注目キーワード
  1. 心理
  2. 血液型
  3. 結婚
  4. 浮気
  5. 告白

会社での旦那の呼び方は?印象が悪くならない旦那の呼び方を解説

ママ友や親しい友人の前では、自分の旦那のことを「旦那」という呼び方で呼んでいても、会社ではどんなふうに呼ぶのが正解なのかわからない人もいますよね。

自分の旦那を呼ぶときは「夫」、「主人」、「旦那」など、色々な呼び方があり、どうやって呼ぶのが正しい呼び方なのかわからないこともあるでしょう。

ここでは、会社で自分の旦那をどのように呼べばいいのか、正しい呼び方についてご紹介します。正しい呼び方を知って、周囲に与える印象をマイナスのものにしないようにしましょう。

旦那の呼び方次第では、自分の印象をアップさせることができますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

旦那の小遣いの相場は?小遣いの決め方と満足してもらう方法

旦那さまに渡す小遣いを、毎月渡すお小遣い制度を導入しているご家庭は多いですよね。家計のために、旦那さ...

子供の子育に協力してくれない旦那にイライラする時の解消方法

自分だけが子供の子育てで大変な思いをして、何も協力してくれない旦那にイライラを感じている奥さまもいま...

旦那の転職を成功させたい!妻にできるサポートと成功させる方法

世の中には、自分の好きな分野で活躍できていない人もいます。 そんな時は転職を考えることもあるでしょ...

旦那の転職で離婚はあり?転職を繰り返す夫と離婚する事について

旦那の転職で離婚をしたいと考えている奥さまも世の中にはいます。 転職がうまくいって、それまでの...

旦那の子供っぽい態度に疲れる妻へ!旦那を変えさせる方法

旦那が子供っぽくて疲れるという妻は、実はとても多いようです。 子供がいる方だと、そのお子さんの世話...

旦那の転職が失敗しないために妻ができる対応と失敗した時の対策

旦那の転職活動が失敗してしまうと、その後の生活を大きく圧迫してしまいます。 収入が減る、条件の悪い...

旦那の浮気を許すメリットと対処法・浮気を許す時の心得を紹介

旦那に浮気をされると、妻の心には深い傷ができてしまいますよね。 でも、子供がいると、簡単に「離婚」...

旦那の浮気が許せない女性へ。気持ちが楽になる方法

浮気した旦那さんのことを、一度は許そうと決めても心の奥では許し切れなくて、辛い思いをしている方はいま...

旦那が大好きで妊娠中の浮気が心配!浮気する理由とされない方法

旦那のことが大好きで、自分の妊娠中に浮気をしてしまうことを心配している女性もいるのではないでしょうか...

旦那のしんどいアピールに疲れた妻へ。旦那の心理と対処法

仕事から帰ってきた旦那が「しんどい」や「疲れた」を独り言のように言っている光景を目にすることがあると...

旦那がストレス?妻がイライラする原因と夫ができる対処法を解説

「なんだか最近妻が自分にイライラしている様子だ」こんなお悩みを抱えている旦那様もいますよね。妻が何に...

旦那の浮気相手に慰謝料請求はできる?慰謝料の相場と請求方法

あなたの旦那さんの浮気が発覚すると、精神的にとても傷つき、仕事や家事・育児などの日常生活もままならな...

旦那がウザい!自分の心がしんどいときの対処法と考え方を解説

自分の旦那のことをウザいと感じ、その感情のせいで自分の心がしんどいときもありますよね。夫婦とはいえ結...

旦那の仕事が不安定!仕事が長続きしない理由と働かせる方法

旦那の仕事が長続きせず、いつも不安定な状態で生活をしている人もいるのではないでしょうか。一家の大黒柱...

旦那へのストレス!お金の問題は共通のルールを決めること

結婚してすぐのカップルはいろいろな価値観の違いから、何かとストレスを感じるものです。 中でもお金の...

