注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

旦那の浮気相手に慰謝料請求はできる?慰謝料の相場と請求方法

あなたの旦那さんの浮気が発覚すると、精神的にとても傷つき、仕事や家事・育児などの日常生活もままならなくなることがあります。

ひどく傷ついていたとしても、子供がいると簡単に離婚をすることもできませんよね。傷ついた自分の心や怒りを鎮めるためにも、浮気相手に慰謝料を請求したいと考える人もいるのではないでしょうか。

ここでは、旦那さんに浮気をされてしまった時に、浮気相手に慰謝料を請求する事についてお伝えします。どんなケースで慰謝料を請求することができるのか、慰謝料の相場はどのくらいなのかを確認してみましょう。

慰謝料を請求する時の手順についてもお伝えしますので、そちらも是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

旦那にイライラする妻への対処法!共働き夫婦の夫ができること

夫婦共働きで頑張っているご家庭はたくさんありますよね。でも、家事や育児の負担が妻ばかりに偏ってしまう...

旦那が浮気!その時妻はどうする?旦那の浮気を解決する方法

旦那の浮気が発覚。その時、妻のあなたはどうすることを選ぶでしょうか。子供がいる場合は、簡単に離婚をす...

旦那の小遣い5万は妥当?30代男性の平均小遣いと金額の決め方

旦那に小遣いを5万円渡しているのに、その金額では少ないと言われてしまったら、家計を預かる主婦としては...

旦那が可愛いと言わない!言わない旦那の特徴と言ってもらう方法

旦那さんが可愛いと言わないことを、寂しく感じている奥さまもいますよね。 大好きな旦那さんに「可愛い...

旦那の浮気を許す方法!許すことで得られるメリット

旦那に浮気をされたら、旦那から裏切られたという気持ちが強く、そう簡単に許すことはできませんよね。 ...

旦那の浮気発覚後のその後の生活・夫婦関係を円満に続ける方法

自分の旦那が浮気をしたらとてもショックを受けますよね。既婚者で自分という妻がいながら他の女性と深い関...

旦那の小遣いは手取りの1割合程度を目安に!旦那のお小遣い事情

旦那に小遣いが少ないと言われている奥さまや、どのくらいの小遣いをあげればいいのか悩んでいる奥さまもい...

旦那が子供を怒鳴るのはしつけ?怒鳴る理由と子供に与える影響

子供が少しのミスをしただけで旦那が怒鳴る、自分の機嫌が悪い時に子供を怒鳴るなど、旦那が子供に対して取...

旦那が子供に無関心な理由と対処法!母親のフォローも大切です

旦那が子供と関わりを持たず、無関心な様子を見せていると、子供に対して愛情がないのではないかと不安に感...

旦那にイライラする!別れたいほど旦那が嫌だと思う時の対処法

旦那さまに対してイライラする気持ちを抑えることができず、別れたいと考えてしまう奥さまもいますよね。顔...

旦那の仕事の愚痴が多い!妻に愚痴を言う理由と上手な対処法

旦那の仕事の愚痴を聞かされて、うんざりしながら毎日を過ごしている奥さまもいるのではないでしょうか。 ...

旦那の浮気が許せない女性へ。気持ちが楽になる方法

浮気した旦那さんのことを、一度は許そうと決めても心の奥では許し切れなくて、辛い思いをしている方はいま...

旦那の転職で引っ越し!不安を解消する方法と考えたいこと

旦那の転職で引っ越しをすることになったら、色々な不安が頭の中を駆け巡ることだと思います。 特に子供...

旦那の転職を応援する妻ができること~転職を成功させるために

旦那から突然、転職したいと告げられたら、すぐに喜べる妻は少ないと思います。 例え今の仕事の給料が安...

旦那がウザい!自分の心がしんどいときの対処法と考え方を解説

自分の旦那のことをウザいと感じ、その感情のせいで自分の心がしんどいときもありますよね。夫婦とはいえ結...

