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

男性の服のコーディネート・細身男性をかっこよく見せる着こなし

旦那さまが細身体型で、服のコーディネートが難しいと考えている奥さまもいますよね。
細身の男性が間違えた服のコーディネートをしてしまうと、頼りない印象になったり、男らしく見えない・中性的な印象になるなど、かっこよく見えないこともあります。

ここでは、細身の男性をかっこよく見せる服のコーディネートについてお伝えします。

体型を活かした服装や、細身体型をオシャレにカバーできるコーディネートについてお伝えしますので、是非参考にしてください。

奥さま理想の素敵な旦那さまに変身させて、恋人気分でデートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

妻の愛で、夫をイケてるかっこいい男性に変えましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

旦那が浮気!浮気相手に慰謝料を請求したい時の慰謝料請求方法

信じていた旦那が自分の妊娠中に浮気!こんな事態が起きてしまったら、妻の心の中には怒りや悲しみが渦巻い...

旦那の小遣いの使い道は?旦那のお小遣いが足りない時の対処法

旦那さまに毎月小遣いを渡して、その中で一ヶ月やりくりをしてもらっているというご家庭は多いですよね。で...

旦那のしんどいアピールが鬱陶しい!アピールする理由と対処法

体調が悪くなると、しんどいアピールをしてくる旦那さんは多くいます。微熱程度の熱なのに大騒ぎしたり、何...

旦那に可愛いと言われる方法!可愛い妻の性格と見た目の特徴

あなたは自分の旦那様に「可愛い」と言われることはありますか。結婚をするまではいつも可愛いと言ってくれ...

旦那が大好きで妊娠中の浮気が心配!浮気する理由とされない方法

旦那のことが大好きで、自分の妊娠中に浮気をしてしまうことを心配している女性もいるのではないでしょうか...

旦那の仕事に口出しするのはNG!夫を出世させる良い妻になろう

「いつも仕事の帰りが遅い」「お給料が安い」など、旦那の仕事についつい口出ししてしまう奥さまもいるので...

旦那にイライラ!新婚の妻が旦那にイライラする原因と対処法

幸せな家庭を築こうと思って結婚したのに、旦那にイライラしてしまう奥様もいるのではないでしょうか。まだ...

旦那の小遣い5万は妥当?30代男性の平均小遣いと金額の決め方

旦那に小遣いを5万円渡しているのに、その金額では少ないと言われてしまったら、家計を預かる主婦としては...

旦那にいつまでも大好き・可愛いと思われる愛され妻になる方法

旦那のことが大好きでいつまでもラブラブな夫婦でいたい・ずっと旦那に可愛いと思ってもらえる妻でいたいと...

旦那の仕事が続かない理由と妻にできる対策・言ってはNGな言葉

旦那の仕事が続かないことに、頭を抱えている奥さまもいるのではないでしょうか。 仕事が長続きしないと...

旦那にイライラする理由は?妊娠中の旦那へのイライラ対処法

現在妊娠中の妊婦さんの中には、旦那にイライラしてしかたないという人もいるのではないでしょうか。 ...

旦那の浮気はLINEから気付くことも!LINEから見破る方法

旦那さんの浮気に気付くタイミングというのは、いろいろあると思いますが、きっかけがLINEというのも多...

旦那の小遣いの相場は?小遣いの決め方と満足してもらう方法

旦那さまに渡す小遣いを、毎月渡すお小遣い制度を導入しているご家庭は多いですよね。家計のために、旦那さ...

旦那が子供に無関心な理由と対処法!母親のフォローも大切です

旦那が子供と関わりを持たず、無関心な様子を見せていると、子供に対して愛情がないのではないかと不安に感...

旦那の子供っぽい性格にイライラする妻必見!旦那の取り扱い方法

旦那の子供っぽい性格にイライラをつのらせている奥さまもいますよね。何度注意しても直らない癖や、だらし...

スポンサーリンク

痩せ型男性の服のコーディネート・オーバーサイズの洋服の着こなし

女性からすると痩せているなんて羨ましい。細さを強調するべき!そう感じてしまうくらいに羨ましい悩みですよね。

しかし男性に撮っては痩せ型だと、コーディネートが難しい事などがあげられ、痩せていることがファッションのメリットになるかというと、そうではないようです。また年を重ねていくと男性は格幅が良いほうが、存在感があり頼もしい印象を与えることができます。逆に痩せ型だと、頼りない印象に見えてしまい、そこが悩みだという方も少なくはありません。

服選びで細身体型をカバーする方法をご紹介いたします。

オーバーサイズやビッグシルエットを取り入れる方法

耳にした感じ、どちらも同じではないかと疑問に思われてた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

オーバーサイズはその名の通り、自分のサイズよりも大きなサイズを着用する着こなしです。少し余裕がありダボッとした感じがオシャレ!また痩せ型の男性には、体型をカバーしてくれるのでおすすめです。

