注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

旦那が嫌いで離婚したい主婦へ。後悔しないための法則

旦那が嫌いで離婚することは、とてもシンプルな理由ですが、嫌いになる理由はいろいろあります。
離婚を考えたことがあるという主婦は、少なくないかもしれませんが、旦那が嫌いだからという理由で離婚の理由になるのでしょうか。

後悔のない離婚のためには、離婚を決断する前にまずやっておいて欲しいことがあります。
感情的にならずに、いろいろな視点から離婚を考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

旦那が大好き!単身赴任中の寂しさを乗り越えて絆を強くする方法

大好きな旦那さまが単身赴任をしていて、寂しい気持ちを抱えながら生活している奥さまもいるのではないでし...

旦那が子供に無関心な理由と対処法!母親のフォローも大切です

旦那が子供と関わりを持たず、無関心な様子を見せていると、子供に対して愛情がないのではないかと不安に感...

旦那が子供に怒鳴る!離婚を考える基準と子供に与える影響

旦那が子供に怒鳴ることで離婚を考えている人もいますよね。 子供に悪影響があるのではないか、このまま...

旦那の仕事に口出しするのはNG!夫を出世させる良い妻になろう

「いつも仕事の帰りが遅い」「お給料が安い」など、旦那の仕事についつい口出ししてしまう奥さまもいるので...

旦那にイライラする理由は?妊娠中の旦那へのイライラ対処法

現在妊娠中の妊婦さんの中には、旦那にイライラしてしかたないという人もいるのではないでしょうか。 ...

旦那の小遣い5万は妥当?30代男性の平均小遣いと金額の決め方

旦那に小遣いを5万円渡しているのに、その金額では少ないと言われてしまったら、家計を預かる主婦としては...

旦那の小遣いは手取りの1割合程度を目安に!旦那のお小遣い事情

旦那に小遣いが少ないと言われている奥さまや、どのくらいの小遣いをあげればいいのか悩んでいる奥さまもい...

男性の服のコーディネート・細身男性をかっこよく見せる着こなし

旦那さまが細身体型で、服のコーディネートが難しいと考えている奥さまもいますよね。 細身の男性が間違...

旦那に可愛いと言われたい!可愛い愛され妻になる方法

いつまで経っても、いくつになっても女性は旦那に「可愛い」と言われたいものです。 恋人同士の頃は言葉...

旦那が嫌いすぎる!どうすればいいか考えている人へのアドバイス

どうすればいいかわからないほど旦那が嫌いすぎる妻は世の中にたくさんいます。嫌いすぎる旦那と毎日同じ屋...

旦那が嫌いで離婚したいという女性へ後悔しないためのアドバイス

旦那のことが大嫌いで離婚したい。 そう考えたことがある方は少なくないと思います。 自分にもたくさ...

旦那にイライラ!新婚の妻が旦那にイライラする原因と対処法

幸せな家庭を築こうと思って結婚したのに、旦那にイライラしてしまう奥様もいるのではないでしょうか。まだ...

旦那の浮気相手に慰謝料請求はできる?慰謝料の相場と請求方法

あなたの旦那さんの浮気が発覚すると、精神的にとても傷つき、仕事や家事・育児などの日常生活もままならな...

ボーナス時の旦那の取り分は?取り分の決め方と使いみちを解説

待ちに待ったボーナスの支給日。ボーナスをどのように使うか、色々な使いみちを考えている奥さまもいますよ...

旦那にイライラ!子育てに非協力的な旦那が嫌な時の対処法を解説

一生懸命子育てをしている横で、旦那はゴロゴロ、テレビを見たりゲームをしたり、全く協力してくれる様子が...

スポンサーリンク

旦那が嫌いで離婚したい!まずは離婚後をシュミレーション

旦那が嫌いだと感じながら、毎日同じ家で生活をすることは、想像以上のストレスを感じます。
旦那へのストレスを体調を崩す妻も居るほどです。
健康的な生活のためにも、そんな旦那とは離婚をすることが一番の方法だと考える思考にもなっていきます。

しかし、離婚は交際を解消するような、簡単なことではありません。
今後の生活そのものが一変します。

感情だけで離婚を決意すると旦那が嫌いで離婚したにも関わらず、後々後悔することも

まずは離婚を決意する前に、離婚した後の生活をシュミレーションしてみる必要があります。

離婚をすることで、いろいろな環境の変化が起こります。
その中でも一番顕著に感じられる部分は、経済的なことではないでしょうか。

現在の生活費の大部分が旦那の収入である場合、旦那の収入がなくても生活出来るような状況を整えなくてはなりません。

地域によっては母子家庭の負担を少なくしようと、対策をしていることもありますが、それでも母子家庭の貧困は社会問題になっています。

離婚をした後の収入と支出のバランスは必ず把握して、離婚しても生活出来るかどうかの判断が必要です。

継続的に家計簿をつけていると、お金の流れが見えやすいので、シュミレーションしやすくなります。

離婚したくなる旦那の嫌いなところ

結婚当初は感じていなくても、生活を共にしているうちにどんどん見えてくる旦那の嫌な部分。

育った環境も違い、価値観も違う二人が一緒に生活をするということは、やはり不満も出てきます。
これは多少なりとも世の中の夫婦は、みんな感じているのではないでしょうか。