スポンサーリンク

旦那の浮気相手に慰謝料を請求できるケース、できないケース

旦那に浮気をされて心が壊れてしまう奥さんもいます。
しかし壊れた心のままではいけないと、子どものために立ち直ろうとする人も多いものです。
旦那の浮気によって、家庭自体が崩壊寸前だと言う人もいるでしょう。それでも立て直そうとする強さを持った女性もいます。
満身創痍の自分に対して旦那の浮気相手に慰謝料を請求したいと言うケースがあります。しかし慰謝料に関する知識がなければ請求できるのかどうかも判断ができないでしょう。まずは慰謝料についてしっかりと知識を深める必要があります。
実は浮気でも浮気相手に慰謝料を請求できるケースとできないケースが存在します。

浮気や不倫をした相手に慰謝料を求めるために満たすべき条件

  1. 浮気相手に故意や過失があること(故意とはわざとするという意味であり、過失とは不注意と言う意味)
  2. 浮気の行為によって妻であるあなたの権利を侵害されたということ

この2つの条件が揃うことによって、慰謝料請求を認めることができるのです。
しかし2つ条件は広い意味があり、自分のケースが当てはまるか判断することは難しいはずです。

浮気に関して故意過失がある場合

例えば既婚者であることを知りながら浮気相手が旦那と肉体関係を持つことは慰謝料請求が認めれます。
しかし出会い系サイトなどでお互いの素性をまったく知らずに出会った場合、既婚者であると気づかずに肉体関係を持った場合には慰謝料請求できません。

不貞行為によって権利侵害を受けた場合

不貞行為によって円満だった家庭生活が悪化し離婚したという場合には慰謝料請求が認められますが、以前から夫婦仲が悪かった場合には慰謝料請求は難しいでしょう。

旦那の浮気相手に慰謝料を請求するために必要な証拠

浮気による慰謝料請求をすることは勇気がいることです。
慰謝料請求をすることによって、自分の権利の回復を求めることができますが、全てが終わるまで戦い続けなければいけません。
少しでも戦いが有利になれば、戦うことも楽に進めることができます。

旦那の浮気相手に慰謝料を請求する場合にあると便利な物

それは自分が有利になるための証拠です。
証拠で必要なのは浮気相手が旦那のことを既婚者だと分かっていたと言うものと、肉体関係があると言うものです。
文章にするとあやふやな感じがしてしまいますが、詳しく理解していきましょう。

浮気相手が旦那のことを既婚者だと理解していたという証拠

例えば仕事の上司と部下の関係であれば、既婚者と知らないはずがありません。
他にも長年の友人関係があれば、結婚報告のハガキが来ていたり、既婚であることを知ることが出来た場合があります。
このような場合には十分な証拠になります。
仕事関係や友人関係ではない限り既婚であると認識していた証拠を掴むことは難しいです。
しかしスマートフォンが普及しているので、浮気相手と旦那の連絡のやりとりの中で既婚者であることが分かる内容が記載されていれば証拠になります。

肉体関係があったという事実について

探偵を雇い旦那を尾行させて証拠を掴むと言う人もいます。
しかし一般的には探偵に依頼することはメジャーな方法ではないでしょう。
泊りがけの旅行で同室で就寝したことや、メールなどの内容で肉体関係を示唆できるものが証拠になります。
肉体関係の立証は難しいので、ある程度推測される状況にあれば証拠になる可能性があるので、小さいことでも証拠として使える可能性があります。

旦那の浮気相手に慰謝料を請求する場合の相場

慰謝料と聞くとテレビの中だけに存在している物だと思ってしまいます。
慰謝料と言う言葉とは無縁の生活をしていたはずなのに、と思ってしまう人もいるでしょう。
しかし実際に浮気相手に慰謝料を請求したと言う人も少なくないのです。