スポンサーリンク

会社での旦那の呼び方は「主人」

ある程度年齢を重ねると、話し方なども常識的かどうかが気になるようになってきます。

旦那の呼び方も会社ではどのように呼ぶのが良いのか?悪い印象を与えないのか気になりますよね。

実際に多くの妻は、旦那の呼び方を場所によって使い分けを行っています。

友達同士で旦那の話をする時は「うちの旦那がね、」でも構いませんが、これだと会社では旦那を軽んじている印象があったり、常識的に少し違うな?という印象を与えます。

では旦那さんなら良いのか?さんをつければ丁寧になるのでは?という方もいらっしゃいますが、自分の旦那を呼ぶのに旦那さんと、さん付けするのも違和感を感じる方が多いようです。

会社などで旦那の呼び方で最も無難なのは「主人」

丁寧な感じもあり、旦那の存在を軽んじている感じはありません。

けっして軽んじているわけでは無くても呼び方次第で、受け取られ方が違ってきます。一般常識を気にするのなら、特に会社の上司や目上の方の前では主人と呼ぶのがおすすめです。

会社で旦那のことを「主人」という呼び方で呼ぶ時に周囲に与える印象

旦那でも夫でも無く「主人」と呼ぶ場合、周りにはどの様な印象を与えるでしょうか、主人は文字通り「一家の主」と言った印象を与え、夫を立てている妻だという印象が与えられるでしょう。

目上の方や年配の上司にとっては、耳慣れた言葉で違和感がないと感じられます。

会社の同僚や後輩などの前で主人を使う場合は旦那を「夫」と呼ぶ

「主人」は、夫婦間の落ち着いたイメージは感じられますが、少し堅苦しかったり上下関係が気になる場合もあるでしょう。

もし、その部分が気になるのであれば「夫」と旦那のことを呼んではいかがでしょうか。

公的な書類を書く場合も関係性を表す場合「夫」を使用する

夫婦の関係を表す言葉としては的確です。

また主人よりも耳にする印象は、へりくだった感じが無く、夫と妻という対等な立場が感じられます。

主人だと違和感を感じるという場合は、夫を使ってみてください。また話す相手のかたによって使い分けをすると、良い印象を与えることが出来ますよ。

会社で「旦那」という呼び方をするのはNG

旦那という呼び方もけっして悪い呼び方ではありません。しかし会社で使用するにはフランクな感じがしすぎてしまいます。

旦那という呼び方、特に上司などに使うのは避けるべき

友達などの親しい仲間内で旦那と呼ぶのは違和感がありませんが、会社で使うことはあまりありません。

上司ではなくても親しい同僚ではないのであれば、旦那はやめましょう。

本来旦那は商売をしている場所で使われていた呼び方

時代劇などのドラマで番頭さんが「旦那!」と、店の店主の事を呼んだり、お得意さんの呼び名として使われていますよね。

この様な本来の使用方法を考えると、やはり旦那自体はけっして悪い呼び方ではありません。しかし普段使いの言葉として定着してしまっているので、会社で使うことはおすすめできません。上司の前では主人や夫を使うように心がけてください。

「夫」という呼び方は相手を選ばずに使える

いつも人前で旦那と呼んでいると、あらたまった場所で主人と呼ぶのが照れくさかったり、呼びにくかったりすることがあります。

またへりくだったような言い方が、好ましくないと個人的に感じる方もいるでしょう。

そんな場合におすすめの呼び方が、先程もご紹介したように「夫」という呼び方です。

夫という呼び名は書類などで関係性を明確にする場合に使われるということもあり、誰にでも受け入れやすい、相手を選ばずに使用できる呼び方です。

もちろん会社で使用してもOK。男性配偶者を表す言葉なので、嫌な印象を相手に与える心配もありません。

この場所では旦那のことをなんて呼んだらいいのか?と困った時に、使用してください。間違いありませんよ。

同僚や親しくなった人には「旦那」という呼び方でもOK

会社で旦那はNGとお話しましたが、会社でも同僚や親しくなって気心がしれた仲間なら使っても構いません。友達と同じ感覚になれたのならOKということです。

逆に友達同士なのに主人や夫を使うと、堅苦しく感じられてしまうこともあります。

また旦那さんと、自分の旦那にさんを付ける方もたまにいらっしゃいます。新婚さんだとフレッシュな感じが微笑ましく感じますが、いつまでもさんを付けていると違和感を感じることも少なくありません。

よそのお家の夫にご主人や、旦那さんというような言い方をすることは問題ありませんが、自分の夫をこのように呼ぶことは、周りの印象を考えるとやめておいたほうが無難です。
もちろん、家での呼び方をそのまま使うのも周りの印象は良くないことの方が多いでしょう。〇〇君やあだ名などは、二人の共通の知り合いだと問題ありませんが、知らない人に使うのは遠慮をしてくださいね。

お話をしてきたように夫の呼び方については、場所や話す相手を考えて変える必要があります。つい口に出てしまうこともありますが、マナーを考えて呼び方には気をつけてください。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:687 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/otome-honne.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 687