ビッグシルエットを取り入れる方法

コチラは最初から自分がいつも選んでいるサイズを着用しても、元々大きなシルエットを特徴としてデザインされているので、オーバーサイズと同じ様なメリットが期待できます。

つまりどちらを選んでもOK!着用した時に自分のきやすさを重視したり、シルエットの合ったものを選ぶと良いでしょう。

オーバーサイズやビッグシルエットの注意点

着用した時にさらに細さを強調していると感じる場合は、着用NGと言えます。例えば胸元があいていたり、素材が薄い場合。元々の体型が服を来ても出てしまうので、違和感が出る着こなしとなり、隠したい部分を全面に出してしまいます。この点に充分に注意をしてコーディネートを考えてみてください。

細身男性はトップスにボリュームのある服を選んでコーディネートする

上記したように細身を隠すには、ボリュームを出すことが一番です。特に目がいくトップスにボリュームを持っていくと、全体もボリュームがある印象となり効果的です。

重ね着もボリュームが出る着こなしの1つ

細身男性ならTシャツの上にパーカー、さらにその上に一枚ジャケットなどの羽織ものをプラスすると、ボリュームを出すことができます。

また厚手のカーディガンなどのニット系も、ボリュームが出るアイテム。積極的にコーディネートに取り入れてみてください。

ここでも注意点があります。

ニットはしっかりとしたボリュームがあるものを選ぶ事が大切。

デザイン性を強調した、ゆるく編んだニットや、下に垂れ下がるようなシルエットが特徴のものは縦のラインが主張されるため、さらに細く見せてしまいます。

ニットをコーディネートのポイントとして選ぶ場合は、厚手でしっかりとしたものを選ぶようにしましょう。

細身男性は「Iラインシルエット」を意識して服のコーディネートをするとかっこいい

細身男性の体型をカバーするコーディネートについて、ご紹介をしてきましたが、大きなサイズを生かしたり、重ね着は高度過ぎて旦那さんには無理だと感じたり、ちょっと若めのコーディネートだと感じる場合もあるのではないでしょうか。その様な場合は無理をせず、細身体型を生かした、スッキリとしたコーディネートを目指してみましょう。

そこでおすすめなのがIラインシルエット、感覚的にはスーツを来た時に出来るようなシルエットです。

細身がお悩みの男性も、スーツだけは決まる!とスーツ姿に自信を持っているのではありませんか?

まさに普段着も、スーツと同じ様なラインを意識することで、スッキリとした大人っぽい印象を与える事が可能になります。

無理をしすぎない、自然なスタイルを考えている方にはおすすめのコーディネートです。

服の素材にも気をつけて選ぼう

先程も少し触れましたが、細身男性は服の素材に気をつけてください。柔らかな素材は着心地が良く、体にフィットしますが、細身男性にとってはメリットがデメリットに変わってしまいます。

体にフィットするということは細身を強調することとなり、細身男性には向いていません。

服選びをするときには、逆にしっかりとした素材を選ぶことで、体のラインを隠すことができます。

綿100%のワイシャツなどは生地に張りがあり、体のラインが出過ぎることを防いでくれます。同じアイテムでも、なるべく厚手の物、しっかりとした素材を選ぶことが重要です。

ちなみに素材でいうとレーヨンやナイロン、ポリエステルが多く含まれているもの、ウールでもしっとりとした薄手の素材は体のラインを強調し、細身な方はより細く見える素材といえます。

男性は素材に着眼して服を選ぶ方は少ないと思います。奥さんが一緒に服選びをして、素材にも気を使ってあげてくださいね。

細身男性にNGな服のコーディネート

細身男性にNGなコーディネート。何がNGなのかわからなくなってしまったり、難しく感じル場合は奥さんが着用すると、スッキリと細く見える服を考えてみましょう。

襟ぐりが大きく開いているトップスは、顔周りがスッキリとして細く見えませんか?またレーヨンやナイロンが素材に多く含まれている服など、素材の薄さ着やすさを特徴としている服も、細身に見えるアイテムです。

このような服は細身の男性が着てしまうと、細さを強調してしまい、旦那さんが求めているコーディネートとは反対のものとなってしまいます。

逆にボーダー柄や重ね着などは、目の錯覚を利用したり、ボリュームを出したりすることで、一回り大きく見えるアイテムやコーディネートです。

細身の旦那さんの体型をカバーする場合、どの様なアイテムだとボリューム感が出るのか、その点に注意をしてコーディネートをしてあげましょう。