浮気相手に慰謝料を請求する場合には、どのくらいの金額が妥当なのか

旦那の浮気によって慰謝料を請求すると言えば、1つの事実しかありません。
しかしこの言葉の中には家庭によって様ざまな問題が浮き彫りになります。
もしかしたら浮気相手が知人である場合もありますし、まったく知らない人と言う場合もあります。
家庭によって問題は様ざまですし、頭を悩ませるポイントも人それぞれですが、慰謝料の金額に関しても明確な基準は存在していないのです。

浮気による慰謝料請求は不法行為の1つ

そのため不法行為に対する慰謝料の相場は法律で定められています。しかし浮気の場合はケースバイケースなのです。
判例と言うものがあり、過去の事例を参考に慰謝料を決める場合もあります。
慰謝料請求をする場合には裁判を行う場合と話し合いによる場合があります。
この2つでも慰謝料の相場は変わってきます。人によって慰謝料の金額は変わってくると覚えておくと良いでしょう。

旦那が浮気していた状況で慰謝料の相場が異なる

慰謝料の相場は人によって変わってきます。
慰謝料請求の難しい部分は、浮気の状況によって変わり、慰謝料の金額が変わってくると言うことです。
例えば旦那が浮気をして別居や離婚をした場合と、通常の家庭生活を送る場合とでは金額は変わってきます。
他にも婚姻期間が短い場合や子どもの有無があっても変わってくるのです。
自分の精神的苦痛が強い場合でも変わってきますし、様々な状況によって金額が左右する項目があるのです。

慰謝料増額の対象になるかの判断材料となること

自分たちの現状

旦那との結婚期間が長ければ長いほど慰謝料は高額になると言われています。
他にも夫婦間に子どもの有無も関係あります。
子どもがいる場合には夫婦関係が破綻してしまうことによっての代償が大きく、増額対象になります。

浮気をされた自分の問題

旦那の浮気が分かれば、奥さんはショックを受けてしまうでしょう。
ショックを受けたことがきっかけでうつ病を発症してしまう場合には診断書などがあると増額の可能性があります。
逆に結婚生活を送る中で旦那が浮気をしてしまうきっかけが、自分にあったのかも慰謝料の金額増減の対象になります。
これは増額の対象ではなく減額の対象です。

旦那と浮気相手の関係性

浮気相手との浮気に関してどのくらいの期間続いていたのか、どちらが積極的であったなど細かいことも増額の対象になります。
他にも浮気相手との間に子どもがいた場合には増額対象になるでしょう。

増額対象になる事柄は多いですが、自分自身で判断することは難しいです。
一人で抱え込むのではなく専用の相談窓口に相談をすることをオススメします。

旦那の浮気相手に慰謝料を請求するときの手順

普段自分が日常的にしていることには人は慣れていきます。
しかし初めて行うことには緊張してしまうものです。

慰謝料請求を何度もしていると言う人は少ないです、多くの人が始める時は不安を抱えて請求をしているのです。
慰謝料請求など法律に関わることは難しそうだと嫌煙してしまうこともありますが、手順をしっかりと理解すれば恐れることはありません。
請求は銀行のATMのようにただ請求すれば簡単にお金が振り込まれるものではありませんので、まず最初に慰謝料請求をするために必要な物を揃えることが重要です。

慰謝料請求の際に必要なのは、不貞行為に関する証拠

不貞行為の写真やメールなどのやりとりのコピーなどを用意するといいでしょう。

浮気の証拠が揃えば示談書を作成し、内容証明を送る

この時に注意するべきは浮気に対する慰謝料請求の時効が過ぎていないことです。
3年を経過すると時効になってしまうので注意しましょう。

示談書の作成が終われば、内容証明として相手方に郵送します。
内容証明とは郵便物の文書の内容を照明する特殊な郵便物です。
内容証明として示談書を送ることによって相手に対して本気度を見せつけることができるのです。

内容証明を送っても尚関係性が解消されない場合

簡易裁判所に調停を申し立てます。ここで不成功であれば地方裁判所に起訴を起こします。
浮気相手への慰謝料請求を家庭裁判所に同時に起訴することができるのです。
裁判所には証拠書類を持参しましょう。