我慢出来ない、離婚をしたいと感じるほどの旦那の嫌いなところとは

家事や育児に無関心

多くの妻が旦那に対して感じている不満かと思います。

特に共働きの夫婦の場合は、家事を分担したいと願う妻は大勢います。
にも関わらず、家事や育児は妻がすることが当然だと言わんばかりの態度だと、日々のストレスが蓄積されて、離婚を考えるほどの問題に発展してしまうのです。

育児に関しても、二人の子供にも関わらず無関心では、妻の気持ちが離れても当然のように思います。

家事や育児には休みがないので、大きなストレスになる原因となります。

暴言や暴力

これは離婚を考えるのは仕方ないことだと思います。
子供にも被害の危険があるようでは、好きとか嫌いということではなく、安全のために離婚をして離れる必要に迫られます。

理由があったとしても、暴言や暴力を受けながらの夫婦生活は、継続することは難しいでしょう。

価値観の違い

価値観の違いは、生活のさまざまな部分に表れます。
最初は妥協出来ていたことも、積み重なっていけば相手を嫌いになってしまうこともあります。

特に育児の方針や、金銭感覚のズレは修復することが難しい問題です。

収入の低さ

家族となり生活をする上で、お金は非常に大切な問題です。
綺麗事を言ってもお金がなければ、生活することは出来ません。

収入の低さにより、日々の生活の余裕のなさから喧嘩に発展することも多くあります。
また収入が低いにも関わらず、向上心もないような旦那だとさらに嫌気がさすようです。

経済的な事情で離婚をする夫婦がたくさん居ることも、事実です。

だらしない

汚しても散らかしても妻が片付けるから、という気持ちが旦那をだらしなくさせるのでしょう。

他に掃除をしてくれる人が居なければ、自分でするしかありませんからね。

片付けても片付けても散らかされると、そんな旦那から解放されたいと思ってしまいますよね。

このような日常生活の些細な行動でも、離婚に繋がることは十分にあります。

旦那が嫌いという理由で離婚して後悔はないのか

先ほど説明した以外にも、妻が旦那を嫌いになる原因はいろいろあります。
理由はどうであれ嫌いだから離れたい、離れるには離婚という選択に直結しがちですが、本当に嫌いだから離婚という選択に後悔はないのでしょうか。

旦那が嫌いという感情で離婚を決断することはおすすめしません。

感情だけで離婚をしたという人は、後々後悔をしていることが多い傾向にあります。

嫌いという感情に任せて、心の整理をきちんと出来ていない状態だからです。

嫌いな部分を改善してもらうように伝えたり、努力をしても結果として何も変わらなかったときに、初めて離婚という選択で間違いはないと心の整理をすることが出来ます。

嫌いだから離婚では、冷静になったり壁に直面したときに後悔します。

嫌いな旦那とどうしても離婚したい場合にはまずは旦那の同意を

実際に離婚をする場合は、旦那の同意を得る必要があります。
双方が納得をしなければ、離婚を成立させることが出来ません。

旦那も不満を感じていたり、家庭内の空気が冷めきっていてお互いに離婚は時間の問題だと認識していた夫婦は、双方が納得するまでにあまり時間はかかりません。

双方が納得をした上で、親権や養育費など今後の条件を決定していく話し合いに移ります。

しかし、離婚をすぐに納得してくれる旦那ばかりではありません。
どんなに不仲だとしても、いざ離婚となると拒否する旦那は非常に多いです。

そんな旦那に同意してもらうためには、根気強く働きかける他ありません。
自分の離婚の意思は変わらない、離婚の決意をするまでの過程や苦悩を根気強く伝えましょう。

離婚を拒否する理由が明確な場合は、その理由を解消することも有効な方法です。

子供と会えなくなる不安を感じているのなら、定期的に子供と会える時間を約束しましょう。
世間体を気にしているなら、それは離婚を拒否する有効な理由ではないと、毅然とした態度で対応しましょう。

拒否する旦那から同意を得ることは簡単なことではありません。
場合によっては数年かかることもあります。
いろいろなケースを想定して、説得に取り掛かりましょう。

旦那が嫌いだけど離婚はできない場合には話し合うこと

旦那を嫌いだけど、現実的なことを考えると離婚は出来ないという夫婦も多くいます。

我慢したまま夫婦を続けていくのは、精神的にも苦痛でしょう。

離婚をしないという選択をするのであれば、少しでも問題を解決して、居心地のいい家族を作りたいものです。

そのためにも、夫婦で向き合い話し合うことが非常に大切です。
妻が不満を感じているということは、旦那にも何かしらの不満を感じている可能性が高いからです。

お互いの気持ちを素直に伝え、どのように改善することがベストな方法なのかを一緒に見つけていきましょう。

こうして話し合いの場を持つことでも、冷静になれるキッカケになります。

感情的にぶつかっては話し合いになりません。
今後の自分たち夫婦をより良くするためにも、冷静に話し合うということを意識しましょう。

総合的に考えて、嫌いという感情だけで離婚を決意してしまうのは、あまりいい方法とは言えなさそうですね。