注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

ボーナスで旦那に小遣いは渡す?金額の目安とメリットを紹介

会社からボーナスがもらえるとテンションが上りますよね。世の中の主婦の皆さんは、ボーナスから旦那に小遣いを渡しているのでしょうか。

ボーナスをローンの返済や貯蓄に当てたい、子供の教育費に回したいと考える奥さまもいますよね。

ここでは、ボーナスが出た時に旦那に臨時のお小遣いをあげる事について解説していきます。ボーナスから臨時のお小遣いを渡すとすれば、大体どのくらいを目安にお小遣いを渡せば良いのでしょう。

ボーナスから臨時のお小遣いを渡すことにはメリットもありますので、どんなメリットがあるのかについても確認してみましょう。

ボーナスが支給されたら、みんなが笑顔になれるように使ってくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【旦那の転職40代】転職の不安と夫の転職で妻が考えたいこと

40代の旦那が「転職したい」と言い出したら、妻であるあなたは一体どう考えますか?旦那の転職では、不安...

旦那の転職を応援する妻ができること~転職を成功させるために

旦那から突然、転職したいと告げられたら、すぐに喜べる妻は少ないと思います。 例え今の仕事の給料が安...

男性の服のコーディネート・細身男性をかっこよく見せる着こなし

旦那さまが細身体型で、服のコーディネートが難しいと考えている奥さまもいますよね。 細身の男性が間違...

旦那の転職が失敗しないために妻ができる対応と失敗した時の対策

旦那の転職活動が失敗してしまうと、その後の生活を大きく圧迫してしまいます。 収入が減る、条件の悪い...

旦那が大好き!里帰り出産が辛いときの乗り越え方を解説

里帰り出産を控えている妊婦さんの中には、旦那さんのことが大好きで離れて過ごすことを不安に感じている人...

旦那にイライラ!対処法は?即効性があるスッキリする方法を紹介

自分の旦那にイライラして毎日ストレスを抱えて過ごしている奥さまもいますよね。そのままの気持ちを抱えて...

旦那がウザい!産後旦那にイライラする時の対策と産後クライシス

赤ちゃんを育てている子育て中のママの中には、旦那をウザいと感じてイライラしながら毎日を過ごしている人...

旦那が可愛い子を見るのはなぜ?男性心理と妻ができる対処法

旦那と一緒に歩いているとき、すれ違う可愛い子をいつも旦那が見る事に腹を立てている奥様もいますよね。横...

旦那が嫌いすぎる!どうすればいいか考えている人へのアドバイス

どうすればいいかわからないほど旦那が嫌いすぎる妻は世の中にたくさんいます。嫌いすぎる旦那と毎日同じ屋...

旦那の子供っぽい態度に疲れる妻へ!旦那を変えさせる方法

旦那が子供っぽくて疲れるという妻は、実はとても多いようです。 子供がいる方だと、そのお子さんの世話...

旦那が嫌いでストレスを感じる時に妻が実際にできる対処法

旦那が嫌いで顔を見るだけでイライラする、ストレスに感じてしまうという女性もいますよね。好きになって結...

旦那にイライラ!新婚の妻が旦那にイライラする原因と対処法

幸せな家庭を築こうと思って結婚したのに、旦那にイライラしてしまう奥様もいるのではないでしょうか。まだ...

ボーナス時の旦那の取り分は?取り分の決め方と使いみちを解説

待ちに待ったボーナスの支給日。ボーナスをどのように使うか、色々な使いみちを考えている奥さまもいますよ...

旦那の仕事の愚痴が多い!妻に愚痴を言う理由と上手な対処法

旦那の仕事の愚痴を聞かされて、うんざりしながら毎日を過ごしている奥さまもいるのではないでしょうか。 ...

旦那に可愛いと言われる方法!可愛い妻の性格と見た目の特徴

あなたは自分の旦那様に「可愛い」と言われることはありますか。結婚をするまではいつも可愛いと言ってくれ...

スポンサーリンク

ボーナスで旦那に小遣いを渡す事について

旦那のボーナスの明細を見ると、もうこんな時期なのかと日々の早さを実感する人もいるでしょう。
ボーナスはローンの返済などに充てようと計画を立てたり、今か今かとボーナスを待っている人も多いかもしれません。
ボーナスの使い道はご家庭によって様ざまですが、中にはボーナスの一部を旦那に小遣いとして渡していると言う人もいるようです。
日々節約をしながら家族のために稼いでくれている旦那への感謝の気持ちを込めて、小遣いを渡していると言うのです。
小遣いを渡すことによって、再び仕事を頑張ろうと言う力になるかもしれません。

しかし、なかなか旦那にだけ小遣いを渡すことをよしとしない家庭もあるかもしれません。
旦那だけではなく子どもも一緒に家族で喜べることに使いたいと言うこともあるでしょう。
家族で楽しむために家族で旅行に行くと言う人もいます。

年始年末にはまとまった休みを取得することができる会社に旦那が勤めている場合であれば、長期で海外に行くという場合もあるようです。
旦那がお小遣いでもらったものを家族のために遣うと言うこともあります。
日々家計を支えているのは自分だけではなく、妻の力があるからこそと思っている男性が多いからなのかもしれません。

ボーナスで旦那に臨時の小遣いを渡す時の金額の目安

ボーナスが出たら旦那に小遣いを渡すと言う習慣がなければ、ボーナス自体は家族の今後のための貯蓄が当たり前だと思ってしまうでしょう。
周りの家庭がボーナス月には臨時の小遣いを渡していると聞くと、自分の家庭もしなくてはならないと言う使命感にかられてしまうご家庭もあるかもしれません。
しかしボーナス月に小遣いを出す習慣がなければ、どのくらいの小遣いを渡せばいいのかを判断することは難しいでしょう。
小遣いだからと金額を少なく渡すと、旦那が金額に納得しないと言う場合もあるので、慎重に考える必要があります。

多くの家庭ではボーナスはローンの返済や今後のための貯蓄に充てることが多く、必要な額を差し引いて、残った金額を旦那の小遣いにする人もいるようです。
ボーナスがないという会社も少なくない中で、ボーナスを家族のためにと家計に入れてくれる旦那のことを考えれば、妥当な金額なのではないでしょうか。
しっかりと今後のための貯蓄にもボーナスをあてておけば、今後の生活費で困ったと言う場合があっても対処することができますし、ボーナスで旦那の小遣いを出してしまったと後悔することはないはずです。

また家庭の中では数万円のお小遣いを渡していると言う人も多いです。
数万円もあれば飲み会の時の小遣いにもなるし、満足していると言う人もいるようです。

普段のお小遣いに上乗せすることで旦那の満足感も上がる

男性は会社に行って稼ぐことが仕事であると思っている人は多いです。
そのため家事や育児は母親である妻に任せっきりと言うことがあります。
会社で過ごす時間が増えてくると、家庭にいるとどこにいていいのか分からず、存在感が薄くなってしまうと言うパパも多いのです。

子どもがママにばかり懐いてしまうということもあるようです。
そうなってくると旦那は家庭にいても肩身が狭いと感じてしまうのです。
自分が家庭にいる役割がないとマイナス思考になってしまう可能性もあります。

そんな時に旦那へ小遣いを渡してあげてください。
「いつもお仕事ご苦労さま。いつも家族のために仕事頑張ってくれてありがとう」と伝えると自分が仕事を頑張っている意味がある理解するでしょう。
小遣いを渡す時には子どもがいる所で渡してあげてください。

まだ子どもが小さい場合には、どうしてこんなことをしているのか理解することができないかもしれません。
しかし小遣いを渡す姿をずっと見せていくと、自分の父親は自分たちのために日々仕事をしてくれていると小さい時から理解させることができるのです。
こうやって工夫すると父親を自然と尊敬できる存在にすることができますし、旦那の家族の中での満足感を高めることができます。

ボーナスで旦那に臨時小遣いを渡すことのメリット

子どもの頃は人からお金をもらう機会は多くあるのではないでしょうか。
例えばお正月にお年玉をもらったり、お盆で帰省すれば祖父母からお小遣いをもらったという経験はありませんか。
自分がもらうとは思ってなかった臨時収入を手にすることは、とても嬉しいことです。

それが大人になってくると小遣いをもらう側ではなく、渡す側になることが多いでしょう。
それは大人になれば誰しもが経験することです。
旦那も同じこと思っていたとしたら、旦那にボーナスで小遣いを渡すと喜ばれることは間違いありません。

旦那としては、こんなにもらっていいのだろうかと心配になってしまうかもしれません。
ここで旦那に小遣いを渡すことで、妻にもメリットがあるのです。
それは旦那のやる気を今以上に引き出すことができることです。

人は物事への頑張りに対価をもらうと今後は今以上に頑張ろうと思います。
頑張りの対価を小遣いと言う形で渡すことで旦那は今以上の働きをするのです。
例えばもし仕事には一生懸命だったとしても家事や育児には協力的ではなかった場合、今後は少しずつ家事や育児に協力していく可能性もあるのです。

小遣いを旦那に渡す際に「いつもありがとう。いつも助かっているよ。」と感謝の気持ちを述べるとより旦那のやる気をアップさせることができるでしょう。

ボーナスの使いみちは旦那の意見も聞いてみると円満な夫婦になる

ボーナスがもらえると聞くと嬉しくなるのは皆同じです。
家庭によっては会計を預かっている人は違います。
中には旦那さんが家計を握っている場合もありますし、逆に奥様が家計を管理していることもあるでしょう。

しかし2人がそれぞれボーナスの使い道を考えているはずです。
もしボーナスの使い道に違いが生まれてしまうと喧嘩の原因になってしまいます。
奥様が家計を管理している場合であっても、ボーナスの使い道は旦那さんと話し合う方がいいでしょう。
なぜかと言うと、ボーナスの使い道はローンの返済や今後の老後や子どもの教育資金などに充てることが多く、今後の話し合いを自然にできるからです。

夫婦の会話が最近少ないと言う場合には、ボーナスの使い道の話をきっかけに夫婦の会話が増える可能性があります。
ボーナスで旦那の小遣いを渡す場合にも、金額について話し合いをすることもオススメです。
「今回は貯蓄にあてたいから、前回よりも少なくていいかな?」などと相談をすることによって家計管理を妻だけがやると言うワンマンな家計管理を避けることができます。
ワンマンな家計管理を行うと悩んでいる時に相談する人がいないと言う自体に陥ってしまいます。
2人で家計管理をすることで、悩みを夫婦で共有することができますし、夫婦円満のきっかけになるかもしれません。